お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2012年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ゆとり大晦日


ことしの師走は、スタートダッシュに成功し

けっこうはやくに、年越しの準備もすませ

追われる思いをほぼせずに、ゆとりの年の瀬をむかえている



もう、まあまあ暇で

この大晦日は、ダウンタウンはビデオにとっておき

蕎麦でもすすりながら久しぶりに紅白歌合戦でもみようか、なんて算段する


すると、朝

義父から電話があり、今晩みんなで食事にいこうよー、とお誘いを受けた

すてきなことだが、 あすの朝も大人数で一緒にお節を祝い

たぶん、お昼も一緒にかるくいただき

元旦の夜は、おなじメンバーで新年の会食の予約がいれてある


で、二日は、わたしの実家でのべつまくなしに正月御膳を三食


三日は、知人のお店へ



以降もたぶん、松の内までは社交的な匂いの食事がはいるだろう

へしこでお茶漬け、なんて、胃を休ませる機会は少ない気がする

となると、女性の悩みは、ふっくら度に拍車がかかる現実におびえる日々

いや、

今回はゆとり師走のせいで

本番の前からすでに、むちむちにムチっている私であった




皆さまことしもお世話になりました

うるわしいお年をー ( むっちり )

by qqpm6m89 | 2012-12-31 10:59 | 思い出 | Comments(2)

流行語大賞的に

【投稿キャンペーン第1弾】2012年一大ニュース&カウントダウン2013!


今年もあと三日、

おおまかな用事もめどがつき、余裕をもって年越しをむかえられそう


人間、ひまになると

けっこう、どうでもよいことを考えがちで

その最たるものが昨夜よぎる


「 ことし、なにがいちばんコメディだったけなあ・・・・ 」


ふだんの日常にも綺羅星のごとく、多々あったけど

ここはひとつ、テレビのなかにしぼってみたい




こういうものは、今年の流行語大賞とおなじで

後に出てきたもののほうがだんぜん有利だ

そのなかでも、ぶっちぎりのトップ争いが、「 武井 壮 」 さんと 「 小出水 」 さん

武井さんは、存在自体が狂気的なおもしろさだったし

シャンプーハットのこいちゃんの息子の話は奇跡的だった


武井さんについての説明は、もはやいわずもがな

d0152574_11115414.png


一方、小出水さんの話とは


  「 休みの日、 何気なく子らが遊んでいるのをみていた

    娘ふたりは、ゲームをしていた

    長男は輪にはいらず、ちょっと離れて、立ったまま、ただみている

   『 なぜ、おまえはゲームをしないのか?』 ときいたら

    悪いことをして、母親にゲーム禁止と言われたらしい

   『 ふーん、 で、いつまで禁止なん? 』 てたずねたら



    一生、     だと答えおった   」   
  



もひとつ


  「 女の子はやっぱり、クリスマスプレゼントには

    プリキュアとかのドレスをほしがる

    あんまりさわがしいので、娘ふたりに用意した

    クリスマスの朝、居間に出てみたら

    プリキュアの衣装をきた長男が、


    鏡のまえに立っていた     」





これらのデットヒートで、

武井か、こいちゃんか、こいちゃんか、武井か!・・・  で、相当なやんだが

最終的には、



こいちゃんの勝ち~

d0152574_11112625.png
 




世間はせわしない年の瀬に、

ほんと、どうでもいい超・真剣選択

by qqpm6m89 | 2012-12-29 11:26 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

渋柿の甘煮


先日、市で買った柿がぜんぶ渋柿だった

きっと説明をうけていたのだろうけど

ぽうっと生きているわたしにとっては、もはや記憶も定かでない




さいしょ山盛りの柿をタッパで保存しておこうと、全部むいて一口大に切っておいた

で、さっそくお八つにつまんでみたら、おそろしく渋い

甘いけど、甘みのあとに猛烈な渋みがきて

口内の粘膜はしわしわだ


しかし、捨てるには惜しい量で

なんとかならないか、と調べたが

ジャムなぞに炊いても、加熱でさらに渋もどりがくる、と、おそろしい記述

ためしてだめなら、加えた大量の砂糖やはちみつなぞも無駄になるし

どちらの道を選ぶか、ひどく迷ったが

やっぱりそこは締まりやで命知らずの主婦

食べ物を粗末にするなど、ましてや、この年の瀬にゆるされないことである



で、もっと真剣に調べたら

たんぱく質を加えたら渋味がおさまるらしいので

ジャムの工程にバタを加えてみる

レモンカードなぞにもバタははいっているし、おかしくはないはずだ

したら、それまで 「 加熱でしぶさ五割増し~・・ 」 とのけぞっていたものが

かなりまろやかになった

少々の渋みはまだ健在だけど

さらにたんぱく質のヨーグルトとミックスすれば、まったく問題なく

果肉たっぷりの甘物できあがり




主婦のド根性が勝利した年の瀬

by qqpm6m89 | 2012-12-28 14:09 | お八つ | Comments(2)

むべなるかな



女性と男性の共感能力、というのは、おおきな差があって

こと、贈り物のさいには表面化する



たとえば、先日

聖夜の日に、竹馬の友たちから小包がとどいたが

どれもこれも、「 わかってるぅ 」 であり 「 うそ! こんなんあるんだ 」 な

女心を昂ぶらせるものばかり


いや、それは同性同士だから通ずるものでしょう、との意見もあるだろう

むろんそうともいえるけど

じゃあ、果たして、男性が男性に贈るものが

女性同士のそれとおなじくらい、喜ばれるレベルに持っていけるか、というと訝しい

ましてや趣味嗜好が異なる相手だと、もっとむずかしいはず

全国共通唯一無二の安全パイは、エロ雑誌、エロDVDくらいしかないだろて


その点、女同士の場合だと、

全方位から、さらに喜ばれるか、少なくとも一定の喜びラインまではクリアできる

それはきっと、

贈り物をするのがすきだから

よろこんでくれるかなー、なんて考えること自体が楽しいから




というわけで、男性にたいしてもそういう感じで接したい

日頃の観察で、欲しそうなもの、似合いそうなものをこっそり選びたい

が、当の男性はやっぱり欲しいものがほしいらしい

たしかに私達が、

共感性の低い男子から、へんな造花のコサージュとかもらうなら

好きなものをリクエストした方がいいわー

なんて、傍若無人な理屈をふりまわすことにも問題がある

じぶんでえらびたいなら、

相手が内緒でえらんだ 「 鮭をくわえた木彫り熊 」 なぞにも文句を言ってはならない



たしかにそうなんだけどー

女の能力を信じて、(こっちだけ)まかしてほしいわー




て、家庭内で物申すと

彼は、わたしのまったく想定外の 「 上等車輪 」 を希望していて

それ以外いらない! とまで言う

彼曰く、

そういう一か八かなチョイスで、贈り合うのは

はずれたとて痛くもかゆくもない

「 IT関連なぞで当てた一夜にして大金持ち 」 がすればよく

実直な庶民は、必要で欲するものをちょうだいするのが真っ当である



と、語る





た、たしかにそうなんだけどー

by qqpm6m89 | 2012-12-28 10:27 | 贈り贈られ | Comments(0)

白ねぎ三本



夫婦もながくなると、

誕生日やら、クリスマスやらとて、そんなにお高いもののやりとりはしない

たいがい、つつましやかに 「 白ねぎ三本 」 的なほほえましいものである

だが今年は

愛用の電動自転車の電動がこわれて、幾歳月

一年弱、電動のないまま、ものがなしい体で健気に走ってきた

彼はかなりそれが気になっていたらしく、

スポーツタイプの洒落た自転車なぞをあたえてくれていたのだが

そういうものはスカートでは乗りにくい

もう十年近く、ズボンをほとんど履いていないから



で、当の本人は、もう慣れた、というか、

ただの自転車にもどった、ってだけだから

傍からみたら気の毒がられる 「電動無し」 も、女のふてぶてしさで平ちゃらで

まあ、べつにこのままでも~  的な境地に入っていたの



したら、デリケイトな男心のおかげで

クリスマスプレゼントにどうか、と提案してもらった

おもいがけず白葱三本、から躍進

となると、

いや・・・自転車もいいけど、ロボット掃除機もほしいのよね・・・ とか考えだす

ロボット掃除機って、なんか可愛いじゃあない




しかし、まあここは

伴侶の気持ちもくんで、電動バイシクルをいただいておきましょう 

パンフレットをみてると、今日びのやつは進化しててお洒落なのも多く

でも、これいいな、と思うと、かなりな高額

日本女性の奥ゆかしさで、お安い目のものをリクエストしておいた

我ながら、己の大和撫子さに酔いしれる・・・・ 


酔いしれるなら辞退しなさいよ、ってとこだが、そこは女




納車は年明け!

ニュー大五郎で、スピーディに、広範囲に、一年を疾走します

by qqpm6m89 | 2012-12-26 11:08 | 贈り贈られ | Comments(4)

せんべいイヴ


メリークリスマースおめでとう



今年のクリスマスは、

24日は家の人が出張で、たぶんおそくなるだろうから、と

25日の夜に祝い膳でもしようか、と段取った

したらイヴ、おもいがけず早く、八時頃にはかえってきて

けどもちろん、鶏の丸焼きもケーキもないし、クリスマスらしきものは何もない

唯一、飾り棚にサンタのマトリョーシカちゃんが立っているだけだ

なんとなく、呆然


まあ、しかたないので、テレビみたりアイロンかけたりしながら

思い思いにふつうの夜をすごす



途中、彼がお八つをたべだした

最近、やたら気にいっているらしい祭りの露天系たこせん

本来は、せんべいにソースとマヨネと揚げ玉に目玉焼き、が乗った駄菓子だが

きのうはソースとマヨネだけをせんべい二枚でサンドしたものを食べていた

聖夜にえらいもん食べてるねえ、 とあきれたものの

なんやしら美味しそう

ちょっと貰ったら、なかなかイケていて

で、 「 おかわりー!」 つて、もう一枚注文する

生意気だなあ、と、にやにやしながら作ってくれた    ちょっとうれしそうだったわ




清貧をとおりこし、

むしろクリスマスにはなんの引っかかりもない、ひとときだったが

「 想いやり、与えあう日 」 という意味では、あながち外れていない気もする




しょせん私も彼も、カトリック信者っぽい教育をなんとのう受けたのは幼稚園のみで

あとは、典型的な 「 クリスマスだけ浮かれる派 」

そういう者には、これくらいでちょうどいいのかもね 

by qqpm6m89 | 2012-12-25 10:54 | 贈り贈られ | Comments(0)

無限ループ


我が家は、せまいアパートメントだし

子供も居ないふたりぼっちなので

年末の大掃除、といっても、それほど大変ではない



そういう、ある意味 「 恵まれた 」  条件でありながら

なぜか、もひとつすっきりしないのは

住人の癖によるものだ



まず、なんやしらんけど、

車輪とか、工具とか、部品とか、ヤッケ(←レトロ) とか、

油断をすると、すぐ自転車関連のものがそこここにふえてゆく

これらがまたかさばって、かさばって、あたりを侵食してゆくのだ

おお、こわ


この男子臭い感じで、 「 婦人の優雅なティータイム 」 的な空間になりにくく

そこが憎い




しかし、わたしも人の子、

ここはひとつ公平な目でいうならば、己にも非がある

長靴好きの癖があり、

それに冬はブーツなぞもかさなって 「 長もの系 」 が繁殖しだす

すでに物入れにはおさまりきらず、

靴箱なぞが廊下にもあふれだしてて、じつに、じじむさい





定期的に、 断捨離! 断捨離! と取り組むも

なんでか、空いた穴を埋めるように、いつのまにか新人が居座っていたりして

永遠の超・循環

by qqpm6m89 | 2012-12-23 16:05 | 思い出 | Comments(0)

絡み紅茶


年の瀬、

一旦出たなら、ちょっとでも多くの用事をすませたいという

欲どおしさがふつふつし、

量的にもむりだろう、というスケジュールとともに

自転車の前やら横やらには、積みあふれた買い物の山


こういうときにかぎって

さらに、二件の店でお番茶袋をかってしまう

京番茶のかさばり方は尋常ではなく、枕ほどのかさがあるから

重身はなくとも、天に向けての空間占領はこの世のものとは思えなかった



そういう、みるからにうっとおしい外見で車輪をこぐのにつかれ

通り路の喫茶店でひと息つく

はじめて入ったが、バーのようにとてもシックなお店である

シックな店で、四人席の三席を番茶その他、一席を人間、というノン・シックな按配




そのあと、年配のご婦人ふたりがはいっていらして

紅茶をたのまれたが、もともとメニュウに紅茶はなくて

マスターが詫びながら、

専門店のような茶葉は用意していないので簡単なものになってしまいますが、と

伝えておられた

きっと休憩のときなぞにのむティーパック程度のものなのだろう

しかし巷の喫茶店なら、本格的な茶葉どころか

ふつうに安価なパック紅茶をつかっていることもめずらしくないので

きちんとつまびらかにされるところなぞ実直さを感じる



しかし、婦人

そういう真摯なマスターの心意気を、さらっとスルーし

「 いいの、いいんです

  わたし、喫茶店でいただく紅茶の味は気にしてないんです 」




!!

ものわかりがいいのか、絡んでるのかわかんないー

ちょい、デリカシィに欠けてるかもー

いい人かわるい人かむずかしーぃ

現代人にひつような 「 鈍感力 」 をバリ持ちーっ

ある意味、さすがーっ!!



そのあと、お二人で

もう済んだはずの 「 まともな紅茶をもとめていない 」 話に花をさかせ

しかも、嫌味っぽくじゃなく

ほがらかに、ただ、延々とその話題でおしゃべり



もう、やめたげてー




初対面で、縁もゆかりもないけど、

マスターに刺さり続けているであろう、心の棘が心配になった午後







  
by qqpm6m89 | 2012-12-22 15:09 | お店 | Comments(2)

その一片




おもいがけず、よいお肉のかたまりが手に入った

ほれぼれずるほどナイスなかたまりなので

これは一丁、縦だか横だかわからんような、男おいどん的な

ビーフテキを焼くにふさわしい、とよぎったが



今は冬、

汁もの命なシーズンなので、おもいきって牛のコンソメスープに鞍替えする

わたしはわかりやすいものが好きなので

この変更にはけっこうな勇気を要したものだ

しかし時間をかけ、黄金色にかがやくうつくしいスープができあがったさいには

おおおおおお・・・・・・エクセレント・・・・・ て、感涙




で、その日の夕飯にならべる

しかし、コンソメを彩るクルトンやらパセリやらが無いのに気付き

お味は申し分なくとも、見映えはじつに簡素

ただの汁



すばらしく上等な生地でこしらえたベイシックなドレスでも

一粒のジュエリーがないと、地味にうつるのと同じか

というわけで、

一緒に煮込んだ人参の一片を皿のなかにうかべておいた

しかしこの給仕人のサーヴィスも、無骨な召しあがる側には伝わらず



えーと・・・・、このニンジン一つって何・・・・・?




て、不可解気

by qqpm6m89 | 2012-12-20 14:56 | 三度の食事 | Comments(0)

ダニエル&ハビエル



贔屓の映画、「 007 スカイフォール 」 今期二度目の観覧にゆく


贔屓といっても、この超人気シリーズをまともに観はじめたのは

現ボンドのダニエル・クレイグになってから

全三作、全部二回以上はみたの

d0152574_11305159.png


ボンドだけでも満足なのに

これまた贔屓の、ハビエル・バルデムまでそろえた二大巨頭で

ハビエルといえば、

「 ノーカントリー 」 の正気では直視できぬほどおそろしい殺人鬼で

d0152574_15445671.png



今回は、あくまで紳士的で柔和でユーモアすらまといつつ、やはり恐怖

ネズミの噛み砕き音をまねする場面は、背筋が凍ったなあ





以前 「 いたいけ 」 という表題で書いた日記の

シーザーや、フランケンや、ニューボーン達と通ずる

報われぬ哀しき子供、の情愛がふわふわ舞っていた彼らの想いはまるで、

うまれてはきえる、うかんではきえる、シャボンのようだ




ふたりの男性は、やはり素敵だった

オープニングのアデルの曲も、とても素敵だった

by qqpm6m89 | 2012-12-18 11:39 | テレビや映画やニュース | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧