お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

チェブココア


なになに~、このさむさ

連日、雪びゅうびゅうなんてひさしぶりかも



こう、籠城生活がつづくと、世情ともとおざかり浦島太郎になった気がする

買い物にもゆけない

行きたくてもゆけない

タスケテー!



というか、勝手にろう城してるだけで

窓の外をみれば、雪舞う道を、年配のご婦人方が買い物かごをもって元気に歩いてなさる

ただのナマケモノということだろう

ありもので食卓をととのえるのにも、もはや限界がきたわ ( しかし、今日も出たくない )



まあ、そういう現実的なことはさておき

極寒の季節には、温かくて、なおかつ甘い飲み物がほしくなるものだ

そういうわけで、最近はお砂糖をたっぷりきかせたココアばかり飲んでいる

取り出すのは、バンホーテンのチェブラーシカ缶

わたしは無類のじゃまくさがりなので、本当はお湯やミルクをそそぐだけのとか、

もっといえば、人様が淹れてくださる喫茶店でココアはよばれたいタイプ

しかしチェブ缶はふつうに練らなくてはならないから

も~、とか思うが

毎回、缶のかわゆさにまけて買っちゃうのでどうしようもない



ああ、「 手間暇をおしまぬ性分 」 だったらいいな、なんて望みつつ

性分なんてかんたんにかわるもんじゃあないのんよ、なんて生意気をつぶやき

も~、つて、ココアを練っている



d0152574_12123690.jpg

*画像お借りしました






# by qqpm6m89 | 2017-01-24 12:20 | お八つ | Comments(2)

葡萄 × 饂飩



旦那さんが、お世話になっているお宅へ行くというので、

お年賀代わりになにか手土産持って行ってもらわなくちゃな、と考えていた

酒屋さんをのぞいたとき、折よく、ポールジローのジュース瓶がならんでいる

まあ! グッドタイミング

こちらの微発砲ジュースは、コニャックの老舗酒造家がだしている上等ジュースだ

ぶどうジュースであるが、こっくり、まったりとした濃密な舌触りで、

はいってないけど蜂蜜のようなあじわいも強く、

ジュースと言うより、かぎりなくお酒に近い葡萄ジュースである

ごくごく飲めるような喉ごしではなく、お酒のようにゆっくり味わう手合いである

時期のものだし、まだ一月だから

これにガレットデロワでも添えたらちょうどよさそうよね

お子さんや奥さんにも召し上がってただけるし

ということで、せっかくだから自宅の分も一緒に二本お願いした



我が家ではめったと飲めない上等ジュースなので

ほんとうは気取って、おフランス的な組み合わせでいただきたいものだけど

家族は、はよ飲ませてー! はよー! と、かしましい

しかし案の定、そんなおフランス的なあては無く、

なんでそうなったのか

冷蔵庫にあったうどん玉で揚げられた、「 フレンチフライうどん 」 がお伴に


最近、お祭りの出店なんかでやってるやつである

一度真似して、けっこうイケる、とかいうてたやつである

そりゃあ、おもたせ用のガレットデロワを家用にも買えばよかった、って話だけど

言うても、時すでに遅し

家庭でそんなパーフェクトに小洒落た感をのぞもうったって無理な話だわ



そして、一見アレだけど、ぜんぜん悪くなかった

むしろかなりイケていた

葡萄×うどん、

これぞ日本と仏蘭西の融合でしょう


d0152574_15005015.jpg


*画像お借りしました







# by qqpm6m89 | 2017-01-23 15:09 | 贈り贈られ | Comments(0)

肝を冷やした夜



年末、義父と会食をしたあと、旦那さんはけっこうな胃腸炎になって年を越した

当人は、「 あのご飯のせいだ!」 と悪態をついていたが

わたしも義父も、免疫力からいえばはるかに弱い私たちは何のこともない

こちらとしては、巷で耳にだけはしていたシャトーブリアンなるものもご馳走になり、

「 具合がわるくなったの、あのあとでほんとよかったよねー 」

なんて、鬼なことで安堵する女房であった

うちの旦那さんはご馳走をよばれた直後、かなりの割合でおなかをこわすの

甲斐無いわ!



そんなこんなで、彼は父親に

「 あんたもそない若あないんやから、ちゃんと検査してもろうときや 」 と進言され

義父のかかりつけ医に、軽い人間ドッグ的なことをおねがいする

会社の健康診断くらいしか受けたことない人だからちょっと緊張しているみたい

肝を冷やしているみたい




そのあとご飯をたべて、映画でも見に行こうか、となった

私は観たいのがあって、でもちょっと怖そうなやつで、旦那さんは怖いの苦手だから、

何みるのー? て質問にも、名前忘れたー、とかうねうねごまかして連れてゆく



そしたら、 ヒー! 無茶苦茶こわかった

ここ10年で一、二を争うくらいこわかった

怖くない場面がほぼ無いほどこわかった

買っていったポップコーンとコーラも、怖すぎてちっとも手が進まず

大食いの私たちが、終わったときにも八割がた残っていて

「 ポップがすすまない!」 っつー、流行語もうまれたくらいよ

一時間半程度の作品で、さいしょは短いな、なんて思うていたけど、すごく長く感じたわ

むしろあれ以上あったら、えらいことになってたわ!

夫は、館内を出た瞬間、「 肝をひやしたな・・・」 てぐったりしている

クリニックのあとだったから、彼はダブル肝冷やしだったわけだ


おつかれさまー  



d0152574_15400853.jpg
       
        『ドント・ブリーズ』(原題:Don't Breathe)


お爺、まじヤベー!





# by qqpm6m89 | 2017-01-19 16:00 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

ヤベー奴



新年初回の検査の日、

書類に目を通しながらロビーの椅子にこしかけていたら

視界の端にちらちらとなにかが映る


それは20代くらいの男性だった

チラチラしていたのは男性の視線である

ま!  ひょっとして、憂いをおびた風情の大五郎に恋でもしたんじゃない?


なんてことはとうぜん無く、

彼はなぜか、ムーンウォークを繰り返して私に見せているのだ

何回も、何回も

キュッと視線をはずさぬまま、真横で

マイケルばりかは定かでないが、とにかくムーンウォークを超リピート



ヤベー奴だわ!

ヤベーな、この子!



わたしの為すべきことは、スッとその場を静かに立ち去ることしかなかった

しかし、不気味さの直後に可笑しみのほうがおしよせてくる

ムーンウォークて!




おもいがけず気分は晴れやかになっていた

彼はいがいと、ヤベー姿をした天使だったのかも


d0152574_15041076.jpg

*画像お借りしました





# by qqpm6m89 | 2017-01-12 15:08 | 思い出 | Comments(2)

お年越し


いつの間に、って

すでに10日もすぎたことにおどろきをかくせませんが

あけましておめでとうございます、今年も宜しくお願い申し上げます




クリスマスのころ、Kにちゃんが胃腸炎にかかったといっていたが

Kにちゃんに性根が似ているうちの旦那さんも、大みそかに同じ経緯をたどった

似てるってすごいわ! 体調まで!




というわけで、大みそか恒例旦那さん側のお墓掃除も、彼ぬき一同ですませ

三が日は、どちらの里にも訪問を遠慮した

ふだん、お正月は互いの実家でよばれるので、お一日の朝しか用意しない

お屠蘇とお雑煮と、大福茶に花びら餅くらい

しかし、夫がそんな具合なので、よそ様のお膳をあてにできなくなってしもうた

胃腸炎なのできっと食べれないだろうとは思うが、いつ回復するやもしれん

きゅうに、おなかすいたー、おせちはー? とかいいそうだ

そんで、あわてて簡単なお煮しめくらい作ろうと、スーパーに走る

もう夜だったから、お店は大幅に値引き中だ  すごーい



もちろん、まいとし大晦日夜のセールは知っていたけど、なかなか縁は無い

そんな時間に材料を買ったって、それから準備とかできないし、

第一ほしいものがなくなっていたらこまる

大晦日の18時以降なんて、もう用事も済ませ、まったりテレビとか見てる時間帯だもんね

しかし、今年はそんな事情でかけこんだら、

野菜は、どの組み合わせでも三つで100円になっていた   なんと!

私はふだんちょっとお高くてためらう 「 インカのめざめ 」 を強欲に6袋も買った

おおきくて立派なタラの子も、牛ヒレの塊も半額以下になっていた

おおお・・・、年末の今時分ってこんなことになっとんたんか・・・

うひうひしながら帰宅し、

お煮しめを炊いたお汁で、そのあと鱈の子を炊いて、おしまい

あとは祝肴くらいでなんとか形になるだろう

けっきょく、完全に回復したのは三日の夜くらいであったが

仕事始めに間に合ってほんとよかったね

大晦日に勝ち取ったインカの目覚めと、冷凍しておいたお肉は三が日後に活躍した






なんやかんやで、けっこうまあまあラッキーな年初め








# by qqpm6m89 | 2017-01-11 00:04 | 思い出 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧