お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2013年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヒノヒカリ



先日、 「 バタトーストってほんとおいしいよねぇ 」 なんて

ほめちぎっていたわけであるが

そしてそれはなんの裏心もない本心であるわけだが

ごはんとくらべると、その溺愛ぶりにはとたん雲泥の差がうまれる



たとえば、

「 きょうから三年間、ごばん (パン) は食べられません 」 と法律で決まったりする

すると、たとえばそれがパンであるならば

「 ・・・・そうかあ、やだなあ、ぜったい食べたくなるよねー 」 と、うらさびしい

麺ならもっといやだけど、無いならしょうがない、って慣れることもできそう

しかし、それが米ならば



「 うそ!・・・・・・・ 

( 哀しむ )→( 怒る )→( 落ち込む )→( 急に嗚咽する )→ 生ける屍  」



みたいになるだろう

思っただけで、涙がでてきちゃう

ああ、かんがえたくない





という、米愛にふさわしく、おいしい新米もぞくぞく登場

秋っていいわね

いつもは、実家がおねがいしている農家さんのお米をおすそわけしてもらっていて

どこで買うのより美味しくて、いつもたっぷりいただくから、お金をわたそうとするも

「 お米くらいで水くさい 」 と、母親に毎回ことわられる

それはとてもありがたいのだが、ちょうだいする立場でいると

必要なときに声をあげにくいのもたしか

親の感覚からすると、まだ無くならないだろう、という日数でも

米食いのうちでは、とうにスッカラカンってばあいもおおく

となると、運んでもらえるネットなぞで、つなぎ用に買うことになる

そのたび、いくら評判のよさそうなものを選んでも

ふだんとお味のちがいにがっかりして、がまんしてがっかりしながら食べきるのだ




そういうわけで、いつもは銘柄はかんがえたことないのだけど

はじめて、ヒノヒカリ、という品種を選んでみた

以前、マツコのテレビで 「 個性が立ち過ぎず品がある 」 と言っていたからだ

それは大事だ

常用にたべる飯というのは、いや、なんでもそうだが目立ち過ぎると品がなくなる

内田百閒先生も言っているではないか

「 常用のものは旨すぎてはいけない 」 と




はじめてたべたヒノヒカリは、じつにその期待にこたえてくれた

艶々でたいそうおいしいのだが、ねばりも強く無く、さらさらとのどを通る

家飯として、脂ぎった時期をすぎた世代として、

じつに最適なお米だと感心した
by qqpm6m89 | 2013-10-30 17:54 | 愛用品 | Comments(0)

カルピスちがい




このところ、トーストをあまりたべなくなっていたので

しぜん、バター選びにも手をぬいていたのだが

ある日、いきなり食べ始め

毎日、一食はバタトーストをかじっている



そういうことなので、

ひさかたぶりに、 「 カルピス特選バター 」 を購入した

ふだんは、スーパーの安売りをねらって300円~400円くらいのを買うているのに

一箱、1500円くらいするそれは、

わたしの伸ばした手をガクガクふるわせる

しかしいいじゃあないか

わたしも、もう青臭い若者ではない

日々のささやかなバター代くらいケチらず

お年寄りのように大事にされたっていいじゃあないか、そうだろう?




とかいうて、冷蔵庫におさめる

夜、団欒のさい 「 カルピスバター買ってきたよ 」 と、軽口をかわすと

いがいなことに

「 ぼく、カルピスバターってあんまり好きじゃあない 」 とか言いだす

どうしたのかしら  たしか好物だったはず

ははん、まてよ

そういえば何カ月か前に、子供向けっぽいカルピスマーガリンを買ったことがある

それはそれで美味しかったけど、やっぱりちょっと甘くてお菓子風

常用のトーストには合わなかったかも




そう、

たぶん彼はそれとはき違えているんだと思う

しかし、御当人が食べたくない、というのだ

無理やり正すのは、おせっかいというものではないか?

無理くり、つまびらかにするのは野暮というものではないか?

己で気づく醍醐味をうばってしまうのではないか?



たとえ、 「 おもいちがい 」 だとしてもな

ふふふ

by qqpm6m89 | 2013-10-29 10:31 | 三度の食事 | Comments(0)

よぎる



ごく、ごく、たまに

ふたつに並んだ、虫さされあとをみつけたとき





うそ!・・・・・・、吸血鬼的なものに・・・・・






と、毎回よぎる

もう、何十年も生きているけれど

かかさず、まいかい、心配している








by qqpm6m89 | 2013-10-25 10:03 | 思い出 | Comments(0)

土産チョイス




ここんとこ、

旦那さんがお友達から、つづけさまにお土産をいただいてきた



・ 千枚漬けたくさん

・ 勝ちだるま  ( 目ぇ、書きいれるやつ )




男のひとたちの、みやげ選びっておもしろい








by qqpm6m89 | 2013-10-23 11:40 | 贈り贈られ | Comments(0)

あご養成機



スーパーで、

とても立派な豚肉のかたまりがお買い得になっていた

こりゃあ、いっちょう、この肉塊をじゅわっと焼いて、

トマトと香野菜と葡萄酒でじっくり煮込んだらおいしかろう、と、かんがえる



夕餉、

ほんとうは、たべやすいようにスライスして、ソースをからめたほうが

見映えもよいのだが

肉塊を豪快に半分に切って、汁をかけて、どーんと一人分ずつの皿に盛り付けた

最初、家族は

「 わ! なにこれ? マグロの頭? 」 とか言っている

ばかねえー、まぐろ頭なんて乗っかる巨大皿なんてうちにはないわようー

とか、ほほえましく、卓をかこむ



味はおいしかった

お味はなんの問題もなかった

しかし、おそろしく、歯ごたえがあった

「 肉、命がけでひきちぎる 」 ってかんじの夕飯だった

あごの育成にすばらしい成果をだしそうな夜だった




現代社会でもんだいになっている、若者のアゴ弱体化に

おおきく、一役買いそうな矯正食品といえるとおもう

by qqpm6m89 | 2013-10-19 11:31 | 三度の食事 | Comments(7)

食べずとも




秋の美味いものといえば、りんご


味わわずとも、

まな板の音でうまさがわかる


シュタタン!


と、ひびけば、実のしまったおいしいやつ




シカタタン、もいいし


カリッシュタン、も良い


最上級は、


ジュカリッスタン だろうか


聞いたことないけど、


どこか、蜜をたっぷりふくみつつ、固太りした、極上の秋の実の予感

by qqpm6m89 | 2013-10-16 20:34 | 三度の食事 | Comments(0)

拍子抜け




朝、けっこうな頻度で、アボカドをたべる

バタトーストに、アボカドの切り身をのっけ、オリーブオイルをたらすのだが

「 牛の乳バター 」 「 森のバター 」 「 植物油 」 のトリプルで

油、油、してるかんじ

ときおり、カロリー的に、ぞわっとなる




という、乙女な心配は置いておいて



アボカド、というと、全体の半分くらいを占めるおおきなタネが特徴

その立派さゆえ、

ちっ、と思うこともあれば、おお!と感心することもある存在だ

しかしたいがい、「 タネ、場所とりすぎー 」 なぞと疎ましがられることがおおい



先日の朝、

いつものように、包丁をいれたら

思いのほか、

というより、想像もしていなかったくらいに小さい種があらわれて

身の分はひじょうにお得だったけれど、

なにか、なんだか、拍子抜けして

やっぱりアボのタネは、いまいましいくらい大きくないと

「 らしく 」 無いなあ、 と独りごちた
by qqpm6m89 | 2013-10-13 15:31 | 三度の食事 | Comments(4)

ベリッシモさん




夜、晩ごはんにありつくため、

御池通りから河原町にむかってあるいていた

すると、どこか気にかかる男性があるいていらっしゃる

後ろ姿と、斜め後ろと、横顔くらいしか拝見できなかったが

すっと伸びた姿勢と、容姿は外国のお方のよう



外国の方といっても日常茶飯事のようにみなれているご時世だから

なんら気にとめるまでもないのだが、その方はどこかちがった

たったお一人で、カバンも持たず、ゆっくり、じつにゆっくり歩いておいでだからだろうか

それに、とても楽しげである

どなたかに似ているな、と考えていたら

テレビでお見かけする、料理研究家のベリッシモさんによく似ているかんじ

彼は、「 かわいげのあるハンサムさん 」 で、みていてとても好ましい

イタリア男性は、おしゃれでモデルのように端正な顔立ちの方が多いが

お国気質なのか、皆、とても人懐っこい笑顔にくずされるのがよい

とくに彼は、少し東洋の風貌もかんじさせるお顔立ちなので、

よけい親近感が増すのだろう

でも、きのうみた方の斜め前姿は、目の色も印象もかなり欧州人っぽい

ちがったみたいね




で、そのあと、ごはんをたべながら

「 さっき、交差点で隣になったひと、ベリッシモさんに似ていたねー 」

なんて話をしたら

「 本物のべリッシモさんだよ 」  と、気配にすぐ気付く夫が言った

ていうか、よく気付いたね

僕とちがって鈍感なひとなのに   とか、失礼なことも言う

たしかに、私は今まで超・有名人にもまったく気付かない人間だった

ことごとく、あとのまつりタイプ

きっと皆さん、オーラを消されるからだろう



ベリッシモ・フランチェスコさんに気付いたのは、

かなりゆっくり悠然とあるかれていたことと、陽気なオーラが発散されていたせい

でも、やっぱりみまちがいかもよー

なんて、帰宅後半信半疑HPをみてみたら、やっぱり丁度京都にいらしたみたい

テレビどおり、実物もすてきだったわ


d0152574_10574383.png

by qqpm6m89 | 2013-10-11 11:07 | すてきー | Comments(2)

おママ対抗歌合戦




もう、書き飽きた感もある、贔屓の番組 「 五時に夢中 」

月・火・木と、たのしく拝見している



拝見しているが、たまらなく歯ぎしりしたくなってもいた

理由は、のこり15分

最近放送が開始された関西は

新参者への見せしめか?

後半の15分が放送されずに終了する



その、のこり15分に、

なんかそそるコーナーもあって、口惜しゅうてたまらない

頭のよいイケメンがいつも食べている特集の 「 かしこメシ 」 とか

「 社長夫人とよばれて 」 とか、 「 お高くとまリッチ 」 とか、じつに気になる

そういう中でも、一等琴線にふれるのが

「 おママ対抗歌合戦 」

スナックのママたちが披露する戦いらしい

「 おママ 」 って響きもイケている





あー、  のこり15分、放映してー

by qqpm6m89 | 2013-10-09 18:01 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

マツジュン



テレビをみていたら、嵐の松本潤さんが登場され

黄色い声が四方八方から飛び交った

ものすごい人気

この方、ほとんどの日本女性の愛を一心にうけとめているのでは?

と思えるほどの大歓声



ふつう、世の男子は、ちょっとでもクラス女子にモテようと

前髪を必死に気にしたり、

走るのがはやいところをみせようと無駄に猛ダッシュしてみたり

貯金箱をわって人気のセレクトショップでTシャツを一枚買ったり

ギターのケースを持ち歩いているけど中身はヨネスケの大しゃもじだったりするのである

そのくらい涙ぐましい努力をしている

だのにマツジュンは、存在しているだけでギャー!

右むいただけで、ギャー!

尻もちついても、ギェギャー!

不公平である


d0152574_10503333.png



そういうアイドルを背に、

世のふつう男子がいる我が家をかえりみる

家族内でよくやりがちな、

冷やかしやら、からかいやらの、120%答えがわかっている質問を振ってみた

「 ねえ、マツジュンに似てるっていわれたこ・・・・・ 」

「 ある! 」


問いもそこそこに、すごい喰い気味で答えをかぶせられる

うそをつけ!

そんなん聞いたことないわ





「 言葉では聞いたことないけど、皆、そう思うたはるのは知っている 」

と、すごい答弁

「 言葉では聞いたことないけど 」  って、やるわねあんた

しかし、人が自分で自分をしあわせにするための最強の術ともいえる

by qqpm6m89 | 2013-10-08 10:42 | テレビや映画やニュース | Comments(6)


カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧