お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

海 と 海賊



海の男にあこがれていた

漁師になれたらすてきだろな、とも考えていたが

私は根っからの酔ぃーで、車に10分乗るだけでも酔う

大人になった今ではちょっとましになったのだけど

そういう理由で、漁師になるのは断念した

せつないとおもう



先日、テレビをみていたら

ヨットマンの、白石コウジロウさんが海の話をなさっていた

おどろいたのが、レース中にも、海賊がおそってくるらしい

というか、この現代にもまだ海賊てなもんが・・

それに海賊というと、

イメージ的に、「ちいさなバイキング・ビッケ」みたいな、デコラティヴな船体で

片目の荒くれた船員や大髭を生やし、

ツノみたいなのの付いたかぶり物を頭にのっけている頭領がいる感じ

そして、そのいかつい船がぴったり横付けされ、何十本ものロープから

うぉー、うぉーと飛び移ってきて、盗られちゃう、って感じ



が、白石さんの体験談では

海賊はどっかから、一人すい~と泳いできて

よっこらしょ、とヨットに這い上がり


「   金ヲダセヨ    」


とか言うて、ナイフで脅すらしい



悠長だなぁ~

地味だねぇ~

イメージとまったくちがうなあ

その海賊は、簡単に追い払われたそうだけど(←!)

もし成功してても、お金や金目の物をどうやって持って帰るのだろう

泳いできてるんだから、帰りもそりゃ泳ぎ

江戸時代の川渡りみたいに

頭のてっぺんに、お品をくくりつけて帰るのだろか

ぬれないように気をつけて

すい~、っとね



なんと、おもしろい

# by qqpm6m89 | 2008-02-23 11:35 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

モラン夫妻 と フランス



以前、雑誌を読んでいたら
パリの映画館の特集が掲載されていた。

欧州は、すてきな劇場や映画館がたくさんあるが、
記事にのっていた、パリの「ラ・パゴド」という映画館が、とても綺麗に写っている。
当時流行ったであろう、オリエンタルな建物で、


「  日本の間  」


と、名づけられたダンスホールがシアターになったそう
たいそう雰囲気がある。

なになに、と記事を読んでみると
ムッシュ・モランが、マダム・モランのために建てたと書いてあった。

d0152574_1159523.jpg



すてきねー
キミのために、この劇場をつくったよ

なーんて。




パリ、一度いってみたいな



とはいえ、
私はフランスをちょっと避けている部分がある。
ご近所のイタリアやスペインには、何度か訪問させてもらったが
フランスは一度も無い。

イメージ、
あくまでイメージなのだが
おフランスだと、言葉にとてもきびしい気がしたの
外人の私達が、旅行前に覚えられるフレーズなぞ、たかがしれている
曖昧な仏語で


おやみすー (おやすみ)



なんて、まちがえようもんなら
クウッと眉間に皺よせられて、「え?なんですって?」「えっ?」「オヤミスですって?」

なぞと、滑稽このうえない感じで皮肉されそな気がするし




そういう理由で
麗しのパリには、まだ行けていない。





# by qqpm6m89 | 2008-02-22 11:14 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

お弁当 と 若者 



家の人用に、毎朝愛妻弁当をこしらえる

でも、一人分だとおかずも中途半端にあまるのだ

例えば卵焼きなんかは、Lサイズを三個は使わないとカタチにならない

かといって、それを全部いれちゃうと


卵焼き 「だけ」 弁当


にも、なりかねない

ほかに作ったおかずもチョチョッと残ってしまう

なので、ついでに自分のお弁当もつめておくことがある

お弁当って、いいね

自分で用意したんだから、中身も全部わかってるんだけどやっぱり新鮮だ

さあ、お昼にしましょうか、ってな気分になる


普通、冷めたご飯はおいしくないが

お弁当にすると何故か別

きゅっと冷えて、お味もきゅっとしまった感がじつに良い

お弁当は温めなおしては、決していけない

決して、いけない




お弁当というと、若い友人がこんな事を言っていた。



「   私のともだちで
    
    学生時代、「逆カレー弁当」っていって
    
    ご飯とご飯のあいだに、カレーを挟んで持ってきてる子がいた
    
    ふたをあけてみると
    
    ただの一面、白メシだった。                 」


「   私のともだちで
    
    学生時代、ふたをあけたら
    
    おかずが、カマボコ二切れだけ、って子がいた
    
    ともだちの顔は、海よりも青になっていった         」





等々、度肝ぬかれるようなお話。

しかし彼女は私と、十以上歳がはなれている

そんな若い子世代に、そんな昭和初期の弁当をもたす母さんがいるだろか

が、いるのだろう

その母さんの、胆力に感動した






で、友人は 「 私の友達が~ 」 とは言ってたが

きっと、ご本人自身の体験談だと

ぜったい思う。





         

# by qqpm6m89 | 2008-02-21 09:23 | 三度の食事 | Comments(0)

毒ウサギ と ドブねずみ



胴のふとい毒ウサギがうちに来たのは

何年前かは忘れたけど

10月10日の、「目の日」



その日、

私と家の人は、せっかくのデートの帰りケンカをしてしまった

一緒に家に帰らず、私はプイと他所へ道草をくいに

近所のショッピングセンターをぶらついていたら、

小うさぎのカゴがでていた。

普段はうさぎ用ゲージに数匹おさまっているだけなんだけど

その日は、一つのかごに10匹くらいが入っていて、人だかりが出来ている

じっとのぞいて見たら

他の赤ちゃんうさぎは皆、藁のお布団の上でくうくう眠っているのに

一匹だけ、目をランランと怒らせてお八つを食べていた

もりもり、もりもり食べていた。



アパート暮しだし

動物のお世話なんて、と、思いつつ

気がついたら

「  このひと、ください  」

と、お願いしていた

動物店の奥さんは、ヒョイとその子を持ち上げて

お尻をチェックして

「  うん。
   この子はお尻もきれいやし
   ご飯もモリモリ食べてるし、丈夫な子やね   」

と、太鼓判を押してくだすった

その通り、とても丈夫で

耳が沸いたときと、

尻におできができたとき以外は、病院のお世話になっていない


もっと小さい頃は、

手の平に乗るくらいのチビ太だったから、よくネズミにも間違えられた

宅配さんがきてくださると

私の後ろを追って、廊下をタタタと走ってくる毒ウサギを見、

「  キャー、  ねずみー   」

って、おどろかれたものだ

たしかにドブねずみみたいに胴も太いし、茶鼠色だしな

まちがわれたとてしようがない
# by qqpm6m89 | 2008-02-20 09:38 | 小動物 | Comments(0)

おきあがり小法師 と 赤んぼ



親しい友人の出産祝いには、

銀のお匙か、銀のがらがらを贈ることにしている

去年、同い年の友人が、初めての子を出産したとき、

銀のがらがらと一緒に、どうしても贈りたいものがあった

むかしからある、おきあがり小法師だ




今どきのは、小ぶりで、くまちゃんとか動物のなぞが多く

おくるみを着た定番のであっても、お顔がちょとちがう

さがしに、さがして

古いおもちゃ屋さんのデットストックを、ようよう見つけた

赤いおくるみじゃなくて、クリーム色のおくるみを着ている赤ちゃん小法師

しかも、かなり大きい





店のご主人は、かなりの年配さんで


「  すんません、
      
   こんな古いやつやさかい、箱もありませんのんや
       
   このままでもええですか?                」



って、白のビニール袋に入れてくだすった

出産祝いなんだけど、白いビニール袋

おかずとかがはいっているよなビニール袋

私、その日はカゴ付きの自転車で走ってたもんだから、前のカゴにお品を入れて帰った

袋の丈はみじかくて、

小法師の顔はむき出している

しかも左右に動くから、大きな音でガララン、ゴロロンと鳴る

ガムランのよに、堂々たる音色を響かせ、

大きな人形の顔をカゴに乗っけてはしる自転車は、無駄にすばらしく目立っていた






苦労して贈った、おきあがりこぼし

赤んぼには、

そう喜ばれていなかったらしい







# by qqpm6m89 | 2008-02-19 13:54 | 贈り贈られ | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧