お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お八つ( 153 )

お芋さん



洒落たクリスマスイヴの前日、ふだんどおりのお買い物

両手に大袋で商店街をめぐり、

あ! 七味買うのわすれた!  と、急いで近くのコンビニに駆け込んだ

七味だけレジにもってゆけばいいものの、けっこう何やかんや忘れていて

ここでも結果、大袋が増える



もはや手がちぎれそうになるくらいの過酷さで店を後にする

したら、うしろからコンビニの店員さんが 「お客様ー! お客さまー!」 と追いかけてこられた

きっかり90度の角度でなんども、なんどもお辞儀をなされ、

「 お客様! 申し訳ございません

  焼き芋を入れ忘れてしまいました! お買い上げの焼き芋を! 」

つて、白い包みを差し出される


まあ!  いや、あのー・・・

こちらこそわざわざ・・・申し訳・・



ていうか、  ちょっ! そんなハキハキしたよく通る声で!

町中も賑わう時刻で、まわりにひとも大勢歩いてなさる

ああ、あの人焼き芋買ったんだ、とか思われるじゃない

いえ、けっして焼き芋がわるいんじゃないけれど

あら、あの人お芋買ったんだ、よか、

あら、あの人マカロン買ったのね、つて周知されたほうがよいじゃない

主婦=焼き芋   ってイメージぴったりすぎると思う



とかいう、自意識過剰な心配をめぐらすものの

よく考えれば、どう贔屓目にみてもお芋さんのほうが似合ってんわね、とジッと鏡をみた




d0152574_12483429.jpg



*画像お借りしました




by qqpm6m89 | 2018-12-24 12:58 | お八つ | Comments(0)

青りんご


みずから、「りんごの申し子」と異名をつけてもいいくらいにリンゴ好き

年がら年中シャリシャリかじっている

毎年、冬がはじまるころには好物のサンふじも出回り始め、喜々として大箱でもとめるが

毎日家族で食べるので、冬中何箱あってもおっつかないくらいだ

嗜好品をはるかに上回り、必需品、消耗品のたぐいだといえる



しかしこの冬は、まだこの赤リンゴを食べていない

なぜなら僅かな期間だけ出るグラニースミスという青りんごに血道をあげていたからだ

かなり強いけれど心地よい酸っぱさはじつにクセになる

夏の青りんご、プラムリーの酸味は超強烈で、

「酸味の申し子」でもある私でさえ、そのままかじるのには少々覚悟がいったけれど

グラニースミスはそれよりやさしい

しかし、如何せん販売期間が少ないので二箱しか買えなかった

となると、残りの数が日に日に心配になってくる

とうぜん夫も実の存在には気づくだろうし、手も伸ばしてくると考えられる

直に言うのは気が悪いので、心中、

「 ああ・・、 あんまり、そんなに、 食べはりませんように・・・」 と願っていた



女房の黒い願いが通じたのか、夫はいっこうに手を出さなかった

「 すっぱいし、かなん 」 だそうだ

ナイス! 好き嫌い!



おかげさまで心置きなく今年のグラニースミスを全完食

ちょっとさみしいわね

しかし、いよいよサンふじの出番でもある

まだまだ歓喜の季節はつづく     イエーイ!




d0152574_11212470.jpg

*画像お借りしました






by qqpm6m89 | 2018-12-17 11:25 | お八つ | Comments(0)

串刺し菓子



前回の、イチゴ無念が後をひき、

あー、苺いっぱいたべたいなあ  あー、苺にまみれたいなあ  と日々妄想していた

で、矢も楯もたまらんようになって

ホテルとかでやってる苺デザートフェアみたいなものを探し出す

ほんとうはちょっと前、夜の九時頃から始まるホテルを見つけて気になっていたのだが

お若い大学生さんやОLさんならいら知らず

妙齢の私クラスになると、代謝もはげしく、いちじるしく、落ちている

夜遅ぅに甘もんにまみれていたら、次の朝、間違いなく玉みたいに丸まっているはずだ

なので、おとなしく別のお三時へ



案の定、女性のお客様がほとんどだったので、同行の旦那さんは恥ずかしそう

でも最初に、じゃあやめておきますか?と 確認するも、

いえ、ぜったい行きます! て、きっぱり言い切っていた

彼の中ではもうとっくに腹は決まっていたのだ  照れより、甘いもん、と



当のフェアは、他のホテルに比べるとお品数は比較的少ないそうだが

どれも美しく仕上げられ、よくある見掛け倒しっぽくなく美味しい

時間ごとに各テーブルにサーブされるお皿の料理などもうやうやしくて悪くない

何より、人を沢山詰め込んでいないのでゆったりできるし、並ばなくてもよい

ゲストの数にくらべて、お世話してくださるサービスの数もしっかり配置されていたから、

どなたかを呼び止める必要もなく、その前に察してお席まで来てくださる



そして、ずうずうしく、「 もう入んない! 」 てくらいまで頂いて

お菓子も飲み物もお食事もぞんぶんに堪能した

タヌキみたいにふくれあがったお腹をさする私達に、

愛らしい配膳さんが、今日はお楽しみいただけましたか? と珈琲をおいてくださる


「 ハイ、すべてが美味しかったのはもちろんですが

  ポテトチップスまでおいしかったです

  あれ、肉厚で上等なやつですねえ  良いやつやねえ 」 


つて、おかどちがいな感想を述べる


お嬢さんはきっと「そこか!」と内心思いながらも、ウフフフフ、てずっと笑っていらした

いや、ああいう中の、ああいう塩っ気のレベルは大事である

甘もん → しょっぱいもん → 甘もん → ・・・・・・ て続くものね

旦那さんは、棒にささったキャンディみたいな菓子がひどく気になっていたようだが、手を出さない

なんでも気恥ずかしいらしい

しかも、「 飴みたいな 」 ではなく 「 串刺しになったやつ 」 と表していた

男の人が串刺し菓子に手を伸ばしたとて、どなたも気にしていませんよー




d0152574_12592171.jpg
        
      お菓子はしばらくもうじゅうぶん (あくまでこの瞬間は)




*画像お借りしました






by qqpm6m89 | 2018-04-14 13:10 | お八つ | Comments(0)

半額セール



デパートの地下をうろうろしていた日

どこかから 「 半額でーす! 半額でーす!」 という声が聞こえてきた

まだ閉店セールが行われるような時刻でもないのにめずらしいことね



とうぜんスルーすることはできず、タタッと駆けつけてゆくと

青果売り場でイチゴの呼び込みがなされていた

ハッピを着た店員さんが手に持っているのは、とても大粒で見事な苺たち

その一角には、色々な種類の大箱や中箱なぞにはいったものが様々に陳列されている

ああ、ツヤッツヤで宝石みたい~

これが半額なんて、チョーお得、ぜったい買わなくっちゃ



て、買う気満々で物色してみたら、

「 一箱  10000円  (の半額) 」

「 一箱   8000円 (の半額) 」

一番お安いのでも、3000円以上(の半額)


なんですってえー!

せ、せめて1000円くらいのは無いのだろうか

いくら半額っつても、つつましやかな主婦のお財布の手に負える額じゃあないわ

なんとか、80%OFFとかにしてくんないかしら



願いむなしく八割引きにはなりそうもなかったので、断念して帰る

無念!

ここ数年で、一二を争うくらいに無念だった



d0152574_14404050.jpg


*画像お借りしました



by qqpm6m89 | 2018-04-09 14:45 | お八つ | Comments(0)

王様ゲット


年明けあたり

新年菓子のガレットデロワを注文しておいた

しかし先日の受け取り日、外はありえないほど寒い

なぜこんな日に予約しておいたのか、とじぶんが心底嫌になる

家族に押し付けようと考えるも、彼の帰宅時間にはお店は閉まっている

し、しかたない

死ぬ気で受け取りにゆき

その様は顔色わるく、いやいや感が満載で、新年の祝菓子をもとめに来た客とは到底思えない

あー、やだやだー  アタシ来とうなかったのに~



d0152574_17055207.jpg

とは言うても、

家路について箱をあければ、あまりの洒落っ気に気持ちが高揚した

我が家はふたりぼっちなので、フェーヴが当たる確率も二分の一

こりゃイケそうね、とホールのパイを四等分して二人で祝う

あろうことか二人ともはずれだった

んもう、なんか盛り下がるわあ

オレンジの王冠かぶりたかったのにい

残りのパイはラップにかけ、冷蔵庫にしまっておく




翌日、家族の帰りを待ち切れず、お茶の時間にひとりよばれてみた

フェーヴ代わりのアーモンドがカリッと口に当たる




うぉーっ! 

あたし当たった! 

王様よーっ!   



つて絶叫するも所詮ひとり

だれに拍手されることも、うらやましがられることもない    

むなしさを感じつつ、やっぱり王冠はかぶっておく

のこりのパイをつっつきながら、ひっそり「 私、ことし王様だもん・・・」 つてね



こうして2018年、地味な王様が地味に誕生



d0152574_17070002.jpg

*画像お借りしました



by qqpm6m89 | 2018-01-14 17:19 | お八つ | Comments(2)

残り物メリクリ



毎年、我が家のクリスマスは地味っぷりが半端ない

しかし今年はさらに輪に輪をかけた



ちょっと前から体調を崩し、なんとか聖夜までには持ち返すぞ、と思うていたが

24日、25日が一番具合がわるかった

なのでしばらくお弁当もつくれなかったし、夕飯もろくに用意できていない

せっかくの当日もかんばしくなくて「 ごめんね、夜、どっかで食べてきて 」と頼んでおいた


結局、ミカンとトイレットペーパー(←)と、注文していたケーキを買って帰ってきてくれて

晩ごはんは、昨夜のおでんをほおばっている

ご飯も炊けてないから食べておいでよ、と促すも、家でいいー、という

クリスマスの献立が残り物のおでんて!

すまんのう・・・、と思いながら、ずっと寝間に





でも、ことしは上等ケーキをはやくに予約しておいたので、ケーキだけは豪華

すごくすごくきれいですてき

一切れだけよばれたが、美味しかったなー

それに友人知人からいただいた、お花やお菓子や贈り物もいっぱいあったし

鏡をふと見たら、わたしのほっぺたは幸福な田舎娘のように赤くなっていた





きっと熱のせいだけじゃあないと思うのよ



d0152574_21413959.jpg


*画像お借りしました





by qqpm6m89 | 2017-12-26 21:54 | お八つ | Comments(3)

おはぎ土産



そして、観劇と100%お伴になるのが、日本橋のおはぎ屋さんに寄ること


地元なら行列の絶えないお店でも、三人と並んでいらしたらもう素通りするくせに

やっぱりなかなか訪問する機会がないよその地だと、行列だって辛抱できる

これぞ 「 旅行者心理 」 というものであろう

というて、

遠い土地ならどんどん並べるか、といえばそうでもなく、思い出せるのはこのお店しかない

ほんと、ほっぺが落ちちゃうくらい美味しいのー




無事、舞台もおはぎも手中にし、電車に乗ってのかえりみち

席がおとなりになった年配の奥さんが、

「 きょうの文楽よかったわ~ 」 と、大阪女性らしい朗らかさで話しかけてこられた

ま! わたしも今観てきたところなんですよ、 なんて驚きつつおしゃべりする

これも楽しいご縁なので、

ああー、おはぎ二折買うとけばよかったなあ

そんならお裾分けもできたのにい・・・、と残念に思っていたら、



奥さんは、

「 ○○の場面すごかったねえ、

  あの人まだ若手やけどシュッとしてはったなあ 」 と感想をのべ

わたしは、ほんと、ほんと、とうなづきつつ、

じつは、蓑助人形ばっかみていたからそのシュッとしていたらしき演者さんもうろ覚え

したら奥さんがいきなり、

「 あのひと、ご主人?  あのひとのご家族? 」 とおっしゃる

な! なんで! まさかまさか、なんでどっから・・・?

「 いやあ、なんかそうかなあと思うて、 お似合いやなあ、と思うて 」 と



もー、突拍子もないことをー

しかしさすが大阪女性、発想が可愛くてダイナミックだわね!




d0152574_22293361.jpg


*画像お借りしました





by qqpm6m89 | 2017-11-29 22:38 | お八つ | Comments(3)

お紅茶スタイル


しばらくパソコンが手元になかったので

ここ数か月の思い出をトトトンと、リズムよくあげてゆきたいと思います (たぶん)



「 お茶でもよばれましょうか 」 

つて、ご婦人方と歓談中、ミルクを入れるタイミングの話題になった

カップに先に入れる派と、最後にそそぐ派がおいでである

どちらも間違いではないし、お好みなので好き好きになさるのがよろしいが

なんとのうヒートアップしてきて

双方とも利点をゆずらず、場がじわじわと気色ばんできた


ヒー!

ちょっとみなさん、優雅なお茶の時間よ!

おだやかにいきましょうよ、おだやかに

しかもそんなんどっちでもいいやん!



私はというと特に決め事はないけれど、

ミルクティーの場合、基本はミルクを入れてから紅茶をそそぐ

そのほうが香りが立つような気がするからである

でも一杯目は茶葉の色の美しさを堪能したいので紅茶が先になる

しかし詰まるところ、ただガブガブ飲むのみ



皆さんの議論をききながら、お菓子をむしゃむしゃたべていたら

「 大五郎さんはどちら? 」  と、流れ弾がとんできた

エー! あ、あたしー?

そうねえ、えとねえ・・・・

・・・・・・

どっちもするねっ!



て、しぼりだす

ご婦人方はどちらも腑に落ちない感じで

「 大五郎にきいたのがまちがいだった・・ 」 的な雰囲気が流れ始める

ごめん、ごめーん、

でもさ、嘘じゃないもんねー




d0152574_11250249.jpg


*画像お借りしました





by qqpm6m89 | 2017-10-17 11:38 | お八つ | Comments(3)

芋にいちゃん



最近では、

昔とちがってお芋の甘さがびっくりするほど進化している


わたしが子供のころなぞは、プロのお芋屋さんで買う焼き芋じゃないと

ねっとり、甘々、値打ちある! という当たりには出くわさなかったものだ

しかし今日びは、スーパーでも、コンビニとかでも

じつに甘いさつま芋を手に入れられる


女性のわたしとしては大歓迎であるも

いくら甘いというても、男性は昔と変わらず芋蛸南京のたぐいを進んでは好まぬようだ




ある日の夕飯後、

「 なんか甘いもんないのー? 」  と、声が上がる

「 蒸かしたお芋があるよー 」

「 ヤッ! 」

「 どうして? 」

「 田舎っぺ! 」  て、拒否ってくる   ( しかし二秒後たべていた )




いなかっぺ、ってなにさ

たしかに「 芋ねえちゃん 」って言葉もあるくらいだから 「 芋にいちゃん 」も居るだろう

でもさ、

サツマイモをほおばっていなくても、

ぜんぜん、都会派ボーイじゃなくってよ


d0152574_18050125.jpg
*画像お借りしました






by qqpm6m89 | 2017-07-22 18:03 | お八つ | Comments(0)

チェブココア


なになに~、このさむさ

連日、雪びゅうびゅうなんてひさしぶりかも



こう、籠城生活がつづくと、世情ともとおざかり浦島太郎になった気がする

買い物にもゆけない

行きたくてもゆけない

タスケテー!



というか、勝手にろう城してるだけで

窓の外をみれば、雪舞う道を、年配のご婦人方が買い物かごをもって元気に歩いてなさる

ただのナマケモノということだろう

ありもので食卓をととのえるのにも、もはや限界がきたわ ( しかし、今日も出たくない )



まあ、そういう現実的なことはさておき

極寒の季節には、温かくて、なおかつ甘い飲み物がほしくなるものだ

そういうわけで、最近はお砂糖をたっぷりきかせたココアばかり飲んでいる

取り出すのは、バンホーテンのチェブラーシカ缶

わたしは無類のじゃまくさがりなので、本当はお湯やミルクをそそぐだけのとか、

もっといえば、人様が淹れてくださる喫茶店でココアはよばれたいタイプ

しかしチェブ缶はふつうに練らなくてはならないから

も~、とか思うが

毎回、缶のかわゆさにまけて買っちゃうのでどうしようもない



ああ、「 手間暇をおしまぬ性分 」 だったらいいな、なんて望みつつ

性分なんてかんたんにかわるもんじゃあないのんよ、なんて生意気をつぶやき

も~、つて、ココアを練っている



d0152574_12123690.jpg

*画像お借りしました






by qqpm6m89 | 2017-01-24 12:20 | お八つ | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
ましこさんこんにちは ..
by qqpm6m89 at 14:20
大五郎ちゃんこんにちは ..
by ましこ at 10:54
yuniさんこんにちは ..
by qqpm6m89 at 17:50
かわゆい旦那様ですね。愛..
by yuni at 08:27
ましこさんこんにちは ..
by qqpm6m89 at 17:42
↑ 暑さではなく  加..
by ましこ at 09:27
大五郎ちゃん 暑中お見..
by 益子焼 at 09:24
黒糖コッペ! ヤマ..
by qqpm6m89 at 22:27
かにかま警察 そう..
by qqpm6m89 at 22:24
自転車撤去した人、この暑..
by かにかま警察 at 13:33
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧