お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2014年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

線審




錦織選手のつづき、どうなんのかしら~

と、はらはらしている一方

毎回おもうのが、選手の目と感覚の良さ

遠い相手側のコートのラインでも、インかアウトか見極めている

白線に数ミリのってるかどうかもわかっちゃったりするのだからすごい



一方、

制服姿のとってもすてきな線審たちではあるが

d0152574_22112339.png


たまに、なかに

すごい年配さんとかが混じっていて、マジか! となる

時速数百キロとかのボールを瞬時にジャッジできるなんて

イチローばりの動体視力が必要にちがいなく、

どうみても、そんな猛者にはみえない

いや、まって、

外国の人だから年齢より老けてみえるのかも・・・ 

いがいと、皆三十代くらいかも・・・・・と思いなおすが

いやいや、どうみてもかなりのヨボヨボっぽいひとも居らっしゃる

だ、だいじょうぶなの?




そうはいっても、この権威ある大会で担当なさるのだから

長年きたえあげられた勘と視力とひらめきで、

カッ!と瞳孔を見開きジャッジングされるのであろう

選手の立場をおもうとそう信じたい



しかし、リプレイで見直してみれば、まあまあ間違ってたりもしてて


「 やっぱり! しでかしやがったな あの野郎!!

  あたしゃいつかそうなるとおもってたんだよ! やらかしやがったよ!」   


なぞ、選手の心中がにじみでてるよな表情を

カメラがするどくとらえてたりもする

うける~


でもこれはひねた妄想で、

プレイしている側はそんなこと思っておられないでしょうけどね

by qqpm6m89 | 2014-06-29 22:26 | スポーツ | Comments(0)

官能もの



身近な人たちから

「 大五郎は、ヤンキー映画とかゾンビ映画ばっかしみてる 」

と、思われているにちがいないが

なんの、なんの




わたしは、官能作品もだいすき

日活ロマンポルノを鑑賞するほどの勇気はないけれど

一見、文学的な仮面をよそおい、

言い訳の隙をあたえてくれるフェイク仮面官能ものなら

世の女性同様、気後れせず観れる



モニカ・ベルッチ演ずる 「マレーナ」 はその最高峰だが

今年、みたもののなかにも良いのがたくさんあった



『ミラノ、愛に生きる』  Io sono l'amore

シックな貴族趣味の調度を背景に、ティルダ・スウィントンのうつくしいことよ

秋の枯れ葉にみるよな官能

乾いた落ち葉をめくってみると、中に意外なほどの湿り気をみつけて驚くような

d0152574_11303684.png




『私が、生きる肌』 La piel que habito

狂気にみちた凶暴な作品ではあるが

生身の肌同様、人工的な肌にもおそろしいくらいのなまめかしさを感じる作品

肌、は官能のかたまりである

肌、は残酷なほど執着されてしまう

d0152574_11353717.png




『アデル、ブルーは熱い色』 La vie d'Adèle

とてもフランス的な粘膜と吐息と欲情

ふたりの少女の激しすぎる官能場面は「相手を食べ尽くす」という行為そのもので

嫌悪を入り込ませぬむさぼり感は、若者ならではの特権だ

主人公はどちらも魅力的、

こと、レア・セドゥは作品 「美しい人」 以来目がはなせない

d0152574_11483565.png




『美しい絵の崩壊』 Two Mothers

絵のように端整な四人の母子のタヴー

ふたりの母は、容姿共にかぎりなく魅惑的ではあるが、

とめられぬ老いの部分もカメラは映す

そこがよい

ロビン・ライトの横顔がすばらしい

d0152574_1252957.png




『とらわれて夏』 Labor Day

タイタニックで脚光を浴びたケイト・ウィンスレットは

当時、すてきでなかった

美貌にめぐまれてはいたが、彼女は輝いていなかった

しかし、若い盛りをすぎたころから突然かがやきだした

『 愛を読むひと 』 で、別人になった彼女に気づき

ああ、この人の魅力はこれからなのだ、と思い知る

彼女の眉の左右不均衡な表情と、中年女性の肉体は

じょうずに笑えなくなってしまった女の不安定な美の象徴だ

『とらわれて夏』での、頑丈な二の腕、四角い尻、たゆみはじめた肌、疲れた表情

熟女好き、というと、からかわれる対象になったり

大人の魅力、というと、

時にどこか負け惜しみ的で、上っ面な褒め言葉の場合もあるが

若くない女の美しさはたしかにある

すくなくとも彼女にはある

そしてそれは、若いから美しい、がすべてに通用しないのと同じよに

年を重ねているからすばらしい、とは限らないのも同様だ




世のなかには、

「 若者のなかの魅力的なひと 」 と 「 年をとったなかの魅力的なひと 」 

が、居るだけである

d0152574_12304949.png

by qqpm6m89 | 2014-06-28 12:35 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

負けるもんか



いいね、このコマーシャル

とてもいい

すごくいい



d0152574_2164459.png





リベンジする

とか

見返してみせる

とか


どこか負のオーラがただよう、相手ありきの心情じゃなくて

生一本、健やかなたくましさをかんじる言葉だ




まけるもんか


d0152574_21102252.png
d0152574_21103735.png


のろくったっていいじゃない

ブロロロロ~

by qqpm6m89 | 2014-06-27 21:14 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

ビッグマウス



今回の日本代表は残念だった

でも、勝負は水もの、

大会自体は、毎日、エキサイティングな試合がつづいているし、

強豪ですらばんばん苦戦しているし、

良いも悪いも、かんたんじゃないことは明らかだ




いろいろな意見があるようだが

わたしはザッケローニ監督も、代表チームのスタイルも大好きなので

どんまい、どんまい! としか言いたくない

そういう甘やかしがだめ、厳しさが大事、と主張する意見も尊重するけれど

それはしょせん他人のやりかただから

わたしは、どんまい!としか言わない




選手たちに叱咤激励を通りこして、嘲り、罵詈雑言を放つのはどういうことだろう

本田選手にいたっては、「 大口を叩いていたくせに 」 という論調が目立つ

大口とは何か

彼は、よその国のチームやほかの選手をけなしたり、落としたりしながら

「 あそこはだめだ、 あいつら程度には軽く勝てる 」

などと言っていたのでは無い

「 優勝する 」 と公言することは叩かれるべきビッグマウスか


けっきょくまけちゃったじゃん実力もないくせに、と

後出しジャンケンのよに彼らはさわぎだすのだろうが

ホラでもなんでもない、本田選手はそう信じていたのだ

これこそ戦いにのぞむ選手に、強く求められるべきメンタリティじゃないのか



インタビュウで

試合を振り返ると、細かなところはありますけど、自分の言ったことに対する責任もありますし、とにかくそれが現実なんでね。非常に惨めですけど、これが現実だし、すべてを受け入れてまた明日から進んでいかないといけない。僕が言うことに、当然ながら信用も下がるし、一からこの悔しさをね、生かすしかないのかなと思います。ただ自分は自分のサッカーしかないし、自分には自分らしくやっていくしか、やり方を知らない。これからも明日からまた前を向き進んでいきたい。




とても正直で、覚悟のあるひとだとおもう

「 みじめだ 」 と、だれもが言いたくないだろうことばを表にだし、

批判も理解し、いまのじぶんを受け入れ、絶望していない

まだまだ茨の道を前にすすむ覚悟もある




こんなすごいひとに、人達に、どんまい!としかわたしは言いたくない


d0152574_21305289.png



by qqpm6m89 | 2014-06-25 21:34 | スポーツ | Comments(4)

激写注意



先日、OLさん数人とビアガーデンにいってきた

その日はとてもすずしくて

カラカラに乾いたのどをうるおす、って雰囲気でもなかったのだけど

ちょっと秋風がそよぎはじめた夏の終わりっぽくって、なかなかおつなものだった


わたしたちはだいじょうぶだったが

中にとても細い女の子がひとりいらして

やっぱりそういうひとには、あの夜はけっこう寒かったようだ




で、彼女、

おもむろに、日焼け対策用のアームカバーをとりだし腕に装着

かなり助かったらしい

なんなら二枚をつなげてマフラー的にするものよさそうよ、などのアドヴァイスも飛び交う



でも待って! やっぱり危険だわ

勝手に承諾もなくスマホで撮影されるこのご時世

ほかのお客さんに、彼女のマフラー風アームカバー姿を激写されて



「 ビアガーデンなのにマフラー姿の人発見! まじうける~ 」



とか、ツイッターやら、フェイスブックにあげられる危険が大よ!

しらない間にわが身が世界中に流出するのがこのおそろしい時代よ!




そうだ、そうだ、と、土壇場で危険を回避した

ふー、あぶな~

by qqpm6m89 | 2014-06-24 11:32 | 三度の食事 | Comments(2)

白下着



ある夜、

いつものように、上はTシャツ、下はパンツ一丁

いつものように、キューピーなポーズで、

うとうとと寝付きはじめていたころ



あとから寝間にはいってきた家族が

きゅうにさわぎだす




わたしの履いていた白いパンツが問題らしい

彼が言うには、

白パンツって子供のものじゃないのか

大人が白って可笑しすぎる

なんでそんなんはいてんのー

赤ちゃんみたいー


て、ゲラゲラわらう



うそお

たしかに数はすくないとはいえ、白のも何着かもってるし

いままでだって履いていたとおもう

そんなに笑われるような・・・

ていうか、男の人って白い下着にドキッとするんじゃあなかったっけ

むかしよく雑誌とかにのっていたような気も

しかし、あのゲラ度をみていると、「いいね!」 ていうより 「 わらける~」 な反応



男性の白下着好き説は伝説か

または、鵜呑みにするのは時期尚早か





しかしそれ以前に、異性好みの下着をチョイスする気概はもはや無い

いつしか雲の彼方にきえてしまった

どこにいるのだろう、わたしの気概



d0152574_10305696.png

by qqpm6m89 | 2014-06-23 10:32 | 愛用品 | Comments(0)

ブランデー入り



うちの夫婦、お酒のつよさから言えばトントンで

すくなからず互いにライバル意識をもっている

どっちにしろどんぐりの背くらべで弱っちいのだけど

コンディションによっては、抜きつ抜かれつで相手より頭ひとつ飛び出ることもある

そういうとき、

優位な側は、もう、なんというか、王様みたいな反りくりかえりようになるものだ

で、下々の側を 「 よわいのねぇ・・ 」 と、優越感満々のかんじで労わったりする




なんとしても王様側を陣取りたいから

けっこう千鳥足でも、だましだまし虚勢をはるのだけど

顔が真っ赤になってしまったら、すぐさま突かれてしまう



先日、新発売だった 「キリンチューハイ ビターズ 」 というのが買い置きしてあった

最近は甘いジュースみたいなのも多いので

相手は、その勢いでのんだらけっこうきつかったみたい

なんかもう、へごへごになっていた

すかさずそこを指摘したら、



「 ちがう! これ、なんか、ブランデーとかはいってると思う! 」



とか、苦し紛れなことをいう

こないだはお店で頼んだハイボールが濃かったようで

また 「 ブランデー入り 」 を主張していた

ていうか、ウイスキーのかわりにブランデーがはいってたってそない変わらないでしょう




彼にとって、 

ブランデー → 超濃い → だからしょうがない  


的なロジックにもってつきたいのだろうが、そうは問屋がおろさない

by qqpm6m89 | 2014-06-22 12:51 | 三度の食事 | Comments(0)

王道をゆく



友人からの便りのなかに


「 わがやに子猫がやってきました  なまえは、みぃちゃん 」


と、記してあった



みぃ!

猫につけるべき、まさしくふさわしい王道である

小鳥のピーちゃん、とおなじくらいすばらしいわ



そういう報告をほほえましく読んでいたのだが

となりから葉書を盗み見した家族が



「 ほらっ! どこも動物飼うたはる! 」  と、さわぎだした



しばらく下火になっていた 「 柴飼うて運動 」 に、油をそそいでしまったよう





あまりにめんどうくさいので

「 よそはよそさん! うちはうち! 」 と、

これまた王道のあしらい文句で、場をしめた

by qqpm6m89 | 2014-06-20 10:39 | 小動物 | Comments(0)

メンテナンス



こうも連日、夜中におきていなくてはならない事態になると

若者ならいらしらず

妙齢の身としては

目が痛んだり、肌が傷んだり、足腰もよわり、髪までぬけちゃうかもしれぬ




そういう心配の真っただ中、

仲良しから上等なヘアケアセットがおくられてきた

うれしい! ジョン・マスターって大人気らしいけど使ったことなかったの

しゃれてるわねぇ

香りもいいわぁ




さすが長年のつきあい

大五郎、テレビの見過ぎでよぼよぼにちがいない

地肌もいたんでるだろうし、歯もぬけちゃってるかも

ここはひとつ、わたしが一肌ぬいでなんとかしなくっちゃ


とか思ってくれてのことだろう





ありがとう、私、地肌ケアがんばるわ!

by qqpm6m89 | 2014-06-16 12:21 | 贈り贈られ | Comments(2)

モップ式



今まで、床みがきには

クラウチングスタートからの、掃除当番スタイルで雑巾やワックスをかけていた



そして、はたと気づく

たしかにしっかりみがけるし、

足腰のためにも良い運動にもなりそうだ、とは思うけれど

寄る年なみ、

世代にあった掃除のしかたにかえてもよいのじゃなかろうか



両手をそろえて、尻あげて、足大回転、っていうのは

いやあ、なかなかアクロバチック

子のあいだは造作ない動きだったのに、今や、しんどいしんどい




で、柄つきモップにかえてみた

以来、日に二回は水ぶきし、ワックスもすいすいかける

あまりの快適さに、無駄に床掃除ばっかに精をだしている

身の丈、年の丈にあった、ストレスフリーな道具選びは大切だ



と、今頃気づいているの

by qqpm6m89 | 2014-06-12 21:47 | 愛用品 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧