お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2014年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

季節仕事



日がな一日あめもよい


こういう日は、

家中の用事に終始するのにかぎる



ここ数週間、いつにしようか、いつならいいか、と思案し続けていた衣替え

春の気候はちっとも油断ならないから

ぜったい安心、なんてことは努々かんがえてはいけないのだけれど

ここはひとつ勝負に出てみた



やりきった




そして、このあと

どんなに強烈な寒の戻りがきたとて

暖をとる衣類はもはや無い


世界的な異常気象が突発的に襲おうとも

袖なしシャツと、ホットパンツしか

わたしには、我が家には、

もはや無い

by qqpm6m89 | 2014-04-29 22:38 | 思い出 | Comments(0)

吉祥寺と、にほん酒やさん



ふだん、京都からほとんど出ないわたしが

先月、関東のほうへで出向くちょっとまえ

お酒仲良しの女性らに、「 どこかひとりでもゆけるいいお店しってる?」

と、リサーチをとってみた

すると三人くらいが、おなじお店をすすめてくだすった

しかしだれ一人として行ったことはない、という

面識はあるが、訪ねたことはない、という

!  あのー・・・・




場所は吉祥寺

東京駅近辺に宿をとるつもりでいたが、吉祥寺って行ってみたことないし

それもすてきそうね


明るいエネルギーに満ちたような街だった

若者がおおくて、食のお店が溢れている

都会でありながら、駅でも喫茶店でも小売り屋でも

皆、元気なお顔をなさる善人の街、という印象だ




おしえてもらった 「 にほん酒や 」 さんは

宿から一分の裏道にあって、しずかにぼんやり見える様はとても雰囲気がある

これだけ飲食店がひしめいている街なのに、店内はお客様でいっぱいだ

とても愛されているのがわかるよう


大好きな十旭日のお酒はたくさんあるし

こと、料理が秀逸である

わたしはふだん、どちらかというとベーシックで古典的な調理法の味を好むのだけど

どの皿にも工夫と意欲とおどろきと情がかんじられる、うれしいものばかり

たいそうおいしくて、もっと色んなメニュウをよばれたかったなあ

そして、

とてもいそがしいはずなのに、店の方達には気ぜわしさが一切感じられない

これもすごくすばらしいこと

そよ風のように、すいすいと客間をなめしてゆかれる




割烹着姿のこのうえなく可愛らしい娘さんが話し相手になってくださって

とてもきれいな言葉で接客なさる男性から献立の説明をいただき

奥のほうでは実直に美味しい調理をなさっているお若い青年に、

オーナーの御主人は、

もちろんお仕事をしながらも、ほかの店員さんの合間を

ゆらっとたゆたうような雰囲気でいらっしゃった

そういえば、お店の場所をたずねるため電話をいれたときも

なんというか、なんとのう昔から存じあげている方のような

人を緊張させないやわらかい綿のような空気をもっておられるようで、

そういう人柄が周りに伝染し、きもちよく仕事をさせ

足を運びたくなるよな処にさせるのでしょうね、きっと




はじめて行ったお店で、街で、

わたし、一人ぼっちだったけど、ちっともさびしいことなかった

楽しいばっかりだった

by qqpm6m89 | 2014-04-27 23:44 | お店 | Comments(2)

ボクサー



先日、山中慎介選手・長谷川穂積選手の

WBC世界バンタム級タイトルマッチと、

IBF世界Sバンタム級タイトルマッチのダブル世界戦が放映されていた

d0152574_19375353.png



勝者と敗者のくっきりと明暗がわかれた結果に

格闘技の酷な光景を垣間見る

勝負の結果はどのスポーツもドラマがあるが

ストレートに身体をぶつけあう競技には見る側にも覚悟がいって、

目をおおうよな肉体の崩壊、生死のはざまの瞬間にたちあうばあいもある



両選手はすでに

何度も防衛をはたしている世界屈指の名チャンピオン

長谷川選手は階級をかえての三階級制覇への挑戦だ


結果、山中選手は何度もダウンをうばう9回T11秒KO勝ち

終始圧倒した強さで 「 神の左手 」 の貫録であった

d0152574_20253191.png




一方、長谷川選手は7回1分20秒TKO負けを喫す

顔はひどく腫れあがり、右眼窩底骨折、鼻骨の骨折で崩れ落ちた

d0152574_20301471.png




マットに倒れた長谷川穂積選手は

敗者を抱えるよう安否をたしかめるレフリーに、二度ほど大きく笑って答えていた

血に染まったマウスピースもぐちゃぐちゃだった

そしてリングサイドで、ぼろぼろの夫を見つめる夫人も笑顔だった

長谷川選手は

    
    
    
    じぶんの奥さんには泣かないでほしい

    勝っても負けても笑っていてほしい

    彼女の泣いた顔はみたくないんだ          
 


と、言っていらしたそうだ


夫人はそのとおりになさった

d0152574_20591749.png


血まみれで腫れあがったお顔は、けっして敗者のものではなかった

by qqpm6m89 | 2014-04-27 21:09 | スポーツ | Comments(0)

夏おでん



初夏をおもわせる、このところの陽気

「 おでん、いっとく?」 のかけごえで、赤垣屋さんへむかうことにした

おでん、といえば寒い季節の風物詩ではあるが

うちの夫婦は、夏たべるおでんをとみに贔屓にしている



くだんの赤垣屋さんは、鴨川沿いにあるので

開け放しの木扉から、よい風がそよいでくる

まだ明るさののこる夕暮れ時、

ぼんやり灯った赤い提灯と、おでんに燗酒、(年配の)おじさん率高し

おちつくわ~





お燗番&おでん鍋番兼業の小粋なにいさんが燗をつけてくださるとき、

ちろりから銚子にさしかえるのを、おでん鍋のうえでなさるので

こぼれた酒がぜんぶお出汁にそそがれるていになっている

毎夜、何十回とくりかえされるから

大根やら、焼き豆腐やらにしみこんで、それはそれは贅沢な酒染みおでんとなる


店のあるじは、丁寧で気風のよいナイスシニア

夕方の開店はじめから、もうすでにほんのり赤いよいお顔色加減

仕込みの時分から、ちょいちょいひっかけてなさるのだろう

あるじを囲む若い衆方も、とても礼儀正しく、気持ち良し




長年愛されるお店には、やっぱり理由がある

by qqpm6m89 | 2014-04-26 13:55 | お店 | Comments(0)

タケノコプロジェクト



春といえば、とにもかくにも筍料理

しかし、下ごしらえがけっこうなプロジェクトになるため

なかなかじぶんで動きたくないのも真実だ



毎春、天を仰ぎながら

ああ、かみさま、どなたか我が家に筍料理をお届けくださいますように・・・・

なぞと、超うざったい祈りをささげている

で、たいがい、えらいもんで叶うたのか

よそさんから、おすそわけいただけている




しかし、今年はまだ来てない ( ずうずうしい )



したら先日、夫の友人で料理人の方から下ごしらえ済みのりっぱな筍をいただいた

なんとうれしや

あとはさっとのお味付けのみで出来上がり


木の芽をちらした大鉢をながめつつ、

「 できた女房感 」 がはんぱない

九割、人様の手柄にはちがいないけれど

達成感が

はんぱない

by qqpm6m89 | 2014-04-24 15:03 | 三度の食事 | Comments(2)

トッピング



昨夜はカレーライスをこしらえた

ちょっと、濃く、辛目にしあがったので

トッピングにたまごの黄身をのっけて食卓にだした

旦那さんはことのほかよろこんでいた

男性って卵が好きですね






で、ふとおもう

今回は、黄身のみをつかったし

世のなかに出まわるカレーのトッピングでもありがちである

しかし、おなじたまごの一員として

たまごの白身のっけ、というのは聞いたことが無い

栄養的には白身のほうがアスリート仕様っぽくないだろうか


で、きいてみた

こんどはカレーに生卵の白身のっけ、ってのはどうか、と





死んでもやめてほしい、と

切なる懇願を目の当たりにした

by qqpm6m89 | 2014-04-23 13:22 | 三度の食事 | Comments(0)

サスペリアりたい



映画館情報をみていたら

週末、 「 真夜中のサスペリアナイト 」 というイベントが

オールナイトであるらしい

ホラーの巨匠・ダリオアルジェント関連の作品を朝まで鑑賞、と言う具合だ




行きたい・・・・・

もう若者ではないけど行きたい・・・・

体力もないし、睡魔にも勝てないけど、行きたい・・・・

ふだんわたしは一人好き

どこへでも一人でぐいぐい参加しちゃう

でも、この場合

ホラーだし、夜中だし、

万が一失神したとき、お連れがいなければどうやって帰りつけるというのだ

介護をだれにおまかせすればよいのだ

でも、行きたい・・・





まず、家族に打診してみた

夫は無類の怖がりなので

「 いやだ! キミひとりでゆけばいいじゃあないか! 」

と、女房が真夜中にでかける心配よりも、己の恐怖心からのがれたいらしい

なんてこと・・・



つぎに、仲良しの女子たちにふってみる

「 ぜったいイヤです! 世界最強に行きたくないイベント! 」

と、けんもほろろ



再度、家族にたずねるも

「 やだってば! キミひとりでゆけばいいじゃあないか! 」

ふたたび、おなじ返答

おおおお、なんてこと・・・・







わたしのまわりには

わたしの気持ちをわかってくれる人達が

圧倒的に欠けている!






by qqpm6m89 | 2014-04-22 20:22 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

パイン×コリス



その日、

うちの家族が、すごい勢いでくちぶえを吹いていた

アホの小鳥か、というくらいにしつこい



というか、あのひと、あんなに口笛じょうずだったけ、とよぎる

たしかめてみると、飴でならしているようだ

まさかなつかしの 「 フエラムネ 」 か!




なんでも、これまたなつかしのパインアメと、フエラムネが合体した

「 パインアメ味 フエラムネ 」  というものらしい

すんごい細々とした進化よ

にんげんってすばらしい





小箱がのこっていたので、わたしにもちょーだい、とむしりとる

箱をあけると

フエパインではなく

おまけの、紫色したカブトムシだった


キーッ

by qqpm6m89 | 2014-04-18 12:07 | お八つ | Comments(0)

エア・ともだち



きのう「 ワイルドサイドのともだちがいたらなあ 」という日記を書いたが

よくかんがえれば、いや、当てがある




以前、関東のほうにでかけたとき、浦和の駅でおりた

おいしい菓子屋さんがあると聞いていたので、いってみたくなったのだ

埼玉出身の知人が「 地元のあたりにはまだヤンキーとかいる 」と話していたが

すくなくなったとはいえ、埼玉にかぎらず

全国各地ヤンキー魂や、ヤンキーファッションは今尚健在でしょうに



無事、菓子を買って電車にのりこんで

したら、まさしくヤンキーとチーマーの半々的な井手達の三人組がすわっていて

足の開き具合と、かさばり具合がはんぱでない

強面なオーラにも気合いがはいっている

二十歳のころならちょっとおびえたかもしれないが、そこは年の功

青年のワイルドサイドな風貌くらいには動じぬ鈍感さを身につけていて

やや混んでいたから、そのまま彼らの前に立った




するとだ、

内のひとりが「 おい、この女の人、荷物多いじゃん ちょっと詰めろよ 」 

と、お仲間に声をかけた

お? おうおう・・・ というかんじで席をあけてくだすったのだが

なぜか、一人が反対側にひとつ席を移ったから

「 若者・ わたし ・ 若者・ 若者 」  という配置になってしまった

席を移動した彼も、ああまちごうた! 的な雰囲気をさせていたが

なんか直すタイミングもなくそのまま、 

「 いいの? ありがとう~ 」 と厚意に甘える

で、この妙な配置を四人とも気まずくかんじ

いままでおおきな声でたのしくおしゃべりしていた彼らも無言で、

むろんわたしも無言で、

皆、前方のみをみつづける、という様相




向こうさんにとっても、その過酷な時間はわたしが降りるまで続いていて

腰をあげるさい、 

「 席、ほんとうにありがとう、うれしかったわあ 」 と礼をいったら

ワイルドサイドな御三人は、 

「 まじっすか  いや・・・、いいっスよ  へへ 」 て

心底、解放されたかんじの笑顔でこたえてくだすった

みじかいひと時だったが、

あのときうたがいようもなく、私と彼らのあいだに

熱く、かたい友情がはぐくまれた




と、わたし 「 だけ 」 思っている





by qqpm6m89 | 2014-04-16 10:32 | 思い出 | Comments(0)

ワイルドサイドの友達に



用事まで、ずいぶん間があいたので

周辺で映画でもみましょうか、とおもいついた

したら丁度よい時間帯のは、

若者があばれまくる 「 クローズexplode 」 だけである

時おりしも、すこしまえにテレビで前作、前々作を放映してて

なんとのうみてたが、とてもおもしろかった

だから今回の新作をみるのに何の異存もないのだけど

観客って、若いJKか、血気盛んな男子ばっかにちがいない

平凡な一主婦がひとりで席につく、なんて浮きまくる気もした

なので予告がはじまって、館内が暗ろうなってからこそこそっとはいってみる

こころみむなしく、

足をふみいれた瞬間、なんかえらい明り煌々とした場面で、よけいと目立って

「 ババア! なにみにきてんだよ! 」

とか罵声をあびそうでひやしやした  




映画は、ケンカばっかりだがそこは若者の気持ちよさでどこか朗らかで

ハンサムも大勢いて、おもしろかった

帰りしな、いかすしゃがれ声の挿入歌 

「 ワ~イルドサイドのと~も~だちぃにぃ~ 」 も口ずさんだりした

平凡な主婦にワイルドサイドの友達はいないけど

男の子ならではの青春、って感じがして、女はちょっとうらやましかったりもする

しかし、皆、すぐ病院送りになったりするのに、すぐ出てきて、またケンカして

あんたら丈夫すぎー

d0152574_2321847.png


by qqpm6m89 | 2014-04-15 12:02 | テレビや映画やニュース | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧