お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

<   2014年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

かぶられて



毎朝、夫の出勤時に出くわすらしい柴犬

もうすっかりおなじみさんで、「 撫でい、なでい 」 とかわいらしいそうだ

かれはいつもその犬の話をしてくれて

とっても溺愛しているみたいなのだけど

もう数年のつきあいになるのに、名前も性別も知らないという

なに、その距離感?




で、先日、その柴が

えらくシュンとしながらとぼとぼしていたらしい

飼い主のおかあさんがおっしゃるには

なんでも散歩中、よその犬に背中をかぶられたそうだ

わ、わかりやすい!



常々、

今の時代の飼い犬や飼い猫は人よりだいじにされてて気楽でいいね~、

なんて話していたが

動物の世界もきびしいのだな

知らん子にいきなり背なかをかじられる、なんて

人間の世界では、なかなか無いものな

by qqpm6m89 | 2014-02-25 21:28 | 小動物 | Comments(0)

「 告白しちゃいなよ 」



戦いの幕おりて、

すっかり和気あいあいのフィギュアエキシビション



トップの選手たちは幼いころから、数々の大会やショーで一緒にすごすので

ライバルといえどもとっても仲が良い

試合だけでなく、この皆でつくりあげるエキシビションという存在がみそなのであろう

スノーボードのショーンホワイト選手も

「 ぼくらの競技は、みんなライバルだけど、みんな友達 」 というようなことを

おっしゃっていたが、人数の少ないフィギュア界もおなじのようだ




そんななか、とってもほほえましい場面を垣間見る

ショ―もおわり、選手たちが幕間にもどるさい、

ロシアの若娘三人が、かたまってひそひそやっていた

視線の先には日本の羽生結弦選手がいて、


「 キャア、三組のユヅルくんよ!  ユリア、あんた告白しちゃいなよ! 」


ってな風合いである

試合でもインタビューでも、とっても凛々しいロシア女子たち

とくに、リプニツカヤ選手は若干十五歳ながら大人びていて

時に相手を射抜くような目をし、少女・プーチンみたいな風格が漂う

そんな、少女プーチンも競技の外ではやっぱり女子中学生だった

すてきな男子が気になるお年頃なのである

そして羽生選手は、男子特有の鈍感さでまったく気づいてないかんじ




試合の場では、こんな彼女が

d0152574_18503994.png


すてき男子の前では、こんなん

d0152574_18502422.png




あー、かわゆーい

by qqpm6m89 | 2014-02-23 19:03 | スポーツ | Comments(0)

光の申し子



フィギュアスケートの光がみえた


男子も女子も、皆こぞって己の限界にいどんだこの大会

ときに五輪は当時のルール傾向なぞにより

安全な確実性や戦略が重んじられる

しかしオリンピックは選手が皆めざす最高峰の舞台なはず

より速く、より高く、より強く、を切磋琢磨する

だからこそ胸をうつ



芸術性が物言われるこの競技

ともすれば、芸術性のほうが重視されるきらいもあるけれど

フィギュアスケートは純然だるスポーツである

最高峰の技術なくして進歩はのぞめない

男子は完全な四回転時代に突入した

女子もいつかトリプルアクセルに挑戦する若い選手があとにつづくはずだ

息をのむよな美しさを追求し、

手のとどかぬ技術を習得し、

観るものの心をわしづかみにする情熱を目の当たりにさせること

今のじぶんより一ミリでも向上させようと

気の遠くなるよな孤独な時間にむきあえるひと

そういう選手たちのあつまるべき場所である




皆、五輪にふさわしくすばらしかった

美しく、強く、ベストをつくした

そのなかでも浅田真央選手のスケートは

なんというか・・・・、

すさまじすぎて、どう言葉にしたらいいのかわからない

「 腰が砕ける 」 という表現があるが

わたしは 「 首がくだけそう 」 な感覚になった

首ががくがくして、頭をまともにもちあげられないの

だのに目だけは一瞬たりともみのがすまいと、瞼もうごかない

バンクーバーで演じた大傑作・鐘、に匹敵する、超絶プログラムだ



ラフマニノフを演じるときの彼女は鬼神であり、闘神になる

ラフマニノフをすべりきれるのは浅田選手以外にでてこない、とまで感じさせる

それどころか彼女が過去つかったすべての楽曲は、

以後だれが舞っても色褪せてしまう

そういう凄みがある

彼女はつねにだれともたたかわないし、まわりの評価も気にしない

他者との競争がないのだ

唯一、じぶんと己のスケートとだけ向き合い、戦う

進化し、成長することだけをはげしく求めている

リスクよりも挑戦しかえらばない

だから同じアスリート達に尊敬され、感歎される

長年あれほどの大エースとして存在しながら

自己の印象をプロデュースすることすら興味がなさそうで

険もなく、不満もいいわけもなく、ただただ陽だまりのように真摯な自然体

スケートと、じぶん、ただそれだけ



現在も過去も、そしてこれからも

すばらしい選手は綺羅星のごとくおられるけれど

これ以上愛せる選手があらわれるのだろうか?

スケートの神にこれほど愛されたひとは、

申し子は、

浅田真央選手以外におもいうかばないから




まさに選ばれし 「 神の子 」 

彼女をこころから愛している、 愛している



d0152574_1315778.png

by qqpm6m89 | 2014-02-21 13:25 | スポーツ | Comments(0)

食べればいい



去年のバレンタインデイ

なんかこう、工作熱がわいてきて

明治かどこかの 「 子供用・手作りチョコの家キット 」 的なものを買ってみた

屋根には雪にみたてた白い生姜ボウロ

不評で、菓子缶にいれっぱなしになっていたやつだ

案の定、微妙な喜ばれかたで

いや、よろこび顔はフェイクで、

その証拠に、ながいことチョコの家は冷蔵庫の一角に手つかずのまま居座り続け

しばらくのちに、じょじょに崩壊していって

ばきばきに崩れたのを割ってちょいちょい誰かがたべる、というありさまだった




わかっている

もう毎年ずっとバレンタインというものはあるのだから

彼の好みそうなものはわかっていたはずだ

ホワイトチョコか、生チョコをあげておけば嬉しがるお人だ

がんばってお高いものを贈っても、

「 なんかこれ、ぬがぁとしてる・・ 」 とかいって、甲斐がない



最近の女性が、本命チョコより自分用チョコにお金をかける、というのも頷ける

気が付いているのだ

男子に上等チョコを贈っても甲斐がない、と

こんなちょっとで三千円すんのよ、五千円すんのよ、て

おもわずゆさぶりたくなるくらい反応が薄い

わかっている

相手の態度がじぶんの期待とちがったからって、どやこや言うのは




しかし九分九厘、男性は高級チョコに興味がないし

そんなら、やっぱり

興味ありありの女子がいただくほうが、

理にかなっている、というものではないだろか

そうよ、たべちゃえばいいのよ

by qqpm6m89 | 2014-02-17 23:56 | 贈り贈られ | Comments(0)

ダノンヨーグルト



先日朝、DANONEヨーグルトをひとつたべてみた


封をめくったら、

笑顔のイラストとともに、「 スマイル! 」 とふた裏に書いてある



なるほど、

きもちのよい一日のスタートをきれるよう

笑顔をさそう晴れやかな一文を各々記してあるのだろう

じつに良いはからいである



気分をよくして四個つなぎのうち、もうひとつをたべることにした

つぎのには



 「 ゴリラの学名は  『 ゴリラゴリラ 』 」



と、書いてあった

! 

そんなのいるかー?

朝のスタートにそんなプチ情報いるうー?





しかし、元気をもらう、をとおりこして、腹をよじるレベルとなり

朝から超ハイテンションになったことにはちがいない

ありがとう、ダノン

by qqpm6m89 | 2014-02-13 19:41 | 三度の食事 | Comments(0)

スカート教訓



わたしは家の中にいるとき

薄手のジャージー素材のスカートをはいている

厚いタイツの上からもすちゃっと着用できるし

ウエストがゴムだから、お風呂上がりなんかにはぐいっとお乳のうえまでひきあげて

ベアトップワンピ状態にする

伴侶からはきつく指さされるけど

腕やら首元やらにクリームをすりこむさいにとても具合がよいのだ




スカートを履いていることをわすれるぐらい軽やかで愛用しているものの

軽やかすぎて

お手洗いにいったあと、後ろの裾部分を引き上げたパンツとタイツのあいだに

知らず知らずのうちにまきこんじゃってて

しばらくのち気づいたら、尻むきだし、ってことがよくある

「 たまに 」 ではなく、 けっこうな割合でそうなっているのだ




こういう危険が身の回りにあるから

素材の繊細なスカートは、けっして外出着にしてはならない

あったとしても、

お化粧室で三度は確認してからでなくては扉をあけてはならない




という教訓を、この冬学んでいます

by qqpm6m89 | 2014-02-09 17:37 | 愛用品 | Comments(0)

ころころスタンド


里の母が、

叔母ちゃんが大五郎ちゃんとこにもあげてー、つて

これくれはったよー


と、あるブツをとどけてくれた

父の妹手製の、ころころスタンドだった

手製、というにはやや語弊があり

既成の完成品にデコってあるというもの

まるで、ギャルの携帯電話みたいに華々しい

泣けるのが、

きらきらのデコストーンだけでなく

ところどころ、花の蔓っぽいのが色ペンで手書きされていたりする

ちょうだいしたときには

じつにぎょっとしたものだけど

世の母さんたちがご近所のお友達とつれだって

どなたかにおしえてもらって

カルチャー教室的なほのぼのさでこしらえてくれたのだろう

かわいいね



しかし、ながいことうちのコロコロは

シールの部分だけをパカッとかぶせてあるケースだったが

このスタンドってやつはなかなかつかえる

片手でしゅっと出せて、しゅっとしまえるものな

叔母デコスタンドは

今やうちではけっこう重用されるアイテムになっていた





by qqpm6m89 | 2014-02-08 11:42 | 贈り贈られ | Comments(0)

丈夫切干



さいきん気に入っているスーパー、八百一本館

さすがに野菜が新鮮だし、物めずらしい種類もあるし、センスもよくって

はいっているお肉屋さんもおいしい

うちからは片道一時間弱かかるんだけど、運動不足解消をかねて自転車を走らせ

まわりのひとには、

気が狂ってる! とあきれられいる






そのなかでも値打ちがあるのが、意外と切干大根

なんとまあ、丈夫そうに育ってアンタ~


一般のものにくらべて、とても肉厚で幅も一センチ強はゆうにある

すばらしく噛みごたえがよいから

そのまま即席の浅漬けにしたり、牛肉なぞと一緒に炊いても

じつにしっかりしていて存在感は半端でない

水でもどすのも、一晩どころか丸一日はかかるけど

ざるにあふれた完成系はやや小太りの老人が、

むきむきテラテラのボディビルダーに変身したよな風情である




これほどパーフェクトな切干大根だけど

唯一の欠点は匂いだ

買いもの袋にいれていても、バスや人ごみなぞでは異臭を放つし

ぜったい、自転車で激走しなければ足がつく

お台所で水戻し中なんかは、家の中はアンモニアッぽ気臭で充満していて

午前中に宅配業者さんなんかがこられたひには

はずかしゅうて、はずかしゅうて

「 あそこのお宅は・・・ 」 なぞと

ものすごいレッテルを貼られていそうで、おののかずにはいられない








by qqpm6m89 | 2014-02-05 11:30 | 三度の食事 | Comments(0)

「 まだみてる 」 問題



だれかがテレビをみていると

うたたねしているので

というより、もうマジ寝だから

ほかのだれかが、チャンネルを替えたとする




すると途端、

「 まだ見てるから! 」

「 まだ起きてるし! 」

なぞと、九分九厘ストップがかかる

とくこの寒い季節、日本中のいたるところでおこる現象であろう




先日の我が家、


「 目はとじてるけど、  耳だけは動かしてるし! 」


と、斬新な反骨心がかえってきた




耳だけ小刻みにふるわせてまで手ばなしとうないのか

もはや目当ての番組も終わってるその画面を








by qqpm6m89 | 2014-02-04 10:22 | 思い出 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧