お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2016年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちび金目鯛



魚屋さんに金目鯛がならんでいた

金目の赤ってほんと鮮やかで、とびきりおシャンティ

けっこう小ぶりではあったが、新鮮でお値打ちだったから四尾つつんでもらう



夕飯どき、ごんぼと一緒に煮付けにしたが

いざ、食べはじめると、

「 なんだい! でかあたまとギョロ目ばっかりやんかいな!」 と、落胆する

圧倒的に、身の部分が食べたりぬ

ぎょろ目め! 



と、悪態をつくも、のこりの煮汁はうまみたっぷり

次の日、もったいないから金目汁でイカを炊くのに再利用した

おいしーい

旬の山椒も大活躍


けっきょくは、ギョロ目もイカも大満足









by qqpm6m89 | 2016-05-26 15:06 | 三度の食事 | Comments(2)

常用ティー



ありていに言えば、

まあどんなものでも、上等なものは具合がよいことが多い

茶葉にしても、やっぱり飲み口や、あとくちに差がでるものだ

そこで自ら奮発すればいいのだが、

すべてにそんなんばっかりしていたら、家計が立ち行かなくなるのは必至

お財布と理想、妥協と折り合いも必要となる


しかし、世の中うまいことできているもので

どの女性にも、「 女ともだち 」 という、強力な後ろ盾がある

この後ろ盾たちは、

同性が、友人が、好むもの、欲するものを心得ているから

「 じぶんでは買わないだろうけど、きっとよろこぶだろうな 」 てポイントを外さない

なので、我が家のよいお茶はすべていただきものー 

茶葉のみならず、いいのはみんないただきものー   

ハレの日や、気分がとくべつな時間に、こういうのをじんみり味わうのは

いいときであれ、わるいときであれ、特効薬   気分上がるわあ

幸福以外のなにものでもなし!




一方、わたしがふだん、ふんだんに惜しみなくゴブゴブ飲んでいるのは

キャンベルズのパーフェクトティー

数年前、岡崎のnomaカフェにいったとき、積んであった黄色の大缶が気に入り購入した

すごくたっぷり入っているのに意外とお手頃で、

丸まった茶葉からしっかり濃く好みのお味がでるし、熱いミルクティーにぴったりだ

秋冬はとくに必需品、といってもいいだろう  もちろん春夏もね

以来、常用品の花形メンバーに堂々仲間入り

安定のお味である

ラインナップに入るには、価格、内容、たたずまい、手に入れやすさ等々、

出しゃばらぬ「常用たる」ゆかしい基準が、きびしく、きびしく待っている

閻魔のごとき厳しさよ!

d0152574_17441190.jpg


*画像お借りしました
by qqpm6m89 | 2016-05-25 18:10 | 愛用品 | Comments(0)

チョップりたい



最近、テレビなぞをみていると

東京では「 チョップドサラダ 」専門店、なるものを目にする

洒落てるわね!


ざんぐり言うと、ただ、細かく切ったサラダ、ていうだけだけど

洒落てるわね!



なぜ、そうも洒落てる感があるのかといえば

店員さんが使ってる鉈みたいなナイフが原因であろう

あの舟みたいに左右を揺らす感じ、じつにそそられる

わたしも、欲しーて、欲しーて、しらべてみたら

正式名は、「 ミンチングナイフ 」 というらしい

外国では、お肉とか、小さいものなら薬味とか用につかうのかしら

そしたら、夏に欠かせない山形のだし作りにも便利そう

けっして流行りもんのサラダだけのためじゃあないもんね  そうだもんね

これは買うしかないワ! と決意したものの



どう収納したらいいのだろう

まったく思いつかない

ここをクリアしないかぎり、勢いで買うたら100%後悔してる光景が目にうかぶ



けど、ほしいっ

リズミカルにチョップりたい!

d0152574_1815841.jpg

*画像お借りしました
by qqpm6m89 | 2016-05-20 13:13 | 三度の食事 | Comments(6)

クライマックス



この時期は、食材の下ごしらえ期である

梅仕事やら筍やらなんやら、旬の保存食をととのえるのにいそがしい


先日は、山椒と蕗にとりかかった

山椒はまだいい

しかし、蕗はなかなか手ごわい

あのすじ取りがわたしには難儀である

できたお方は、「 丁寧に暮らす、あのゆったりした時間が大切で、だいすきなの 」

なーんて、ベニシアさんみたいに向き合えるのだろうが

こちらは、日に日に辛抱がいかなくなって 「 キー! めんどう! 」となる 


鬼みたいな顔して下ごしらえして、

やっと調理にかかっても、

そない美味しくできあがらないことも、ままあって

手間かかったわりに、なんじゃこりゃ、と肩を落として

それでも学習せず、毎年おなじ工程をくりかえす

なぜかといえば、

クライマックスがしょっぱなにくるせいだろう

常備菜づくりの最高潮は、八百屋に並んだ食材を手に入れた瞬間である

もうこんな季節なのねー、なんて目を輝かせた瞬間ですでに絶頂をむかえ終わる

あとのテンションは、いわずもがな



食材を買ってしまったら、あとはほおっておけないので

あの、一瞬の沸き立ち感のために

わたしは時に後悔する










by qqpm6m89 | 2016-05-18 15:30 | 三度の食事 | Comments(0)

座席修行



ことしの黄金週間も、ちまたでは10連休とか豪気なご様子

我が家は毎度のことながら地味きわまりないので

海外旅行なぞにも縁はなく、ふつうに過ごす

どのくらいふつうかといえば、

これ、といったイベントはゾンビ映画をみにいったくらいだった

そんなん特別どころか日常中の日常であるけどな



で、連休さなか、映画のチケット売り場に行ったら

大ホールでの上映だったにもかかわらず、空席が3つくらいしかない

こんな経験はじめてだ

ゾンビ映画なのに!

しかも、案の定そのわずかな席もかなり前のほう

わたしはいつも、最後列の通路のちょうど前に座席が無い場所が贔屓なのに!



とか、生意気を言うても無いものはしょうがない

しかたなく前から4列目くらいの真ん中あたりで、2カップルに挟まれる

上映されるまでの広告とかの時間、

かわいらしいラブラブヤングが、きゃいのきゃいのとおしゃべり中のはざまで

ひとり考え事をしていた



よく、世間話で


「 ガラガラなのに最前列をわざわざ陣取る人とか

  ガラガラなのに、真ん中の席だけ人がキューっと密集しているとか

  なんでその席をえらぶのか不思議だねー              」


てな、あるある話が交わされる

わたしもその辺りはできるかぎり避けたい場所なのだが

たしかに好む方は存在される   しかも少なからず

ご当人には、首が痛かろうが、見づらかろうが

よそさんと前後左右ぎっちり埋められていようが、きっと好む理由があるのだろう

なので、上映までの待ち時間、

「 最前列にすわる人の心理 」 について一考 ( ← バカ )




いちばん考えられるのは、

まず、「 前に人が居ないことの安心感と気楽さ 」

あるいは、「 なんでも先頭がきぶん良い性分 」   等々

しかしわたしが一番、いや、あんがいこれかも・・・と思いついたのは



「 修行 」



ひとは誰しも、はたからみたら、何で? というところで

己に修行を課しているふしがある

つまびらかにはしないけど、ほんと何でそこ? というぐらいの細かいやつ

そんな修行したからどうなるものでもないのだが

自分だけがわかる縛りなのだろう

とくに映画館最前列というのは、かなりの苦行

首も目も肩も痛むし、スクリーンはぼやけるし、座席選択を失笑されることさえある

考えすぎか?



否!

やはり、十中八九、修行にちがいない







 
by qqpm6m89 | 2016-05-10 19:49 | テレビや映画やニュース | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧