お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2015年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

鯛、二尾



買いものにいくと、

やや小ぶりの鯛が、二尾入りでお安かった



昔から祝いごとの御馳走というと、鯛の塩焼とお赤飯ははずせないものだろうが

うちの里は、母親がそないに魚好きではなかったので

ほとんど祝い卓に上がった記憶が無い

お赤飯+何なといろいろ、て感じ



そういう母に育てられたせいか、私自身も主婦になってから今まで

くだんの尾頭付きや、又たとえば刺身を自分でひいて、

まだ尾や口がびちびちしてる活け造り、とか  

( てか皆さんそんなんしてるんかしら?)

食卓に出したことが無い



というノスタルジィもあって、

べつに祝い事もみあたらないけれど、今夜は一丁やってみっか、と意気込む

帰りしな、「 鯛めし、とかいいわね!、鯛めしと塩焼き!お吸い物で決定! 」

と、スキップ気味な浮かれポンチではあったが

いつ、どこでどうなったのか、

わたしのなかのリトル大五郎が、土鍋を出す面倒さに負けたのか、

鯛めしの姿は影もかたちもなく、

ただ焼いただけの尾頭付きが二尾、食卓に提供された



ほんとうは、こういうイメージだったのにぃ
d0152574_12272818.png

by qqpm6m89 | 2015-04-28 12:29 | 三度の食事 | Comments(2)

木の芽鍋



我が家にかえると、

病院ではけっして食べられぬ献立をやっぱり欲しがるもの




今回は、お鍋だった

さっそく商店街にでむき、鍋の材料をみつくろう

たんぱく質もたりてなさげだから、たっぷりお肉でしゃぶ鍋にしましょうよ

それに春だしさ、

花山椒で全面ふたをするくらい、ふんだんに入れたいところだが

そんな贅沢は、農家さんかお大尽かしか心おきなくできそうもない


で、つつましやかな庶民は木の芽で代用する

木の芽だと大きなパックでも五百円弱で売ってるし、春の薫りもするし、具合良い




鍋蓋をあけると、ふわりと新緑の情景があたりに満ちた

鼻をめいっぱいふくらませて香りを吸い込んだ

お肉や野菜に木の芽をぞんぶんに巻いてぱくり

暦は光あふるる季節に突入です

by qqpm6m89 | 2015-04-22 09:52 | 三度の食事 | Comments(4)

アー乳



二日連続、おなし書き出しだが、

買いものに出かけると、

途中、 「 あれ、買うてー、 これ買うてー 」 と、家族がかしましい




先日は近所のスーパーで、このフレーズがとびだした

彼が手に持っていたのは、今流行りのアーモンドミルク

「 豆乳 」 よろしく 「 アー乳 」 なぞと、親しみやすくネーミングして、

ぐいぐい切りこんでくるメーカー側の作戦だ (と、察する)


お値段は豆乳の倍以上しているので、ちょっとひるんだものの

相手はしっかりつかんで離す気配もないし、

これも確かに気になっていた商品だから、ビタミンEもたっぷりそうだし、

アーモンドってのも美味しそうだもんで、無下にはことわれない

で、けっきょくお会計した



で、けっこう楽しみにひとくち飲んでみたら

おそろしく不味かった

買うてー、買うてー、と、かまびすしかった旦那さんは

すでに、「 ぼく、もういらん 」 と、背をむけている

残り一リットル強、どうすんの

あ、コーヒーに入れてラテっぽくしたらいいんじゃあないかしら?

ほんのりアーモンドで合うんじゃないの?



さらにチョーまずかった




身体にはいいんだろうけど、

我が家ではやっぱり、牛乳と豆乳にがんばってもらおうと思うのです








by qqpm6m89 | 2015-04-15 10:40 | 三度の食事 | Comments(6)

大みかさ



買いものに出かけると、

途中、 「 あれ、買うてー、 これ買うてー 」 と、家族がかしましい


先日、用事で河原町へ出向いたとき

ちかくの永楽屋さんのショウケースに、おいしそうなみかさが山と積まれていた

それは、ドラえもんのみならず、どなたとて目が釘付けになる様相で

そないにみかさ好きでもない私とて、

・・・・・うん、まあ、いいでしょう!  となる



大きなみかさを包んでもらっている際、

これまた贔屓の、大判巨大おはぎ二個入りにも心奪われる

甘くてちっちゃなものもすてきだけど、

やっぱり、甘くて大きなものがとりわけ好きなのであーる


d0152574_12465146.png

by qqpm6m89 | 2015-04-14 12:49 | お八つ | Comments(0)

手放したくない




誰しも、身からいっときも離せぬものがある


人によっては、メガネやコンタクト

今のご時世では、大方が携帯電話やスマートフォン

ロマンチックにいうならば、だいじなひとからもらったジュエリー等々

もし忘れちゃったら、日がな心がおちつかないような存在




わたしの場合は、それはここんとこずっと 「 腹帯 」 だ

去年の冬、手術以降けっして手放したことがない

というか、ひと月くらいしたらもうとっくにとってよいもので



回診の先生達は寝間着をめくるたび、口をそろえて 

「 !! 
 
  大五郎さんいつまで腹帯巻いてるの! 

  もういいってば! なんかボロボロじゃん! 」  と、あきれられ、笑われる


しかし、はなしたくない

なんか心元無い

ガードルとか、ふつうの腹巻きではぜんぜんだめで、腹帯でないと安心できないのだ

一日だってはなれたくないわ

あの、キュッとした感じがね



という、恋心にも似た依存心で

スカートの下に履いてモコモコでも、毛玉がついてモサモサでも

マジックテープがゆるんで、もはや体をなさなくなっていても

最初に買った二枚の腹帯を買い足しもせず、

日々、順繰り順繰り、へたりきっている布を巻き続けている

春のおしゃれアイテムより何より

フクタイLOVE






by qqpm6m89 | 2015-04-11 09:52 | 愛用品 | Comments(0)

ナチュラルエイプリルフール




昨夜、旦那さんがめずらしく、こちらから頼まずとも

朝用のヨーグルトとりんごを買ってきてくれた



すると、慣れぬことをしたせいか、

包丁をいれてみると、二個とも中身が傷んでいる

こういうとき、ふしぎなもので

じぶんで買ってきたり、買ってきてもらうのを依頼したときなんかだと

ひどくがっかりしたり、悪態をついたりするものだのに

今回のような時だと、「 運がわるかったのねぇ 」 と、あっさり受け入れられる



しかし、受け入れられないのは、みずから気を利かしたほうで

彼は、「 悪いなあ! あの店、ほんと悪い! 」 て、憤懣やるかたない

これもまた頼まれて買ってきたものだったらふつうにスル―だったのだろうが

喜んでもらえる、と思うてやった結果がこれだと、堪えるのが人の心理

ナチュラルエイプリルフール的な有り様に

彼はながいこと、

「 わるい! あの店悪い! 」  と、言い続けていた



不憫!

でも、ありがとう








by qqpm6m89 | 2015-04-01 13:28 | 三度の食事 | Comments(4)

100円ショップ



女の人は、ドラッグストアとか、パン屋とか、100円ショップがだいすきだ

なぜなら、あれこれ買えるから


この、「 あれこれ買える 」 ってとこがミソで

男性のように家電売り場とか、

車やバイクなぞのお店で、買わずとも楽しめる脳とはちがう

ささいなものでも「 買う 」こと自体が好きな、買いたがりなのだ

わたしももちろんそうで、お財布がすっからかんのときに、

ほんとうに見てるだけ、っていう

ウインドウショッピングなぞはする気にもならない

あくまでそういうのは、購入体力のあるときのみおこなわれるもので

「 見るだけのつもりが買っちゃった 」 といいつつ

100%なんなと買うのが前提である

女性のウインドウショッピングが

ウインドウ越しだけで済んだためしはまず無い





なので、ぞんぶんに買える100円ショップはわくわくするけれど

ここ数年、せっかく行っても買うものはめっきり少なくなった

少なくなった、というか、

むしろひとつのアイテムしか買わないといっても言い過ぎではない

とはいえ、回数は増えて月に一、二回はかならず行く

なにを買うのかといえば、それはスリッパ

こういうものは、良いものを長く使う、という性質のものではないので

二週に一度、夏には週に一足取り替える

それでも夫婦で月1000円かからない

百貨店の上等スリッパをながいこと履くよりも、はるかに衛生上良いとおもう



唯一、緊張がはしるのは

100円ショップに毎回許せるデザインがあるかといえば、

そうでもないことも多いので

これいいじゃない! とおもえるのに出会ったときは

けっして逃してはならない、と

おそろしげに目をカッとみひらく強迫観念のみ






by qqpm6m89 | 2015-04-01 10:04 | 愛用品 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧