お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2013年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

代用品



むしょうに、ビタミンCを

むしょうに、欲し、



しこたま、苺を食べてやるぜ、と

八百屋へはしり

なんなら、五パックくらい買っちゃうぜ、と

腹をくくったが



店先には、パイナップルの玉がひどくお買い得になっていて

目先の得にかまけて

苺でなく、パインを四玉買ってかえってきた



言うてもこれもビタミンC、と

ズッパリ、ザクザクにカットして、容赦なくたべた

さすがに四玉はいけなかったけど、

盛大、たべた





たしかに 「 C 」 は採れたはずだが

口内は、いまだかつてないほど、ひりひりしているのです

by qqpm6m89 | 2013-01-30 19:01 | 三度の食事 | Comments(2)

ゴールデンボンバーさん



邪気にあふれたわたしは

邪気のなさ、というものに憧れ、愛していて

邪気のない人の選定には自信がある

今までも、 「 江頭2:50さん 」 「 岡本夏生さん 」 「 浅田真央選手 」 等

ほんとうの天使ちゃんたちを挙げてきたが

最近、そこに加わりつつあるのが、ゴールデンボンバーさん



こと、病にふせていたときは、

この邪気のなさを手元におくことは重要で

風邪っぴき中、彼らの新曲動画をみながら、心身ともに浄化してきた




芸人さん、アスリート、ミュージシャン、表現のしかたはそれぞれであっても

彼らをみていると、

とても清んでいて、真摯で、一心で、まぶたが揺れてくる

ほんと、しぜんと浄化されてゆくかんじをうけるのだ

ふしぎね

ちゃらくてもいいじゃあない

こういうとき、かならずしも高名なクラッシック音楽や文学、芸術は必要でないのね






ゴールデンボンバーさんの新曲 「 Dance My Generation 」

とってもよい曲

とってもよいダンス

とっても一生懸命

d0152574_22232395.png

by qqpm6m89 | 2013-01-28 22:39 | すてきー | Comments(0)

超・〇〇



夫婦そろって風邪をわずらい

じつに辛気臭いかんじで、よぼよぼとなっている




そこであらためておもうのが、健康の大事さ

何が大事って、

体調のわるいときって、「 おわっ! あたし、超・ブス!!」 と

鏡をみるたびひっくりかえる


よく、病床の身でありながらうつしい人っていなさるけど

ああいう方は、元が超・美人なのだろう

ふつう人であれば、まちがいなく、超・ブスからは逃れられるまい

そのくらい、健康って大事




と、健康の大事さを語るには、

いじましい例をあげてしまったが

病中は、味覚もおおきく変化する



しばらく、おかゆとか、おうどんとか、果物とか

あっさりしたものばかりたべていたから

旦那さんが、 ひさしぶりにピザとかたべたいよ、 といいだした

で、宅配さんでデリバリしてもらって

ビザのほかに、ピザの生地の上にフルーツジャムとかチョコとかがトッピングされた

デザートっぽいものがあって、それも注文してみた

久しぶりのピザは、

おいしかったけど、すぐ・・・もういいや、となったし

はじめて頼んだ甘ピザは、あまりの甘さとくどさに気絶した

健康なときなら、ぺろりといけたのかなあ




ようするに、

病のときは、

超・ブスで、超・甘 であるという話

by qqpm6m89 | 2013-01-25 12:16 | 思い出 | Comments(0)

男女比



うちの家族はわりあい丈夫なほうで

そのなかでも、わたしが一日寝込む、というのは

年に一度あれば多いほうだといえる




先日、その時がやってきて

寝る間際に、きゅうに胸がむかむかしだした

夜中に一、二度嘔吐をともなって、つぎの日丸一日布団でじっとしていたら治った

翌日から、彼に感染したのかなんなのか

風邪の症状がひどくなってきて

今日で三日寝込んでいる



体調をくずしたとき、男女の主張度にはすさまじい差がある、と

えみちゃんねるで、上沼恵美子さんがおっしゃっていたが

まさしくむべなるかな



もちろん、しんどそうで可哀想にはちがいないが

なんというかアピール度がはんぱなく

必要以上な咳の大きさとか、溜息とか、

さっきまで寝室で、テレビの上島竜兵さんとかみてワハハと声がしてたのに

女房が戸をのぞくと、とたん、「 はぁぁぁぁ・・・」 とかニュアンスを醸し出す

笑かす~




女性の場合、

一刻でも早く治さないと、自分にもまわりにも、日々の暮らしに不備を生じさせることが多いので

布団のなかでじっと丸くなり、

水分だけをたっぶりとって、野生の動物のようにだまって回復をまつ

「 だいじょうぶ? 」 とたずねられても、言葉少なく 「 ・・・ふぅん 」 で終えるから

しぜん、儚げで同情を買いやすいのだとおもう




なので、男性の過度な 「 しんどいアピール 」 は

言うてもせんないことであれば、しないにこしたほど大事にされると思うのだが、どうだろう

なんかへんなコメディみたいになってるし





上沼さんが、


「 男の人は、熱が37度5分でたら遺書を書きだす勢いだ 」


と、おっしゃっていたのも、あながち外れてはいなさそうね!











by qqpm6m89 | 2013-01-22 15:04 | 思い出 | Comments(4)

葛きり



鍵善さんのくずきりというと、子供のころから贔屓にしているが

この涼やかな甘味は、

いがいと夏より、真冬にたべるのがおいしいように思う



きびしい外気にふれた赤いほっぺが

店内の暖房でゆるみ

おおきな器のなかで、おおきな氷片を 「 かろん 」 と箸でゆらす瞬間がよい

春の氷山のよに、ゆらぐ氷のあいだを

反物がそよぐようにもみえ

はたまた、妖怪・一反木綿がゆらゆらしているよにみえるのも、おかしみがある




たくさん食べたがりのわたしに

葛切りの量は、ほんのぽっちりだし

葛と蜜だけで千円弱というと、なかなかの高級ものではあるけれど

ゆったりした店内は落ち着くし、

やっぱりあの 「 かろん 」 という響きは、なんやしら魅力的なのである


d0152574_11322128.jpg

by qqpm6m89 | 2013-01-18 11:38 | お店 | Comments(4)

似てる問題



わたしは、オネエ系の方がだいすきで

テレビで彼女らがでなさると、がっちり観る

そのなかでも、クリス松村さんはだーいすき



先日、

なにかの番組で 「 整形 」 の話題になって

海外の芸能人以上に整形度の高そうなオネエたちではあるけれど

まったくそれとは縁のなさそうなクリスさんがやり玉にあげられていた
d0152574_11383890.jpg

「 してるだろ!」 「 してないわよ!」 「 ぜったいしてるだろ!」 「 してないわ!」

「 シワをふやす整形、ぜったいしてるだろ! 」


とか、言って




たしかにクリスさんは、皺というより、筋が多いようには思う

で、後日、

英会話のコマーシャルに出ている伊勢谷友介さんをみて、また思う

やっぱり、なんか、似てなさるわ~

d0152574_1512057.jpg


容姿端麗でしられる俳優さんだが

「 すじ 」 の感じは、日に日にクリスさんとかぶってゆく

まだお若くて、それほど目立たないサッカーの本田選手も、ゆくゆくはクリス系統

クリス松村系のハンサムさんたちは

スジ問題とは、永遠に切っても切れぬ運命なのであろう

by qqpm6m89 | 2013-01-16 11:44 | テレビや映画やニュース | Comments(12)

ラザーニア




ふだん、しんきくさい献立一辺倒を食卓に提供しているわたしであるが

ひさしぶりに華やいだ夕餉にでもしましょうか、と

ラザーニアなぞをメインにしゃれこんでみる

舶来風の皿をかこみ、葡萄酒なんかもあけたりして、いきってみたりして




女房手製のラザーニアをつっついていると

家の人が話し出した





ラザニアを食べるとおもいだす

十代のころ、MTBをかついでカナダへ行ったとき、

とちゅうで仲間とはぐれてしまった

当時は海外でつかえる携帯電話なんてなかったから、

だだっぴろい田舎町で

連絡もつかず心細かった

そのうえ、風邪までひいてしまって余計にね

ホテルから風邪薬を買いに外へでて

ダイナーで夕食をとることにした

映画にでてくるよな、お客もすくない古い店で

ぼくは、ラザニアを注文したよ

おいしかったか、まずかったかはもうおぼえていないけど

料理をたべて、薬をのんで、ベットにはいったら

翌朝には元気になっていた

ラザニアをみたら、いつもあのときのことをおもいだすんだよ





と、めずらしくしんみり語り続けていた

そうね、

きっと、まだ少年だった彼は、

迷子になった子犬のように淋しかったんだろうな

by qqpm6m89 | 2013-01-14 16:00 | 三度の食事 | Comments(4)

野に咲く花



ニュースをみていると

ミスタードーナツのポン・デ・リングも早や十周年だという

もはや不動の地位を獲得していて

華々しくデビュウし、落日の味をしることもなく、生涯スターのままで生きるのだろう

そういう子だ、あの子は


あー、たべたくなってきた

d0152574_1075870.png


で、そのプロモーションに、時の人マツコなぞとまじりダンディ坂野さんもいらっしゃる

で、先日の 「 うまスギちゃん 」 とおなじ匂いのする



      「 あけましてお正ゲッツ!」

      「 モッチ! 」    ( もはや、ちいさい 「 っ 」 しかかぶっていない )



なぞのギャグを連発されていた





あ~、おちつくわ~

こういう野に咲く花のよにつつましやかなギャグって、ほんとだいすき

d0152574_13123092.png


by qqpm6m89 | 2013-01-13 10:11 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

うるわしきかな



先日、仲良しさんとふたりで新年のお食事会を催す



溺愛しているお店にひさしぶりにお伺いでき

すばらしい料理はもとより、

女同士というのは、更におしゃべりが一層のスパイスとなって完璧になる

それにまあ、

新春にふさわしく、同行した方のお姿とお着物のうるわしさよ

おいしくて、たのしくて、うつくしい、  ってこの世の最強じゃないか





しかし、こうやって同世代の女性とご一緒すると

日々、山奥で浮世離れ暮らしをしてるよな 「悟ってない仙人」 っぽい己に愕然とした

世の皆さんはは、しっかり自己を確立し、家を確立し、

社会的な地位や交わりも確立なさっている

それはきっと、まっとうに生きる、という地道な毎日の積み重ねからだろう

社交というのは、ほんとうに勉強になる

じぶんの足りないところや、めざす光が幾つもみえてくるものだからだ




わたしも、

アパートの中や、道々で妄想ばっかりしてないで

ことしは色んな方々と交わってゆきたいものだと、

別れ際にいただいた、ミディアプレミディの上等菓子をほおばりながら

新年の抱負をかためた

by qqpm6m89 | 2013-01-11 21:55 | 贈り贈られ | Comments(0)

わたしクラス


わたしは、

家庭のなかに限ってだが、いやらしい大口を叩くほうで


だいすきなスポーツ観戦(テレビ) にしても


「 わたしクラスになると、一流選手の試合しか見たくない 」


なぞと言い放ち、

家の人の趣味の競技の試合なぞにもまったく興味が無い

「 わたしクラス 」 といいつつ、

サッカーのオフサイドとか、野球のツーシームとかも今だ何の事かわからない




女性がだいすきな占い、についても

   
「 わたしクラスになると、ほとんどの流派は網羅している 」


と、言い放ち

そのじつ、おとめ座の次が何座だったのかも、しょっちゅう思い出せない





お笑いなぞにいたっては


「 わたしクラスになると、笑いの種を見抜くセンスは人後に落ちない 」


と、家族にはずかしい自慢をし

じぶんが認めない面白さは、もはや 「 面白くないものだ 」 とまで言い切る

去年活躍されたスギちゃんの代表ギャグなぞは

失礼ながら、まったく 「 くすり 」 ともしないもので

うけるどころか、あの場面になるとチャンネルをかえていたくらいだ

そのくらい、彼に対する評価は低かった




しかし先日、なにかの番組で評判の料理をひとくち食べた後、


「 うまスギちゃん 」


と、仰っていたギャグ ( かしら?) が、むしょうに面白かった

じわじわ効いてきた

効いてきたというと、思えば伏線があって、

年末、流行語大賞で表彰されておられたとき

並んだ皆さんの中で、ダントツ小柄だったのを目撃したときから効き始めていた気がする

あのときはじめて、ほんとうの彼を見た、的な



「 うまスギちゃん 」 にやたら反応している女房に

ふだん、大口をたたかれている夫は


「 大五郎ともあろうクラス ( ←皮肉っぽく ) が、それにウケますか?    」



と、伴侶の能力をあざけるよな態度で応戦する

ほんとうのところ、

当時は私自身も、このフレーズの面白さが本物なのか

それとも、一時のタイミングだったのかは判断できていなかった

しかし、家に一人でいる時

お八つをたべて 「 ・・・・うまスギちゃん 」 とつぶやいてみたら

やっぱり、なんとのうじわじわ面白くて




我が眼力に一点の曇りなし!   とも、感じはじめている


 

     
by qqpm6m89 | 2013-01-08 19:58 | テレビや映画やニュース | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧