お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

まあまあ居る



わが家は目覚まし代わりにテレビをタイマーにしていて、起きる時間になるとニュースがながれる

今朝は東京五輪のマスコット候補の話題だった

小学生には「ア」「イ」「ウ」案の「ウ」が人気らしい



寝惚けた頭で、「 みっつのうちのどれがいいー?」 と隣の枕に尋ねてみると


「 んー・・・ぼくはー・・・・ウはあかんと思うー

  なんでか言うたらポンタ君に似たはるからっ  」  


つて、覚めきらぬ半目のくせにキッパリ言っていた

すごく威勢よく主張していたので、

「 今、ボクすんごい鋭いこと言うた!」 的な自信に満ちあふれているみたい



しかし、すでにその指摘は

日本中にけっこうな割合で蔓延している    不憫!




d0152574_17063731.jpg


*画像お借りしました


# by qqpm6m89 | 2017-12-08 17:27 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

好きな言葉とか



知人のお店で、おおぜいの会食のようなものがあった

半分くらいは顔見知りの方と、半分くらいは初めての方

とはいえ、膳をかこめばすぐなんの緊張もなくなるのが主婦というもの


リラックスしすぎちゃって、まわりの女の子たちに

「 ワインのグラスをくるくる回しっぱなしのひとって、かなんなあー 

  ほんま、ややなあー 」 とか言うて

「 キャー、大五郎さんてばおっかしい~、キャキャ 」 つて盛り上がって、

その直後、斜め前にくるくるしている男性を発見し、いたたまれなくなる (バカ)



さらに宴もすすむと、向こうの方の席で

好きな言葉って何? 的なファンシーすぎる話題がひろまりつつあった

なんか順番に発表させられていってる気がする・・・

ちょっと!  やだやだ気恥ずかしい

番が近づいてきてるみたいだけど、そんなんアタシ言いとうない

というか、無いし

ああっ、まわってきたー

しかし、大人げなく「 無いもん 」なぞとは言えない

脳をフルにはたらかせ 「 ・・ええと、軽やか、とか涼やか、とかかな・・?」と、しぼりだす

フ~ッ




で、後日テレビをみていたら

知的な女装家のダイアナ・エクストラバガンザさんが

キャッチフレーズは 「 華やかに、軽やかに 」 だと紹介されていた



なんか似とる!  



宴会で「 好きな言葉は?」とか「 好きな歴史上人物は?」 とかはぜったい聞いちゃダメー



           ↓ダイアナ嬢
d0152574_22592995.jpg

*画像お借りしました






# by qqpm6m89 | 2017-12-06 10:37 | 思い出 | Comments(0)

親方



このところの大相撲は、若い力士も中堅もベテランも懸命にがんばっていて、

いたるところで気迫あふれる取り組みやスターがふえてきたから

こんなことになるなんて思いもしなかった



貴乃花親方、

連日連日、不愛想でとりつくしまもないよな表情ばかりがフォーカスされているのに

この人からは邪気が感じられない

画面を通して見知っているだけだが、

親方は入門されたころからこういう雰囲気をすでにもっておいでだったように思う

とくにお若いころの婚約からまもなくの解消で

理由を聞かれ 「 愛情がなくなったから 」 と真っすぐに答えられた



あの発言は当時、とくに女性からは猛反発を受けていたらしい

まだ若娘だったわたしだが、ふしぎと不快感はもたなかった

少しでも自分をよく見せたい年頃の二十歳の青年が言える言葉ではないでしょう

愛情の無い人が言える言葉ではないでしょう

お二人の別れにどんな理由があったのか他人が知る由もないが、

互いへの想いだけでなく、仕事のこと、家族のこと、どちらも大スターなだけに

簡単にいかない問題もたくさんあったのかもしれない

ほんの少しまえの幸せそうなお顔から一変し、みじかい理由しか語られなかった会見には、

「 ああ・・彼は相撲の道を選ばれたのだな 」 という印象をもった

悩んで悩んで、すごく愛している女性よりも、すごく愛している相撲をとったのだろう、と

愛情がなくなった、という言葉でいろんな人や事を守りなさったような気さえした



相撲への覚悟の持ち方が、そこらの軽い覚悟とは一線を画しているな、というのが今現在でもの印象

邪気とはほどとおい、はるかに硬くて頑丈な澄んだ石のようなものをかんじる

もちろんあくまで私にはそう見える、というだけの話だけれど。

彼の愛弟子は今、心も体もへとへとになってしまっているだろう

どうかふたたび、土俵で元気に活躍されることを心から願いたい




そして、ウケ狙いかユーモアのつもりか、親方のファッション無いでしょ発言をよく目にするが

やめておかれた方がよいと思う

恋愛と同じく、ファッションは個人の自由な好みであり、他人が批難するのはとんだ野暮である

そして指摘している人のファッションがどうかといえば、

けっこうな確率でアレだったりする(←チョー野暮)




d0152574_16003179.jpg

*画像お借りしました




# by qqpm6m89 | 2017-12-05 16:12 | スポーツ | Comments(0)

そば喰い



検査のまえには、朝からごはんぬきでいどむので

終了するのが夕方あたりになると、お腹もぐうぐうのペッコペコ

きもちは、「 骨皮すじ衛門 」 である



ようよう食事にありつけるとおもうと、俄然こころも調子づく

ささっと蕎麦屋にとびこんで、「 せいろ大盛で! 」 と豪気に注文

ほどなく膳がはこばれ、ハッとした

そうだった・・・せいろの大盛て二枚だった・・・


d0152574_15261108.jpg


いや、なんの 二枚てなくらいこちらも望むところ

内田百閒先生の教えよろしく、「 昼はそばを二枚 」 は基本中の基本である

ふつうならちっとも怯むべきことではないのだが

店内には折わるく、なぜか年若い学生さんたちで賑わっていた

今って修学旅行の時期だったっけ

そば二枚を前にしている主婦への視線を、なんか四方八方から感じるわあー

気のせいかしら、

なんか気がするわあー



d0152574_15250709.jpg
 


*画像お借りしました



# by qqpm6m89 | 2017-11-30 15:29 | 三度の食事 | Comments(2)

おはぎ土産



そして、観劇と100%お伴になるのが、日本橋のおはぎ屋さんに寄ること


地元なら行列の絶えないお店でも、三人と並んでいらしたらもう素通りするくせに

やっぱりなかなか訪問する機会がないよその地だと、行列だって辛抱できる

これぞ 「 旅行者心理 」 というものであろう

というて、

遠い土地ならどんどん並べるか、といえばそうでもなく、思い出せるのはこのお店しかない

ほんと、ほっぺが落ちちゃうくらい美味しいのー




無事、舞台もおはぎも手中にし、電車に乗ってのかえりみち

席がおとなりになった年配の奥さんが、

「 きょうの文楽よかったわ~ 」 と、大阪女性らしい朗らかさで話しかけてこられた

ま! わたしも今観てきたところなんですよ、 なんて驚きつつおしゃべりする

これも楽しいご縁なので、

ああー、おはぎ二折買うとけばよかったなあ

そんならお裾分けもできたのにい・・・、と残念に思っていたら、



奥さんは、

「 ○○の場面すごかったねえ、

  あの人まだ若手やけどシュッとしてはったなあ 」 と感想をのべ

わたしは、ほんと、ほんと、とうなづきつつ、

じつは、蓑助人形ばっかみていたからそのシュッとしていたらしき演者さんもうろ覚え

したら奥さんがいきなり、

「 あのひと、ご主人?  あのひとのご家族? 」 とおっしゃる

な! なんで! まさかまさか、なんでどっから・・・?

「 いやあ、なんかそうかなあと思うて、 お似合いやなあ、と思うて 」 と



もー、突拍子もないことをー

しかしさすが大阪女性、発想が可愛くてダイナミックだわね!




d0152574_22293361.jpg


*画像お借りしました





# by qqpm6m89 | 2017-11-29 22:38 | お八つ | Comments(3)


カテゴリ
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧