お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2012年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

有料袋



このご時世、

買い物にゆくときは、マイバックやマイカゴをもってゆく


しかし、つもりじゃないときには持参していないことも時々

自然、スーパーでビニールの買いもの袋を買ったり、もらったりするものだ

きょうもそういう日だった

そういう 「つもり」 じゃない日にかぎって特売とかで、荷物がふえる

で、家の扉をあけるほんと一秒前に袋の取っ手がちぎれ、

卵がわれて、玄関がねたくたになった

強度なさすぎやないの



ここの某スーパーの袋は弱くて、二重にしないと、まったく心もとない

ペットボトルや白菜なんかをつめたら、持ち手がすぐ悲鳴をあげるのだ

しかもこの強度で有料だから、さらに口惜しい

無料でくださるスーパーのほうがよっぽど立派よ

べつのお店の一枚五円のやつなんか、

ボーリング玉を二つ三ついれても平気なくらいの丈夫さだし




いや、みなまで言うな、みなまで言うな

エコの意識がうすいあなたがわるいのだ

その惨状はみせしめなのだ


なんて声がきこえてきそう

ごもっとも

ごもっともだけど、「 有料でこのクラスかいな! 」 という想いは

拷問にかけられても、けっして消えやしない

by qqpm6m89 | 2012-02-29 18:28 | 思い出 | Comments(2)

銀みがき



こないだテレビで、

  口紅で銀製品をきれいにみがけますよ

と言っていたので、さっそく試してみた



ティッシュペーパに紅をこすりつけ、それで磨くとよいらしい

たしかに、お!やるやないの、な感じできれいになったが、はた、と考える

うちには銀用の研磨クリームがあるし、

わざわざルージュの表面をぐねぐねに乱す意味はないのでは、と

ゆがんだお化粧品をみながら、ちょっと後悔した

しかし、これも経験、ととらえ意識を別の方向へ

ためしに磨いていたのが、クロスのネックレスで

そういえば十字架にはなんともいえぬ思い出がある



十歳ころだろか

洒落っ気にめざめてきたお年頃で、当時クロスが流行していた

わたしもご多分にもれず、買ってもらったか、お年玉で買ったかで手にいれてて

首からぶらさげて満悦だった

こどもながらに、私いけてる、と思っていた


母親の妹の家にあそびにいったとき

「 さいきん、わたしは十字架がすきなのだ 」 と、みせびらかした

とうぜん、格好いいね! というよな返事がかえってくるはずだったのに、叔母は



  「 なんでなん?

    大五郎ちゃん、あんたなんか懺悔でもしたいのん? 」



なぞと、度肝をぬかれるような反応がかえってきて、びっくりしてしもうた

そのあと急に、気に入りのネックレスはなんか重いものになって、あまりつけなくなった

褒められなかったことよりも、

きっと子供ながらに、懺悔しなくちゃならない隠しごととかあったのかもしれない

で、不意をつかれてどきっとしたのかもしれない

しかし、こどもになんつーシビアな質問をするのだ、うちの叔母は

乙女心を、子供心をまるでわかっていないな



シルエットのゆがんだ口紅をみたブルーさから、気分をかえるつもりだったのに

とおい記憶で、さらにけっこうブルーさが増した

by qqpm6m89 | 2012-02-29 10:07 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

思春期系



男性には、サガ、というものがあって

いいおとなになっても、

思春期の頃とかわらぬ系の、雑誌やらDVDには興味があるようだ



よその旦那さんはそんなことないかもしれないが

うちの旦那さんにはそんなことあって

ちょいちょい証拠をのこす

先日も、べつの部屋で雑誌をよんでまったり中、

水をのみに台所へ行ったら、パソコン前にすわっていた家の人が

あわてて強制終了とかしている

ディスクを入れて、思春期系のなにやらをみていたようだ



コレーぃ!  と、大いにたしなめたが

まてよ、とも思う

二日後、彼の知人夫妻との会食があって

わたしはお会いするのが初めてだから、話題はおおいほうがよい

とちゅうぽっかりある、話題のエアポケット状態のときなんかに

この話をぶちこんでみたらよいのではないか

というか、女房の機嫌をそこねたら、その場でぶちこんでやるぜ、的に脅す

それだけはヤメー! と絶叫していたから

ふふふ、今後もまあまあつかえそうだな・・・・と、算段した



けっきょく、食事は楽しくなごやかにすすみ

例の爆弾をぶちこむことはなかったのだけど

ふふふ、今後もまあまあつかえそうだな・・・、とは、今も思っている

by qqpm6m89 | 2012-02-27 21:39 | 思い出 | Comments(4)

晴れ雪、晴れ雪


朝、お天気がよかったので

郵便局まで用事にいって、その足で上賀茂市にも出向く



行きしなの具合で、薄いニットにフード付きのダウンベストで出たのだが
とちゅうひどく冷えてきて、けっこうつらい
失敗したかしら

で、はじめ、靴職人の三上工房さんで物をみる
なじみの三上さんは、もうじき京都にお店をもたれるのだが
まだ、荷物も手つかずで、きっと桜の咲く新学期のころになりそうだ、とおっしゃっていた
本職は、男物のオーダー靴だから
わたしは履けないな
それとも、むりやり履いてみるか

うすいオレンジの革ペンと、ベージュに草色のぽっちりがついた革栞をかうと
イニシャルをいれてくだすった





つぎに、これまたなじみのイワイワハンカチーフさんへ寄る
井戸端話のあと、知人用に二枚ちょうだいした
イワイワさんは、黒いコートをごっぽり後頭部までひきあげて寒そげだったが
話しているあいだに、ちょっと陽射しがあたたかくなり

 
「 朝はさむくてどうなることかと思いましたが、良かったです~ 」


と、しあわせそうだったのに

わかれて五分後くらいには、あられまで降ってきてて


出店中の三上さんも、イワイワさんも、ほかのみなさんも
しあわせと、ふしあわせの波間をゆらゆら揺れていらっしゃるのだろうな、と家路についた

by qqpm6m89 | 2012-02-26 17:36 | お店 | Comments(0)

傭兵


こないだ、贔屓の深夜番組 「 マツコの知らない世界 」 で

傭兵のかたが出ていらした


といっても、テレンス・リーさんのようにいかつい風貌ではなく

ふつうの、気の良さそうで、ご町内の運動会に参加していそうなお父さん風

祖国のための戦場以外でたたかわれるのだから

イメージ的には、「 戦いこそ、わが人生 」 的な、命知らずの破天荒像がうかぶけど

じっさいは、

つぎの職場(戦場)への売り込みには、人脈がとても必要なので

人づきあいや、和を重んじる方達がおおいらしい

意外だ





いろんなお話をされていたが

いちばん喰いついたのは、「 リスの足がいちばん旨い 」 というお話

アイロンがけをしながらみてたから、どういう文脈だったかうやむやなのだけど、

実戦でなのか、訓練でなのか、野生動物の肉をたべくらべた機会の感想だそう

リスはたべるところと言えば太ももくらいしかないとはいえ

それがかなり美味しいと仰る

そういう類の動物ってたくさん居そうなのに、ダントツ旨い、とは興味ぶかい

となると、

西洋料理なぞでも、もっとひろく紹介されそうだが

   

  「 こちらが当店のスペシャリテ、子栗鼠のロティで御座います 」 



なんてあまり聞いたことがない

お高い店にはあるのだろうか?

それとも肉がぽっちりすぎて、手間かかるので手をださないのだろうか



リスの足、

ひどく気になる

by qqpm6m89 | 2012-02-24 19:19 | テレビや映画やニュース | Comments(4)

ボディクリーム



ここ数年、わたしが風邪をひきにくいのは

なんといっても乾燥しらず、ということに尽きる



室内の暖には、エアコンを排除し

日がな、やかんの湯気がしゅんしゅんとふきでるストーブを配し

ともすれば、じっとりした感じの部屋で、じっとりと過ごしている

プラス、これも大きいとおもうのが

「 ボディクリーム 」




テレビで 「 風邪には体内の水分量も大切で、皮膚を乾燥させない人はひきにくい 」

と言っていた

保湿剤でからだをケアしているひとと、していない人の差はかなりあるらしい

当時、健康おたくだったわたしはすぐさまとびついて

以来、実践している


それも風呂上がり、ぐずぐずしていたらだめで

浴室のなかで、間髪いれず塗らねばだめで

かわく隙をあたえずに、ぐりぐりやるのがよいらしい

この蒸発との勝負感、というか、緊張感がけっこうよく、

もし、寝巻を着こみ、髪をタオルでかわかしながら居間でまったりすりこむ、なんてことだと

クリームを使うこと自体をわすれてしまったり、面倒になってしまうと思うのだ


そしてもひとつ、

丸裸のままだと、余すとこなくグリグリ塗れる

パジャマを着ちゃうと、まくりあげたり、たくりあげたり、かならず塗りもれがでてくるのも難

風邪予防がだいいちの目的ではあったが

やはり転んでも女、

すきな香りや、よりよい使い心地をもとめて、瓶がどんどん増えてきた

本来の役割である、お肌をしっとりさせ、よい香りにつつまれて、という部分が

しんきくさい病気を退ける効能にもなっておるのだろう

by qqpm6m89 | 2012-02-23 17:59 | 愛用品 | Comments(2)

王田珈琲さん


みだしなみを整えてもらいに出かけたかえり、

夷川通りのコーヒー屋さんでひと息いれた



日本茶を買いに行くついでに珈琲をのむ、という経路で

月に一回くらいよせてもらっていたが、

この気候のせいで、もう三月になろうとしている時期でも

新年のごあいさつにうかがえていないところがずいぶんあって

身をきるさむさと、電動自転車の不具合が私を社交から遠ざける

いつもはとてもじっくり時間をかけて淹れてくださる男っぽいお味の

ブレンドを注文するのだが

きょうはめずらしくあったかかったので、冷たいものがほしくなった

で、冷たい水出し珈琲をはじめておねがいする




さしだされたものは、

美しいグラスに、丸くカットされた大きな氷がひとつはいり

褐色が注がれて

まるで上等なバーでだされるような、バーボンやスコッチのような風情である

脇のピッチャーに水出し珈琲がそえられ、その都度じぶんでつぎたすのもたのしい

そしてお味の、まろいこと、まろいこと

ほんとにみかけはお酒のようだから、ほかのお客様の視線もほのかにかんじ、

あら、あの女性まだ明るいうちからやるわね、的に思われていそうでもあり

その誤解なら格好いいじゃあないの、と鼻をひろげつつ

しかし、常連さんならこのスタイルも知っているはずで

子が酒杯にジュースやら番茶やらをいれて、気分を満喫してるっぽいふうに

みられていることも充分ありうる



なぞと、ややこしく内心をぐるぐるさせながら、洋酒のごとき茶を堪能した

ああ、清涼の一服

by qqpm6m89 | 2012-02-22 22:12 | お店 | Comments(2)

演じる



わたしは耳がよいほうで

ちょとした物音なぞにも、キキッと気づく



朝、おべんとうをこしらえ、

熱をとるために、ふたをあけたまま調理台においていた

その合い間をぬって、洗いものにとりかかる

いつも皿が割れんばかりに豪快にじゃばじゃばやるのだが

となると、しぜん洗剤の泡もそこらにひどくとびちる

わるいぐあいに、その泡が少々、家の人の弁当にはいったらしい

運悪く、目ざとい家族がすばやくみつけ、やいのやいのと指摘される





とうぜん、背中ごしに聞こえる声は届いているのだが

けっしてふりむかず

頑としてまえを向き、洗いものをつづけた



私にはそんなん聞こえていない、 という振りをけっしてくずさずに









by qqpm6m89 | 2012-02-22 11:39 | 思い出 | Comments(0)

シリアル



わたしは、もさもさ、ノツコツしたものも結構すきだから

しぜん、シリアルなぞも好物



朝やら、ちょっと小腹のすいたお三時などにも牛乳をかけてばりばりやる

どんなタイプのものでも美味しくたべるが

常備してあるのは、ずっしりと重みがあって、食べごたえのあるミューズリーがおおい

しかし、シリアル中のシリアルで、一等すきなのは

ケロッグの玄米フレーク

あの味と、みしみし感がたまらない

シリアル中の、というより、玄米もののなかでもいちばん好みだろう

すごいの発明しでかしおったな!、という感じである




お匙をほおばるたびに、あまりの旨さにうちふるえているのだけど

いままで、百回くらい書いたおぼえのある

イギリスでシリアルの箱から生きた蛇がでてきた、というニュースはしっかり頭にあり

いまでも、毎回、

箱をあけるたび、一瞬の緊張がぴりっとはしる

by qqpm6m89 | 2012-02-20 09:57 | 三度の食事 | Comments(2)

按ずる



日頃、ちゃらけているわたしでも

昨日は一日中、気が気でなかった



むろん、今上陛下の手術の件で、

テレビのテロップや、インターネットのニュースが更新されるたび脈がはやる

日本のバイパス手術のレベルは高いというし

世界的な名医も万全の準備でいどまれるということだから、大丈夫なのだろが

いかんせんご高齢だし、

合併症、とか怖い話も流れているし、心配で心配でたまらない



人の命とかかわる経験がすくないせいもあるけれど

こういう手術の経過をこんなに按じたのは、両親以外になかったかも

なぜかと問われれば、

軽い言い方だけど、だいすきだから




テレビでは、解説の人が陛下の御公務について言及されていて

たしかにあのご高齢で、あの激務なぞありえないことであり、

どうやってもまわりが考えねばならぬことでもある

しかし、医師がはなしていた「 陛下の御公務への意欲と御意志 」 というものも、

ひどく大事で、尊重すべきものとおもう


平凡なわたしたちにも

背負うべき何かや、生きがい、というものがあるかぎりは

生きる糧となり、起きあがるちからがわいてくる

それが使命というものなのか








とにかく、無事終えられほんとうにようございました

このまま経過も順調にすすみ、

今まで以上にすこやかな姿をお見せいただけますように

by qqpm6m89 | 2012-02-19 23:03 | テレビや映画やニュース | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧