お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2015年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鶏の丸焼き




クリスマス、

私の友人なぞは、毎年、じぶんで中に詰め物なんかして鶏の丸焼きをこしらえる

すごい本場感!



反してわたしは、毎年、詰め物なんか 「 せず 」

お店に積み上げられた、鶏のフリルつき腿肉を買ってくるだけ

で、 「 そないおいしいもんでも無いなあ・・・むしゃしゃ 」 と、

毎年、夫婦で悪いことを言い合う


しかし今、旦那さんが細マッチョになりたいため、日々鶏肉を要求するため

ことしは奮発して、デパートで鶏の丸焼きをお願いした

色々サイズがあったけど、どうせ旦那さんがいっぱい食べるだろうと

ふたりぼっちなのに、四~五人分の大きさを

豪華ね~ 見映えするわね~



で、夕餉

すてきなビジュアルに、わあ! と、一瞬歓声があがったけど

それも一瞬で、

鶏のさばきかたがわからない女房は、真っ二つにバキバキと割り、

股裂きみたいになって、

友人家みたいな詰め物無しの鶏なので、

中のあばら骨的なものが生々しく、どこかエイリアン的で

彼のために奮発した鶏なのに

「 なんか、こわい~・・・・ 」  とか言うて、あまり食べようとしない

すでに、逃げ腰だ


! ちょっ

たしかに、ちょっとブキミわるいけど!



なんとのう、甲斐の無いシケたクリスマスになりました


d0152574_1571357.png

しみじみ 「 丸裸 」 感がすごいわね!   

*画像お借りしました     




by qqpm6m89 | 2015-12-25 15:18 | 三度の食事 | Comments(3)

米へらず



旦那さんのお仲間のあいだで

ダイエット細マッチョブームがおきているらしく

ぞくぞくと、体をしぼってきてなさる


たしかに大きな自転車をあやつるには、

筋力は不可欠だけど、よけいな脂肪もないほうがよいのかもしれない

で、案の定感化されて

「 ぼくも、炭水化物ダイエットするー 」 とか、いいだした

毎日、一キロへらすー、とかバカなことを言っている

男子ってほんとバカ、

一日一キロ減ったら、一か月で三十キロ減よ

ダイエットをなめるんじゃあないわよ


と、太かろうが、細かろうが、ダイエットと共に人生を生きる、といっても

過言でない女子魂がきびしく指摘

それに私は、男性のガリとか細マッチョはまったく支持していない

野太い筋肉のうえに、うっすらむちっと、ふかっと脂肪のついた、

男性ならではの安定感がある体がすきだ

抱きしめがいのあるクマちゃん的な


だのに男性というのは、

女性のように年がら年中 「ダイエットするー」 なぞとめったに口にすることは無いけれど

一旦口にしたら、かなりストイックになさる

ていうか、それ以前に太ってないじゃないの  なんですんのさ

以来、もちろん一日一キロは減らないが

順調に右肩下がりになっている

反して、わたしはなぜか順調に右肩上がりに・・・・   キィッ



と言うわけで、

お米がほとんど減らないの

今夜の献立は、赤魚の煮つけに、粕汁に、揚げと春菊のおしたし

白いご飯があったほうが美味しいとおもうのになあ

d0152574_14282598.png

by qqpm6m89 | 2015-12-18 14:28 | 三度の食事 | Comments(2)

デカダンス



そして、

007といえば、登場人物たちの魅力も百花繚乱

スペクターでは、ボンドガールにモニカ・ベルッチと、レア・セドゥが



若きレア・セドゥの退廃的な雰囲気は、

彼女の出演するどの作品にも醸し出されていて

それは彼女だけのもので

五歳のころからそうだったろうし、八十歳になってもきっとああだろう

歳を重ねて変化する魅力もあるけれど

彼女の場合は、人生一貫して持ち続ける「変わらない何か」 こそが

女優のなかでも際立った存在なのだとおもう

d0152574_13342129.png



退廃的、とえいば、モニカもそういう存在だ

スクリーンのモニカ・ベルッチは、「 マレーナ 」 のころとは無論ちがい

風貌にも老いの足痕が、むきだしに映し出されている

美しい女性の時間がそのままに経った、というごくあたりまえの光景

でも彼女は、突出した美貌と肉体で世界を魅了した女優である

めぐまれた容姿をもつ女性の多くは、そういう周りからの期待や特権を手放さない

それが自分の使命だ、と衰えをみせぬことに奔走する

だのに、彼女はそこを簡単に手放して

「 正直、美容整形は女優にとって致命傷になりかねないと思う 」 と言いきるのだ

美の化身のような彼女が、である

かといって、 「 ありのまま 」 という怠惰さで、冴えぬ中年女性になっているのでもない

内なる色香は、さらに熟成されつづけていた 

d0152574_13501838.png






そしてまた、ダニエル・ クレイグも

歴代ボンド中、とりわけある種のデカダンスなのはまちがいない

d0152574_13413524.png

by qqpm6m89 | 2015-12-11 13:53 | テレビや映画やニュース | Comments(4)

「 悪いことが起こりそうな予感がするんだ 」




とても楽しみにしていた 『007 スペクター』 を観に

旦那さんは「 ぼくもー! ぼくも行くからぜったい先にいったらあかんー」 

と、絶叫していたが、

最低二回は映画館でみるつもりなので、訴えをふりきってフライングする

ダニエル・クレイグのボンドになってからは、「二度、三度見」 を欠かしてない



しかし、007のオープニングは毎回恍惚の瞬間で

最初のあの数分だけで、チケット代の価値があるとおもうのだ

サム・スミスが歌う主題歌も良かったな

ほんと良かった

途中からの女性のような高音で奏でる部分には、さらに息をのむ




How do I live? How do I breathe?
どうやって生きていこう どうやって呼吸しよう

When you're not here I'm suffocating
君がいなければ、息をすることもできなくて

I want to feel love, run through my blood
愛を感じたい 僕の血管を走り抜けていく愛を

Tell me is this where I give it all up?
すべてを投げ捨てるのは今なんだろう

For you I have to risk it all
君のため、すべてをかけなきゃいけないのさ



Cause the writing's on the wall
悪いことが起こりそうな予感がするんだ




こと、 最後の 

「 Cause the writing's on the wall
( 悪いことが起こりそうな予感がするんだ)」

の、美しいことよ

災いの兆しを、これ以上ないくらいのうつくしい声とメロディで語りかける




そうね、

美と恐怖は、表裏一体なのだ

d0152574_19354474.png

by qqpm6m89 | 2015-12-10 19:48 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

期限失効



なにがくやしいか、といえば

知らぬ間に、カードやらなんやらの特典期限が失効になっていたことに気づく時だろう




タカシマヤカードの明細に目を通した時、

先月、あ、ポイントたまってるー、金券もらえるー、うれしー、なんて思うていたのに

今回、ゼロになっていて目をこすった

期限を失効していた   まじか



タカシマヤカードは、他のデパートよりポイントが太っ腹なので

そんなに大きな買いものをしなくても、いつのまにかたまっていて

最低でも2000円券くらいはすぐもらえるのだ

だのにわたしは今まで何回失効して、悔し涙をのんだことだろう

すべては己の不注意なのだけど、わたしは逆切れした

「 もう、タカシマヤカード解約する! 甲斐ないもん! 」  と、

ぜったい次回も失効する自信があるもん




追い打ちをかけるように、

気に入りのスーパー、八百一カードのポイントも心なしか失効しているよな気が

おおおお・・・・

このスーパーは、昨年から入院中も、果物やらなんやら

旦那さんの食事なぞでもよく利用していたから、けっこう貯っていたはずだ

おおお・・・・おまえもか




ふだん、ポイントカードというのは財布がぱんぱんになるから、まずつくらない

クレジットカードに勝手につくものか

薬局一社と、八百一のポイントカードだけだったのにー

薬局のはその都度ポンポンと判をもらい、たまったら、「たまりましたよー」 つて

あたらしいのをくださるのでわすれないのにー


しっかりしてないアナログ人間にとって、

期限付きポイント失効ほどおそろしく、口惜しいものはない
by qqpm6m89 | 2015-12-04 14:21 | 思い出 | Comments(2)

Venetian Masquerade Night



で、もうひと月以上まえの話になるが

その、途中はげたパンプスを履いて参加したクレド・ポー・ボーテパーティ

すてきにドレスアップなさった女性がずらり


こんな方たちがお出迎えしてくだすって

d0152574_15573114.png


こんなかわいらしいものをサーヴしてもらって

d0152574_15583645.png


うつくしい新作アイテムでメイクアップをしてもらったりするのだが、

このお品ほしい!と思うても、その場で買うことはできない

さすがクレドポー、「パーティによんで物売り付けるイベント」ではないのだな

そういうやらしさは無いのだな

でも、むしろこちらは、欲しーて、欲しーて



そして、メインホールでは、

プロのオペラ歌手が歌い、見目うるわしきダンサーたちが舞い踊られ

まわりを囲む私たち招待客にも「 ご一緒に 」とか優雅に誘われるのだが

皆、恥ずかしゅうて、恥ずかしゅうて、

やっぱりそんなん気恥ずかしゅうて、なかなかお誘いには応じられない

結果、演者さんたちの差し出した手だけがむなしく宙を這い・・・

そこがやっぱり日本人気質なのよね

申し訳ないわ!  そのお詫びになんとかもりあげるのもゲストのつとめ、

クライマックスできらきらの紙吹雪をほおりなげる瞬間

心血をそそいで、めいっぱい、たんまり、気が狂ったようにふりまいておいた




そんなこんなの終わりがけ、

螺旋階段のホールにハッとするよな麗人が立っていらっしゃった

みじかい銀髪に、内から発色するよな白い肌と、見惚れる目鼻立ち

スタッフのみなさんとご一緒に黒いスーツをお召しだったから、

きっと資生堂の偉いさんだとお見受けするが、

「 まあ! なんておきれいなんでしょう! クレドの方ですか? 」 

とお聞きしても

「 うふふ、いえいえ、ただ近所でのぞきにきただけですよ 」 

なんて冗談をおっしゃる

自信に満ちた、欧米のマダムのような雰囲気である

豪華な宝石やしつらえ以上に、この日一番の目の保養になった

クレドポーを使ったらあんな美女になれるかも、と錯覚するよな

彼女こそ、偉大な広告塔



惜しむらくは、最後に抽選で、

今回の豪華な新作コスメが二分の一の確率でプレゼントされたのだが

運の無いわたしは、その二分の一からはずれちゃった   かなしい



いやいや、今回のイベントに招待いただいただけでも充分ラッキーよね

d0152574_16313770.png


*画像お借りしました







by qqpm6m89 | 2015-12-03 16:35 | すてきー | Comments(2)

靴修理



わたしには、一張羅の舶来靴がある

こういう手合いは、ここぞ!というときに、短時間履くようなものだから

庶民のわたしには、なかなか 「 ここぞ! 」 が無い



しかし先月、パーティが当選したので

これこそ、ここぞ!と思うて、いきって履いてでかける

京都から大阪までうろうろするから、わたしにとってはまあまあの長時間だ

で、案の定、会場に入るまえに

道路のマンホールにはさまってヒールの皮を傷つけた

美青年の仮面執事に可哀想がられ、同伴美女にみっとものう抜いてもらった

やーねー



で、傷ついたパンプスのまま、イケてない感じでおよばれした

じぶんはイケて無いけど、パーティはイケていた




で、後日、そのハゲた靴を直してもらいに三条商店街の凛靴さんへ

紺色と紫が合わさったような微妙な色合いのうえに、かすかなムラ染めなのに

職人技の御主人にとても素晴らしく仕上げていただき、うっとりする

裏張りもしていただいた


裏張りというと、昔、べつのところで、

すこし上等目の靴の場合、

色んな理由から裏張りはしない方が良い、と聞かされていたのだが

こちらの御主人は、とくに女性用のパンプスの場合には

リスクよりメリットのほうがある、とおっしゃる

そうよね、

こだわりのある靴道楽さんには、そのままのほうがお洒落なのかもしれないが

マンホールにはさまるよな私の歩きかたでは、やっぱり滑りやすいし、

リムジンで移動してふかふかの赤絨毯を短時間歩く

ハイソサエティな方たちとはちがうもの



高すぎるヒールの場合も、一センチくらいなら低くできることもあるらしい

わたしはノッポだから、すてきな靴でも7㎝以上は足をいれにくいのだ

今まで履きあぐねていた他の靴も相談に行こうっと

でも主婦のお小遣いはささやかなものだから、

徐々に、徐々に直してもらいましょうね
by qqpm6m89 | 2015-12-02 12:30 | 愛用品 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧