お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

ホルモン と 男子

女性は、毎月ある一定の時期になると、心が不安定になる。



私がまさに、今そのときで
ささいなことでもキースカ、プンスカしだす
たまったもんじゃないのが、傍にいる家族だ


とくに、男性






うちは、私以外は皆男性

坊主あたまの男子、一と
イノシシのうり坊に似た、うさぎ男、一と
もっそイカつい顔をした張子人形の 「ゴウリちゃん」 と言う名の犬男が、一だ。


当然、あたられるのは彼らで




  「 これー! 脱いだもんは洗濯機に入れときなさーい! 」
  
  「 これー! ウサギちゃーん、そこらで暴れるのはやめなさーい!」
  
  「 これー! ゴウリちゃーん、怖い顔するのやめなさーい(←!)」





等々、いつもはスルーしている事柄でもきぃきぃ言わずにはいられない
でも、私のせいじゃないのよ
ホルモンのせいなのよ



男性方は、女性のように、ホルモン作用でここまで不機嫌にならないだろから不可解だろう。
だから
じっと、嵐がすぎるのをおとなしく待つ
身をひそめて、
女の気持ちを刺激せぬよに、数日ひたすら我慢して待つ

三人は、ひそひそと耐えている







だって、ホルモンが悪いんだもの
# by qqpm6m89 | 2008-03-07 22:46 | 小動物 | Comments(0)

シングルベット と 夫婦仲

おはずかしい話だが、うちのベットはシングルだ



せまい面積のお布団に、大人がふたり寝ているのだ
友人知人は、この話を聞いて腰をぬかす
会うたび、 「 まだ、あれで寝てるのーっ? 」と、確認されて、仰天される。

そうなのだ
いつまでたっても、そうなのだ






その昔、いっしょにアパートでくらしはじめた時
そこには和室がひとへやもなかった。
私は、畳にお布団が好きなので嘆いたが、しょうがないので、とりあえず
彼が実家でつかっていた、ベットマットを代用にもちこむ。

とてもしっかりした良いお品で、
寝具合も快適なのだが、如何せん 「 シングル 」
きゅうくつさは否めない





そして、当座しのぎのはずが
いつのまにか十年たった
なぜだ!


せまいアパートだとはいえ、昭和歌謡の 「四畳半一間」 な世界でもあるまいし、
部屋数も、もすこしくらいはあって
大きなベットだって、「かろうじて」入るだけの寝室スペースもなんとか。
そんな、お大尽な話じゃないじゃないの

なのになぜだ!





理由は、相手にある

彼曰く、

    
     「  仲よく暮す秘訣は、シングルの布団にある  」

 

って、信条を、ぜったい曲げないの

たしかに、
寒い日は、鳥の子のようにくっつき
夜中に相手の毛布をかけなおしあい、
ケンカをした日も、どうやったって触れる相手の手足があれば怒りも消えてしまう
目がさめると、真横に相手の寝顔があるいつもの朝



そういえば、
ここ十年、ケンカらしいケンカをしたおぼえがない
すぐに仲直りできるのは、このせまい寝間のせいなのだろうか





以前、

   「 ものすごく広いお屋敷に住むことになっても(←え!)シングルベットなの? 」

と、聞いたことがある。
彼は

   「 そうだ、王様になって、お城に住むことになっても(←え!)、シングルだ 」


と、迷わず答えた。










たぶん、我が家は一生、
ひとりぶんの布団に、ふたりが無理やり寝つづける家庭なのだとおもう
# by qqpm6m89 | 2008-03-06 10:05 | 思い出 | Comments(2)

カキワリ と 写真


写真にうつるのが苦手だ

そういうのは、自意識過剰な人が多い、と聞いたことがあるが
まさしくその通りだと思う



   ワタシ、写真うつり悪いからいやなのー



なんて言うけど
「 写り 」が悪いのではなく、たぶん実際のすがたそのままなのを直視したくないのだろう


それにくわえ、一番アレなのが
イイ顔を決めてから、シャッターを押されるまでを待つ時間が辛い
サッときめたら
パシャッと、瞬時に撮ってくださるならいいが
素人同士の記念撮影だと、押すまでがな~がい、ながい

特に、年配の母さん方になればなるほど
シャッターの位置をさがしだしたりして、途方もなく時間がかかる




ずっと、イイ顔でフリーズしてるもんだから
写った時には、不自然にはりついたよな表情になっていたり、
し疲れて、素のどんよりした顔にもどった瞬間、撮られたりする

まわりで見ててても
同じ顔とポーズで、長い時間を耐えている皆さんをお見かけすることもよくあって
ひとごとながら、不憫でたまらないよ







そういう理由で、写真はあんまりすきではないが
絶対撮ってほしい瞬間もある

私は、大人になった今でも、「 かきわり 」 がだいすきなのだ
カキワリとは、観光地なぞによくある、顔の部分だけくりぬいたパネル
アザラシのとか
宮本武蔵のとか

とにかく、見つけたら辛抱たまらなくなって走る
で、顔をつっこむ
ああいうのを喜ぶのは、子供が多いので
時には大勢のちびっこにまじって、順番をまつこともある

こどもってのは意外とずるく「 おとなだからいいだろう 」 と順番をぬかしたりもするので
そういう時は大いにおこる





かきわり写真のときはシャッターを待つのも平っちゃら
パァっと手を広げたよな、楽しげな胴体部分に
無表情のどんよりした顔がついているのも、意外とオツなもんだから

# by qqpm6m89 | 2008-03-05 09:31 | 思い出 | Comments(2)

雑穀ごはん と 女子

私は、とろろ飯が大の好物

毎日、三食だって平気なくらい大好き
手も口もかゆくなるけどだいすき



なので、そういう献立の日には、とうぜん麦ご飯を炊く
最近は玄米やら五穀米やら、雑穀ご飯が人気なので、食卓でも、食堂でもお馴染みだ
いろいろあるけど、
十穀とか、あんまり入りすぎているのより、玄米だけとか、黒米だけ混ぜる、とかのほうがよい
とくに黒米ごはんは、もっちりしてておいしい



が、男性は、この手のご飯がきらいなようで、かならず顔をしかめる
そういえば、実家の父親も


 
    「 こんな鳥のエサみたいなご飯、かなん 」



と、言っていた
ほかの男性に聞いても、おおよそ乗り気な声はきかない
たしかに私も、ちょっと硬めに炊いた白いご飯が大の好物だし
お茶漬けには白米しかぜったい駄目だし
はまちのお刺身をのっけて食べるのだって、白米がいい



それを知っているから、
ごく 「たま~」 にしか出さないのに

  

    「 ・・・・女のひとは、こんなんが好きだなぁ
      玄米や~、雑穀や~、言うて言うてしはる           
      
      お洒落やなんて思ってるんとちがうだろな
      アタシいけてる、とか思ってるんとちがうだろな 」




カッと目をひからせて
女子のどこか 「ブームに乗ろう気味」 の確信をついたよな発言をする

ざ、雑穀、雑穀!なんて言ってないってば
たまにだってば
お、おいしいから食べてるんだってば


 






男性が、このご飯をきらうのは
ひょっとして
お味以前に、女子の心根にひそむ、小賢しい 「何か」 を嗅ぎとるせいだろか?
# by qqpm6m89 | 2008-03-03 10:06 | 三度の食事 | Comments(4)

兎 と 狂気

昨日、テレビにカピバラが映っていた。
なんとたまらぬすてきさをもつ動物だろう



いつものように、画面にびっと指をさし

  
  「 あんた、胴太いな! 」



って、褒めておいた。





うさぎと一緒に暮らすまで、わたしは、こういう動物は、

じーっとしてて、
草を一日中たべてて
ずーっと寝てて
犬や猫のようには、なつかないだろな、と思っていた。

が、長いこと居ると
レベルは低いが、犬猫のように甘え、見送り出迎えもし、
ダメと言われた事には(なるべく)自分なりに自制しているようだ



特に、彼には人間の寝室への立ち入りを禁止している
が、そこらの子供と一緒で
だめと言われるほど、なおさら大人の寝室には入ってきたがるもの

昔は聞く耳もたず、飛び込んできて、尻たたかれて、つまみだされていたが
最近では、
とびらの外でじっと待つようになった。



これが怖い



布団をととのえたり、掃除をしていたりすると
背後に気配がする
振り向いてみると、微動だにせず、扉の向こうで、じっとこちらを見ている動物がいるのだ。
で、


   入ってきちゃだめよー


なんて制しながら、用事をして又ふりかえると
まだ、居る

変わらぬようだが、なんだかだんだん距離がちかづいてきている
ふりかえるたびに
少しずつ大きくなっている

ふりむくたびに、居る

微動だにせずに、居る





キョ、キョわいー!








この 「 リアルだるまさんがころんだ 」 に
わたしは毎日怯えている。
# by qqpm6m89 | 2008-03-02 10:11 | 小動物 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧