お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:愛用品( 159 )

茶攻防


ここ数年、義父は中国茶に凝りにこっていて

食事にいったあとも、お店で食後のコーヒー、をスルーし

家にもどっておなかタプタプになるまでお茶をふるまってくださる

そして毎回おみやげに茶葉をいっぱいもたせてもらう



話変わって、

我が家では今、お番茶とかほうじ茶なぞの常用葉をきらしている

なぜなら女房がオリンピックにかじりついて買い物に行かないからだ

だから食卓には、女子用のルイボスティーかごぼう茶でお茶を濁していて

しかし男の人はこういう類の茶はまこと好まない

口にするたび、うえー!と顔をしかめ

「 ルイボ、いやーっ! 」  「 ゴボー、イヤーッ 」  つて泣いている


かわいそう




本来ならば、いただきものの中国茶がたんとある

たんとあるけど、話によると上等でお高いものらしい

だからできるかぎりガブガブ飲む用には出したくない

「 ルイボもゴボーも体にいいらしいんよ 」 と熱心に説いて、

ぎりぎりまで粘りたい、と私は考えている 



d0152574_12105590.jpg

*画像お借りしました



by qqpm6m89 | 2018-02-21 12:21 | 愛用品 | Comments(0)

ぬくズボン


立春も過ぎたというのに、なんなのだ、このするどき冷え込みは!

我が家には、我が家で一等あったかいフカフカズボンがある

一着だけある

厳格な所有者はおらず、ホームセンターかどっかで「家用」として購入したものだ

なので履きたい者が複数(二名)いるときには、しぜん早い者勝ちとなる

競争にまけた側は、勝った側のおこぼれを待つしかない

勝者がお風呂にはいるときや、寝間着にきがえる際に手放す瞬間をじっと待ち

脱いだ期を逃さず、じぶんのモノにする

ひとが脱いだ生ぬるいズボンをそのまま履く、というのは

一種の「 敗北感 」とか「 屈辱感 」 を感じなくもないはずだけど

もはやそんな葛藤はとうに無くなってしもうた

喜々として、お、 ラッキー! てなもんである

獲物の喰い残しをねらうハイエナ的といおうか、ヤドカリ的といおうか

ためらい、なんてものとは無縁である  



それもこれも、この情け知らずな寒さのせい

おー、さむう







by qqpm6m89 | 2018-02-07 21:53 | 愛用品 | Comments(0)

ためし書き



あたらしい文具というのは、なんとのう心がはやるもの

というても、私なぞはもう十年以上定番の紙ものがきまっていて、

新たに購入したとてべつに物珍しくもないのだが、やっぱりはやる

筆のかかりもとうぜん、いつもとべつだん変わりはない

だのに毎回ためし書きをしたりする


先日、文箱の整理をしていたら、まだ使っていない便箋が入っていた

ページをめくると、やっぱりためし書かれている

そして自分の文字ながらも、のけぞるほどびっくりした



わたしはなぜか 「 おしながき 」 を書いていた



「 冷奴      三〇〇-

  天ぷら    一五〇〇-

  魚の煮付け  二〇〇〇-

  ( 以下十品ほど羅列 )  」



ていうか、

このときの私は、いったいどーゆー精神状態だったのだろう!

どっかの和食屋さんで美しい文字のおしながきをみて、あこがれてたのかもな

しかし、

どう転んでも100%アレだわね








by qqpm6m89 | 2018-01-26 22:52 | 愛用品 | Comments(2)

ゆとりの条件



幸せの条件として 「 こころにゆとりをもって 」 とは、よく語られる

たいがい人間関係だったり、経済的、健康問題が主になるのだろう

この三つが良好であれば最強で、


わしは、ゆとりなんて持ちとうない!

いつもひりひりするよな崖っぷちでいたい! 

餓えた狼でありたい! ( なんか格好いいしー )


とか望んでも、叶わぬ夢である



そういう恵まれた状況は別として

人はそれぞれどこか欠けていたり、不足したりする時期もある

そんなときに 「 気持ちにゆとりを~ 」 なんて言われても響かないだろう

しかし考えてみると、ものすごい真理に気がついた


・ 灯油の買い置き

・ お米の買い置き

・ トイレットペーパーの買い置き


わたしのばあい、これさえ潤沢にあればゆとり感は半端ない

最悪なんとかなる感、というか、どんとこい感が尋常じゃない

面白めかした話じゃなくって、動じない心の八割強は実際ここで補えている

いがいと灯台下暗しねえ


しかし諸刃の刃で、どれか欠けてるときのうろたえっぷりも笑えないレベルだが






           三つそろえばとりあえず大富豪並み

d0152574_10380485.jpg

*画像お借りしました



by qqpm6m89 | 2017-02-21 11:10 | 愛用品 | Comments(2)

扇風機のある暮らし2



で、扇風機


ことあるごとに、そよそよ~、そよそよ~、となってきもちよい

弱風首振りのそよそよ~、だから

わすれていたころに思わぬ方向から、おもいがけずソヨるのがハッとするうれしみだ



一方、弱点もある

おさんどんの最中、サランラップを広げているときなぞ

ひろげた瞬間に「 ふあ 」っと来て、おかしなとこに重なって、どもならんことになる

やらかい 「 ふあっ 」 なのに、すごい確率で強力なじゃまをする

わたしはこれで何度おむすびの包み損ねをしたことか

朝のチョーいそがしいときに!



クーラーほど派手でなく

野に咲く花のように、ひかえめそうに見せて

ひとの急所をえぐるタイミングで、腹黒な性根を垣間見せるセンプウ子



あの子って、いがいとそーゆーとこあんのよ  ( ヒソヒソ )








by qqpm6m89 | 2016-07-02 15:04 | 愛用品 | Comments(2)

扇風機のある暮らし



わが家には、ずっと扇風機がなかった



エアコンはあまり使わないから

ただ、存在しているだけの「お守り」状態になっていて

アイスノンと、うちわで夏をのりきるのが常だった

わたしはずっと扇風機が欲しかったのだけど、家族があまり好きではない、という

あの、ふあふあ、ふあふあした風が苦手らしく

暑かろうと思うて、賢夫人よろしく団扇で風をおくってあげても一向に感謝されない

しかし、この夏は猛暑だそう

というか、毎年「 例年にない猛暑 」て天気予報でやっているけど

今年もそうだと言うので、いよいよ満を持して購入するべきであろう



わたしは悩んだ

勝間和代さんがよくテレビで、

「 毎日使うものは高価でもよい、毎日使わないものは安くても結果高い 」

と、費用対効果を重視すべき論、をよく語られるので

この季節物の扇風機は、お高いのんか、お安いのんか、どうすべきであろうか、と

で、結果、お安いのんにした



ネット通販のなんと三、四千円で購入

カカオ色のしかなかったから選択肢もないのだけど、ほかの木の家具と相まって

違和感なく部屋に溶け込んだ

わるくない

しかし、帰宅した旦那さんはそのお値段を聞いて

「 え! そんなん火ぃ吹くんじゃあないの!  怖い 怖い 」 とおびえていた




だいじょーぶよお

今日び、日本製で火ぃ吹く製品なんて売り出されないわよう

すくなくとも二十年くらいわー

ブロロロロ~

すずし~い

扇風機のある生活って、いいね!    ( でも、最近まあまあ涼しいのよね )







 
by qqpm6m89 | 2016-06-29 22:12 | 愛用品 | Comments(0)

常用ティー



ありていに言えば、

まあどんなものでも、上等なものは具合がよいことが多い

茶葉にしても、やっぱり飲み口や、あとくちに差がでるものだ

そこで自ら奮発すればいいのだが、

すべてにそんなんばっかりしていたら、家計が立ち行かなくなるのは必至

お財布と理想、妥協と折り合いも必要となる


しかし、世の中うまいことできているもので

どの女性にも、「 女ともだち 」 という、強力な後ろ盾がある

この後ろ盾たちは、

同性が、友人が、好むもの、欲するものを心得ているから

「 じぶんでは買わないだろうけど、きっとよろこぶだろうな 」 てポイントを外さない

なので、我が家のよいお茶はすべていただきものー 

茶葉のみならず、いいのはみんないただきものー   

ハレの日や、気分がとくべつな時間に、こういうのをじんみり味わうのは

いいときであれ、わるいときであれ、特効薬   気分上がるわあ

幸福以外のなにものでもなし!




一方、わたしがふだん、ふんだんに惜しみなくゴブゴブ飲んでいるのは

キャンベルズのパーフェクトティー

数年前、岡崎のnomaカフェにいったとき、積んであった黄色の大缶が気に入り購入した

すごくたっぷり入っているのに意外とお手頃で、

丸まった茶葉からしっかり濃く好みのお味がでるし、熱いミルクティーにぴったりだ

秋冬はとくに必需品、といってもいいだろう  もちろん春夏もね

以来、常用品の花形メンバーに堂々仲間入り

安定のお味である

ラインナップに入るには、価格、内容、たたずまい、手に入れやすさ等々、

出しゃばらぬ「常用たる」ゆかしい基準が、きびしく、きびしく待っている

閻魔のごとき厳しさよ!

d0152574_17441190.jpg


*画像お借りしました
by qqpm6m89 | 2016-05-25 18:10 | 愛用品 | Comments(0)

イニシャルもの


冬のあいだ、

旦那さんは 「 さむい、さむい 」 と言うて

外出時は、ニット帽をかぶっていた


しかしもう四月、

「 あたらしい帽子買うてきたー 」 と、みせてくれたのはキャップ帽

キャップ帽なんてえらいめずらしいね、なんてふりかえったら

もう、すちゃっと着帽していて、

しかも、ど真ん中にイニシャル入りだった



ギョッ  なんか、昭和の子みたいだな・・・   と、思うたが

ご当人はかなり満足げ

この分じゃ、セーターにもイニシャル入りとか着始めるんじゃあないかしら

怖いわ


映画、「 少年H 」 的な
d0152574_12143970.jpg



そのイニシャルは、苗字のほうだから

わたしも、うっかり借りちゃわないようにしないとね
by qqpm6m89 | 2016-04-12 12:17 | 愛用品 | Comments(0)

帳尻合わせ



お風呂の海綿が、いよいよどもならん感じになってきたので

そろそろ新調しなくちゃな、と算段する


二年くらいまえにも、おなじような日記をかいていたので

前回はあまり使わない期間もあったから、まあ、寿命は一年というかんじであろう

しかし、海綿というのは結構なお値段がするし

つつましやかな私のお財布では、なかなかな案件でもある

毎回、しみったれてぐじぐじ悩むが、

もうスポンジの体をなしていない有り様なので、しようがない



いつ腰をあげようか、とうだうだしていたら

仲良しのマダムからおさそいがあったので

じゃあ、買いものにもつきあってー、とお願いする

お昼ごはんのあと、京都BALのコンランショップにかけこんで

「 海綿、海綿ください!  おおきいやつ 」

と、馴染みのやさしい店員さんにうったえるも、 

「 はい・・・あの、カイメンとは・・・?」 と返されたので

「 なんか・・・、こう、ふかっとした、

  お風呂場の・・海の・・スポンジみたいな・・海藻的な・・ 」

つて、なんとか通じた


お値段は、6000円ちかく

気の小さいわたしは、 

「 むぅ ・・・ 大事につかって、二年は持たそう・・ 」 と決心する

そのあと、美味しそうで上等そうな乾燥パスタがセールになってるのをみつけ

リネン類をたくさん選んでいるお連れのマダムに、

「 これ、きっとおいしいだろうねー

  だって、1300円もするよ

  こんなんふだんはぜったい買わないお値段だけど

  半額だって!

  ためしてみよーかー?   そうしよー、そうしよー  」

つて、いっしょにお得買いする



私は、わたしのなかで、折り合いをつけたのだ

スポンジに高額なお支払いをしたけれど

上等な乾麺をお得に仕入れた、という、+-ゼロ ( にしたい ) 願望で



そのあと、三階のカフェラウンジのふかふかソファーでごろついて

お茶を飲むつもりが、やっぱりビールになっておしゃべりに興じた

ここんとこ、あまりの寒波でずっとひきこもりだったから

誘いだしてくれたマダムに感謝であーる



d0152574_223787.png


*画像お借りしました
by qqpm6m89 | 2016-01-26 22:18 | 愛用品 | Comments(0)

申赤



あさイチをみていたら

「 申年の赤い下着は縁起がいい 」 といっていて




そういえば、私は去年の冬から赤い腹巻きを愛用していたのだ!

と、家族に自慢した

申赤のゆえんは知らなかったので、単なる偶然なのだけど

すごい先見の明があるみたく、

鬼の首をとったみたく、

声高にさけぶ



ほんとうは、巣鴨とかで買った物の方が雰囲気があるのだろうが

わたしは、近所で買ったワコールの赤腹巻き

しかも、カンガルーのようにポッケがついていて

中にカイロも入れられちゃう

肝機能が弱ってるときは、肝臓をあっためたほうがいい、とも聞くので

ポッケを肝臓の位置までずりあげてつかったりもする

なにより、赤って気分があがるわね

赤ブラジャーやランジェリーは、なかなか敷居が高いけど、

毛糸のパンツ、とか腹巻きなら、臆せずスチャっと装着できるしね



ワオ すぐれもの~



d0152574_11401526.png

by qqpm6m89 | 2016-01-13 11:41 | 愛用品 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧