お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

<   2016年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

河豚 と マダム



いつものことだけど、

検査通院のあとは私のような者でも、なんとのうおセンチになってしまう

なので毎回、帰り道には気分をあげるため

おいしいものをたべたり、ささやかな楽しみを見つけに行ったりするのだ



今回は、美しいものにふれましょう、と

贔屓のケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが出演している映画

「 キャロル 」 を選んでみた

あらすじや脚本に強く引き込まれる、といった類の作品ではなかったが

まあ、おふたりの魅惑的なことよ

「エリザベス」で、はじめてみたケイトにも後ろから脳天をはたかれた気がしたが

今回の圧倒的なマダム感には、髪をむんずと掴まれて吊り上げられたような衝撃

迫力とエレガンスを備えた裕福なマダムそのものだ

とりわけ、彼女の声と話し方の優雅さにはあらがえない力がある



d0152574_20492175.jpg


d0152574_20485091.jpg



ルーニー・マーラは、

あのエキセントリックな 「 ドラゴンタトゥーの女 」 の彼女と

おなじ人物とはおもえないくらい素朴な少女で




d0152574_20432987.png


いや、あのパンキッシュな風貌のルーニーの役柄こそがもっとも無垢だったのかも

はからずも両方の作品で、彼女は圧倒的に魅力的な男性と女性に魅了され、翻弄され、

心を痛めてしまうところも重なった

とにかく、ふたりの女優のうつくしさをみるための映画である




あー、すてきだったわね~

余韻をたのしみながら、千本中立売の 「 神馬 」 さんの暖簾をくぐり

てっさと、鰤大根をあてに、熱めのお銚子を一本つけてもらう

かえるころには、

おセンチな気分はすっかり晴れていた


女性にとって、ごちそうと麗人は、なによりの回復剤である

d0152574_2110594.png




by qqpm6m89 | 2016-02-19 21:16 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

NEWポインセチア



おととしのクリスマスに買ってもらった大きなポインセチアが

今、進化、というか、変化というか、別ものになってきている



最初の年、冬をすぎると赤い葉が落ち、

新緑の季節をむかえるころには、若々しい青葉がわっさりと生えてきた

ちょっとした森みたいにもさもさとなって、

「 我、かんじるまま、思うがまま、無作為に生きる 」 というよな様相



とても元気に育っているので、

冬になったらまた色づくのかしら、と思うていたけど

去年12月も緑のままだった

そうか、赤いドレスアップは一回きりなのね

そうそうサービスはしとうない、ってことなのね

あんたって、わるい女

けど来年あたり、うっかり(Pが)わすれて発色してくんないかしら



そして今、Pは、

なんでか二本の枝だけの背丈をはげしく伸ばし、

にょきっと、ほかの枝たちのかるく二倍になっている

フォルムはかなりいびつな感じで、あのポインセチアだったとは到底思えない

そのくらい華麗とはいえぬ面白げな姿になっているのだが

この鉢はおととし治療中のクリスマス前、

自宅ですごせるわずかな数日のためだけに家族が用意してくれたものだから

どんなにみっとものうなっても、ぎすぎすになっても、

性根が小生意気な女子であろうとも

居間の上位置に置いておくつもりである



あきらかに姿のかわった風貌も、これまたこれで乙なもの









by qqpm6m89 | 2016-02-17 14:39 | 贈り贈られ | Comments(0)

報われる



先月の大阪国際女子マラソンで

福士加代子選手が海外の強豪をおさえ、みごとな優勝をはたされた

男女ふくめ、このところ世界で勝てないマラソン界ではひさしぶりの朗報だ



わたしがこちらで書き始めた八年前、

ちょうどこの大会で中距離のスターである彼女がはじめてマラソンに挑戦し、

結果、あまりに壮絶な光景すぎて、心ゆさぶられ、日記に記したおぼえがある

あのときぶつかった壁に

彼女はいろんなものを重ねに重ねて、乗り越えられたのだろう

努力、のひとことでは言い表せられぬ何かをだ

人前では豪快な笑顔しかみせない選手だから

強くなった走りの裏に、それまでの隠れた涙と苦悩がよけいに透けてみえた


d0152574_22251585.png



あのキャラクターゆえ、前回何度も転倒しながら笑み浮かべていたことを、

不真面目だ、と批判する声もあったらしい

そうだろうか

どこからどう見ても、不真面目にも、不遜にも、

虚勢をはっているようにも映らなかった

そういう笑顔ではなかった

彼女の走りは真摯で誠実で一本気で、

あの「 やかましさ 」すら愛せちゃう、わたしの尊敬する第一級選手である



福士加代子選手、ほんとうにおめでとうございます

うれしいね!
d0152574_22242372.png

by qqpm6m89 | 2016-02-13 22:40 | スポーツ | Comments(0)

リアル・ゲス乙女


本日、

贔屓にしている番組、 「 五時に夢中 」 の京都観覧生放送の日であった

この案内がながれてすぐさま、観覧応募にむしゃぶりついたのだが

みとめたくはないが落選してしまったみたい



わたしはひどく自信をもっていた

ここんとこの、いろんな当選率をかんがえても、

当たらないはずがない、と、毎日、毎日、ポストをのぞいた

今日の夕方まで、未練がましくのぞいた

当選しないなんて信じられない

そういえば一週間ほどまえから、パソコンのメール部分が見れなくなっていて

不具合がおこっているようで、

でも、そのまんまなのだけど

きっとそのせいだ


はやくにメールで当選案内が来ていたはずだ

だめパソコンのせいで見そこねて、行きそこねたのだ 

( しかしHPには当選はがきが届く、としっかり明記 )




そんなこんなで生放送をテレビ画面で見ながら、ハンカチを噛んだ

スポーツ新聞持参が目印の

「 京都のみんなあつまれ!」(←!)にも参加できなかった

だって、本番に当選する気満々だったもん

昨晩、まだ希望を持っている女房にあきれた夫が

「 そんなに楽しみにしてたの!? あんなにゲスい番組なのに? 」とか言う


ふん、

そうよ、すっごいたのしみにしていたのよ

なんとでも御云いなさい

わたしこそ、リアル・ゲス乙女なのであーる








by qqpm6m89 | 2016-02-11 18:30 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

スゴお巻き



時はすぎたが、

わたしは節分の恵方巻きには、どっちかというと反対派というか、無視派である

理由は子供のころそんなん食べる風習がなかったから


お節分には、豆巻きと柊と鰯だけでじゅうぶん派である



とはいえ、

大人になってくると、ダメ奥さんの事情で

巻き寿司を買っておいたら晩ごはんが樂なので、ついつい食卓にものぼらせちゃう

怠惰が信条を 「 まあまあ 」 と、なしくずしにしてしまうのだ



最近、ちかくにお寿司やさんができていて

様子見をかねて、節分の予約をおねがいしにいった

巻きずしがおいしいなら、ほかのもはずれはないであろう



で、結果、腰をぬかすほどはずれてしもうた


というか、今日び不味いお巻きに出会うことのほうがむずかしいと思うのよ

ほんと、まず、出会わない

だのに、ちょっと感心するほど、「恵方巻き」 らしからぬ感じでおどろいた

あの、・・・えと、・・・これはこれですごいわね~   ケラケラー




こんなことなら、巻き寿司名人の里の母親から 

「 お寿司もっていってあげるよ 」 と申し出があったのを辞退せず

保険をかけ、二種類のお味を食卓にならべたほうが正解だった

しかし、柊鰯のおそろしさにも引けをとらないインパクトだったので

鬼も逃げ出す二重の厄除けになった気がしないでもないな、と、落ちついた








by qqpm6m89 | 2016-02-08 22:58 | 三度の食事 | Comments(2)

なつきヘアカラー




ひさしぶりに、

いっちょ、髪色でもととのえましょうか、と

トリートメントタイプのヘアカラーをひっぱりだした



ふつうの髪染めではないので、そんなにお色はつかないが

施術中には手袋をしないと、爪なぞはやっぱり染まってしまう

かなり注意深くぬりだしたのだけど

とちゅう、櫛先についた液がビッとはねて、べたっとおでこについて

いやーっと思うて、うつむき加減でぬぐおうとした瞬間、

その櫛が、なんでかうなじにぼたっと落ちて、そこでしっかりとどまって

首筋にのりたがるあつかましいドラ猫っぽい

黒茶色い物体のまといようが重くて、尋常じゃない


さいごにヘアキャップをかぶった際にも、

ナイロンがずれて、眉の下あたりにまでがっちりついた

なんたる、懐かれようか



ほんとうなら、キィィとなるところだけど

ここまでなつかれたら、

その毛染め液の執念が可笑しうて、可笑しうて、しょうがなかった








by qqpm6m89 | 2016-02-05 09:47 | 思い出 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧