お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2014年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

外食あるある



先日行ったお店で

つけあわせのパプリカのマリネと、青豆のマッシュがことのほかおいしく

「 家でつくってみよー 」  とはしゃぐ

同席の旦那さんは、女房の発言についておそろしいほど無反応だった




外食先、

女性たちからかなりの割合で出る言葉がこれだ

たいがい言うね

しかし男性陣は知っている

その料理が食卓にならぶことは、まず無い、と




そんな視線を知ってか知らずか、

いや、

じぶんでもうっすら気づいているのに、気づきに蓋をして

知らないふりをして、

毎回繰り返す 「 主婦あるある 」

by qqpm6m89 | 2014-05-31 09:39 | 三度の食事 | Comments(0)

ミュータント




夕飯どき、

以前録画していた 「 X-MEN: ファースト・ジェネレーション 」 をみた



ごぼうの素揚げをほおばりつつ


「 この映画みたいなミュータントってほんとに居るのかねー 」 なぞと、やいのやいの


「 そりゃあ居るでしょう

  宇宙人だっているし、妖怪だって、ヒバゴンだって、なんだって居るよ 」


「 たしかに

  宇宙人っぽいひとっていっぱい居るもんねー 」


「 いる、いるー 」


「 大五郎だって、意外とミュータントかもしれないよ 」


「 わたし? 」


「 そう、

  能力は、 『 ただ、むっちりしてるだけ 』  」


「 しけてるな! 」


「 そりゃあ、皆が皆、超人的なわけもなく、ひたすら地味なミュータントだっているさ 」





一理ある、

ぜんぶがぜんぶ、スーパーに目立つ必殺技を持つとはかぎらない  



d0152574_10255564.png

by qqpm6m89 | 2014-05-30 10:29 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

期せずしてかぶれてる




毎月のお墓参り、

ふだん、ぐずぐずして午後からとかになってしまうのだが

今日は気合いをいれて午前中にスタートダッシュをかける


二人とも、気合いをいれすぎて息切れし、

参る本番前から、ちょっとお茶でもしましょうか、と

一乗寺のアカツキコーヒーに立ち寄った

涼やかなお味のブレンドと、焦げ目がないのにカリっと美味しいトーストで

体力をチャージする

ほんとにおいしいコーヒーなので、豆はわけてもらえますか、とたずねるも

豆の販売はしていないのですが今すこしありますので100gでよければ、 と

事情しらずな客にゆずってくだすった

ありがとう




圓光寺は新緑と五月の日差しがメヌエットを奏でている

供えたレモン色の百合の花が、かしましくおしゃべりしているふうにみえた



かえり、ちかくのラ・ベルベーヌでフレンチのお昼をたべる

こんな場所に、というほど異色をはなつ好店だ

とても丁寧なお料理がつづく



そのあと、ナカガワ小麦店で明日のバケットを包んでもらったら

朝行ったアカツキさんのショップカードが置いてあって

友人のお店だ、とおしえてくださった

等々、軽口をまじえて帰る



それからほどちかくにあるラ・マルティーヌでケーキをいくつかみつくろう

洋ナシとキャラメルクリームのムースは初夏にふさわしく

タルト・オ・フロマージュはすべらかで

チョコレイトのケーキはつやつやだった

あと、一番気にいったのは焼菓子の細長いフィナンシェみたいなもの

冷やしてたべたらとってもナイスね



わたしはふだん、

「 フランスかぶれ風 」 を揶揄する意地のわるさをもっているのだが

しかしこうして羅列すると

期せずして、すべてがフランスにかぶれている

コーヒーやさんはそうでもないじゃあないか、とかえりみれば

いやいやどうしてどうして、

メニューの菓子は仏風だったし、ご店主はまさにギャルソンな縞々を着ておられたもん

不覚!




むう、

よくかんがえるとこの日本、

もはやフランス的要素を無いものにして語れぬほど

l'amour な侵食に、浸透に、年季が入っているのだろう

ああ、おそろしや、すばらしや

by qqpm6m89 | 2014-05-29 19:16 | お店 | Comments(0)

夏特集



夏本番がちかくなると

書店にもダイエット特集の誌面がならぶ


「 夏までにマイナス二キロ!」 とか

「 ウエスト三センチ減! 」 等々



よくかんがえれば、

毎年毎年、いや、年がら年中、この手の謳い文句はあふれているのだけど

毎年毎年、目を皿のようにして食いついているじぶんが居る

で、ハッととなりをみれば

おなじように、尖ったナイフのごとき真剣な眼で喰い入る女子ずらり




そういう光景を

世の男性や、セルフコントロールの効いた女性たちは鼻でわらうのだろうが

わたしは抱きしめたい


この懲りない健気さ、

駄目駄目で、何度も失敗しつつトライをあきらめきれない往生際のわるさ


かわいらしゅうて、いじらしゅうて

じぶんも含め、抱きしめたい

by qqpm6m89 | 2014-05-28 10:54 | すてきー | Comments(0)

ヒトチガイ



以前、

「 ヤマザキランチパック玉子味をくるったように食べている 」

と、記し

いまだそのブームに陰りはみえず

きょうも

人生のきまりごとのように、封をあけた




で、ありえないことに気がついた

長いこと、いままで 「 それ 」 と信じていた身元はまちがいで

ランチパックならぬ、「 フジパン スナックサンド 」 であった

うそ!


マイ・ラバーは、彼だったのか



愛する人よ、

いままで人違いしていてごめんさない

こんなわたしをゆるしてね

ゆるしてね、

ゆるしてね

by qqpm6m89 | 2014-05-24 22:00 | 三度の食事 | Comments(0)

白ファッション



昨年あたりからの白ブームは盛り上がる一方

どのファッション誌をみても

すてきなハイクラスの白スタイルにはうっとりするばかりだ

とくに初夏、

わたしだって白着たい



で、さっそく、おろしたてのよそゆきを身にまといお出かけする

身も心もすがしいわ

きぶんも高揚したまま、お八つに二条若狭屋さんで苺のかき氷をたべた

帰りがけには、

真白なジャケットに、苺汁が三つにじんでいた

くっ、となった




わかっていたけど、

わかっているけど、

こぼし屋が手をだしてはいけなかったのか

私の恋慕は白服にとどかないのか

いくつになっても、

永遠に

by qqpm6m89 | 2014-05-23 10:29 | すてきー | Comments(4)

「 てにをは 」



「 〇〇さんから、奥様に~、といいものいただいたよ 」


と、お土産をもってかえってきてくだすった

すてきな日本酒だった

まわりには酒吞のイメージがじくじくと浸透してきているらしいが

酒好きだが、酒弱なので、そこが口惜しい

もっと、ごぶごぶあおりたい

もう、みっともない茹で顔になりたくない




酒の場にあふれる女物言いで 

「 ごめんなさい、わたしワイン 『 は 』 

  あまりくわしくなくって・・・ 」 なぞは、

よく耳にするし、口にもだす

しかし我にかえってみると、

ワインどころか日本酒も洋酒も何ひとつ詳しくないじゃんかよ、 と赤面する

「 あ~、英語  『 は 』 ぜんぜんだめなんです~ 」 

っていうのも言いがちだが

英語だけじゃあないくせに 英語も、だろう    にもつながる




あと、きびしく叱られたくないから

「 わたしって褒められてのびるたちだから 」  とかアピールしてみても

よくかんがえると、褒められてもそないに伸びたことはなく

叩かれても伸びず、

けっきょく伸びず、

なにしても伸びず、

ハッハッハッハッ

ただ、きびしくされたくないだけ、ってのもよくある




こっそり 「てにをは」 なんかをやらしく駆使して

わが身を良いふうに示したがりがちだ

やあねえ  あはははは

 





by qqpm6m89 | 2014-05-19 11:39 | 贈り贈られ | Comments(2)

ハッチー



ちかごろの楽しみは

寝起きざま、朝いちばんでぜんぶの窓を開けはなすこと

初夏の光と風と匂いがさんさんとそそがれて、すこぶるきもちがよい



こんなにパーフェクトなのに

ゆいいつ困るのは

ずうずうしく、蜂なぞがとびこんでくること



こっちは絶叫しながら追い出そうとしてるのに

また、

向こうさんもかなりなパニックをおこしているのに

どれだけ逃げ道に誘導しても、お門違いなとこばっかしぐるぐるしてる

勘がわるいわね! ハッチー

たがいの不利益きわまりない




不躾な昆虫により

わたしのささやかな幸せは、

かなりの確率で

たびたび害される

by qqpm6m89 | 2014-05-18 15:36 | 小動物 | Comments(0)

犬代用




毎朝出会う、よそのお宅の柴犬に熱をあげている家の人

にんげんの欲とはおそろしいもので

短時間の逢い引きだけではがまんできぬようになったらしい

いぜんは顔をみるだけでも幸せだったのに




最近では、その欲が頂点に達したらしく


「 犬、飼うてー!  柴、飼うてー! 」  と、毎日かしましい


うちはアパートだから飼えないよ、と言っても

なぜだ、ここは動物禁止じゃないし兔だって居たもん、とか言い返される

契約がどうとかいうよりあのドチビの毒兎ですらかさばったのに

この広くない間取りじゃ嵩張りすぎるでしょう、 ときつく諌める




反対意見にまったく納得していない彼は

毎日、毎日、あきらめず、「 犬飼うてコール 」 をかかさない

さいきんでは、わからずやの女房への腹いせがひどく

犬を撫でるように「どこ行ってきたんや? 散歩行って来たんか?」 と私の背をさすったり

犬がつけられているような名前をいくつも駆使して私を呼んだりする

抗議をしたら

「 飼うてくれはらへんから、柴がいる 「つもり」 になっている 」

とか返される

なぐさみに女房を身代わりにしているのだ

いちど毛玉と暮らした者は、やっぱり毛玉が恋しくなるのかもしれない



このやりとりが、もう二週間は続いている

by qqpm6m89 | 2014-05-17 15:32 | 小動物 | Comments(4)

新妻的能力



初夏になると、

シャツもばりっとプレスされているかどうかが重大ごととなる

秋冬、未熟なアイロンがけでも上からセーターを着たり、上着を着たりで

なんとかごまかせていた部分も、もう通用しない



わたしはこの家事が苦手だ

メッ、とひっぱってこちらの皺をのばしたら

ミッ、とあちらに皺がよる

で、

ミッ、と伸ばしなおしたら

こんどは、メッ、とむこうがわ

キリないじゃんか



こういう場合、世のできた奥さまは

色々試行錯誤したり、元来の手際のよさで、かんたんにクリアなさるのだろうが

手先がすべらかでないうえに、人生すべてにおいて完成度不追求型の人間には

ただの、永遠の、堂々巡り



「 物事何年かつづければ、もとは苦手だった事も上達する 」 と、よく聞く

しかし私は、それは半分当たっているけど、半分まちごうている、と思う

たしかに、なんとかできるようにはなるかもしれないが

向上心と、意欲がなければ、もとの能力からそうそう変わるものでもない

実際、

新婚時代の大五郎から、、古女房の大五郎になった今、

アイロンがけの精度はこれっぽちも上がっていないのだもん

何年、何十年、主婦をやったって、下手をすれば永遠に新妻的能力のまま

新妻のころは愛らしさでゆるされたことも

「 アタシニガテナノ  ユルチテー 」  なんて、鶏皮ものである



なので、「 苦手 」 と言わず、「 大得意 」 と公言して

皺入りシャツを仕上げておく




でも、ハンカチをあてるのは好き

真四角だし、面積もせまいし、

わたしでもきれいにあてられるから

能力がある気になれるものね

by qqpm6m89 | 2014-05-13 13:06 | 思い出 | Comments(4)


カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧