お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2011年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ひとくちメシ



わたしは、炊きたてご飯を冷凍しておくのが好きではない

かというて、弁当のさめたご飯はすきだが、茶碗によそう冷や飯はきらいである

なので、炊飯ジャーで最大おいしく食べられる時間内にたいらげたい




ふだんは、米の合数と食べきる時間をよめるのだけど

夏にかぎっては、

きゅうに麺類を欲したり、お茶漬けがことのほかすすんだりして、どうにも調子がくるう

いつもは朝と夜にいっかいずつ炊くのだが

昨夜は、家のひとの気ままでご飯がのこった

夜遅めに炊いたものなので、翌朝のお弁当でもいけそうだ

というわけで、

そののこり飯をあてにして、ねむりについた




したら朝、

彼が夜 「 ごちそうさま 」 をしたあとに、再度ついばんだらしき形跡が

確認したはずの釜は、あきらかにさびしくなっている

男性のお弁当にはまったく足りない量だった

でも、しかたないじゃあないか

本人がまねいた事実じゃあないか

で、女房は粛々と弁当をこさえる

牛肉と小松菜の山椒いために、厚焼き卵

きのう仕込んだ具たっぷりの春雨サラダと、プチトマトにさやえんどう

お八つに塩せんべいもしのばせておいた

じつに立派な弁当だ



きょうのおかずなに~?  なぞとのぞきにきた家のひとは

ふんだんに詰まったおかずの端に、ほんのぽっちりの白飯の存在をみる


 「 ひ、ひとくちメシ!!」


ダイエット中のOLさんどころか

幼児でももっとたべるであろう量をみて、おののいていた

by qqpm6m89 | 2011-06-29 10:28 | 三度の食事 | Comments(4)

ギリギリセーフ



こうやってキーボードを叩いて日記は書くくせに、

人との通信にパソコンや携帯のメールをつかうことはほぼ無く、もっぱら手紙である

携帯のメールにおいては、なんども親指がつりそうになったので敬遠している


で、常用に適しているのは

十数年かわらず、筆のひっかかりがよい鳩居堂の「 鳩だより 」一辺倒なのだけど

さいきんでは、あらたまったり特別な手紙には、かみ添さんのものをつかうようになった

とても美しいので、とても気に入っている

d0152574_238153.jpg


で、今日

お世話になっている目上の方にあて、こちらの便箋にたよりをしたためていた

が、途中で枚数がたりなくなる

かみ添さんのは上等なだけあって、一セットの枚数は封筒二枚に紙五枚

文字を元気よく書きすぎると、途端、足りなくなるのだ

もう夕方、あわてて買いに自転車をはしらせた

坂をおりていたら、

前からくる自転車のかわいらしい女性がにこにことして「コンニチハー」と挨拶してくだすった

かみ添さんの奥さんだった

もうね、ナチュラル雑誌に出てくるモデルさんさながら美しく愛らしい人なのよ

「 あ! コンニチハー 」 と返す

で、ハッと気がついて

帰り道、ということはもうお店は閉めてこられたってことじゃないかしら

かというて、「 今、行こうとおもってましたよー 」 なんて言うてしまったら

気をつかわれて逆戻りさせてしまうかもしれない

なので、そのまますうっと坂をおりる


しかたないので、わたしもUターンしてかえろうかな、と思ったが

手紙というのは一気に書かないと、文字も変わるし、とりとめのない文章になる

もしかしたら御主人のほうがまだお店にいらっしゃるかも、と賭けてみた

したらまだなんとか開いていて

でも、もう閉められる直前だったみたいで、

ふだんメガネをかけてらしたように思う御主人がメガネなしで出てこられた

で、あいさつのあと、また奥にすっと入られて、メガネをかけて出ていらした

二秒でお品をさがして、一分くらいで店を出る





ああ、ほんとギリギリセーフだった

d0152574_2258370.jpg

by qqpm6m89 | 2011-06-28 22:48 | 愛用品 | Comments(4)

ニッキ餅



ひそかに贔屓にしているもの、というのがあって

死ぬほど旨い、ってほどではないけど、ちょいちょい買いに行く菓子がある


花街の宮川町をさがったところに、名月堂さんという

地味で、わりかし雑然とした(失敬)和菓子屋さんがあって

そこのニッキ餅が、なんとのう旨いのだ

五センチほどの大ぶりな四角の餅は

ニッキの風味がするマシュマロのように果てしなくやわらかい触感だ

冷やしても硬くならないので、夏場はつめたくしてからたべるのがすき

地味な店なのでいつも空いているが、

場所柄、よるの九時くらいまであいているのも重宝するし

たぶん定休日もない



そのひそかに贔屓にしていた店が、

今月、大メジャー雑誌の家庭画報に登場してて

もひとつ贔屓にしている地味店(←!)「幽霊子育て飴」のみなとやも掲載されてて

おおいにびっくりする



しかし、こういうとき

 「 んもう、あんまりこういうちいさい店を紹介しないでほしいわぁ 」

なぞと、パトロン気取りで眉をひそめてはいけない

売れない歌手の下積み時代からしっているファンのように、

「 じぶんだけが知ってる有名でないころの〇〇がよかった 」 

的な傲慢さは、我勝手なものだ

売れなければ、そのもの自体もなくなってしまうのが常なのだから

ちいさなお店こそ評判が広まるのをよろこぶほうがよいはずで




とか、言いつつ

訪問して、今まで皆無の 「 売り切れ 」 の文字を見たならば

  
とたん、  「 んもう! 紹介しないでほしいわっ!」

なぞと、おもいきり我勝手なことをいいだす可能性がぜったい無いという確証もない

d0152574_110122.jpg

by qqpm6m89 | 2011-06-28 11:15 | お八つ | Comments(4)

クルム伊達さん


まだ一年も半分だけど、今後も

ぞくぞくさせた今年一番のアスリートといえば、クルム伊達公子さんにちがいない

ウィンブルドンのたった二試合で
世界中に、キミコぞくぞく族をおおいに増やしたこととおもう



先日の、優勝常連者ヴィーナス・ウイリアムズ選手との激戦はじつに見ごたえがあった

さいしょは、大人と子供ほど体格さのある両者をみて
彼女があの強烈なサーヴにふっとばされてしまうのでなないだろか、と心配したものだ

しかし、試合にはいると
だんだんとまどい、泣きべそ顔になるヴィーナスが幼い少女のようにみえてしまう
そのくらいの堂々さたるものだった

惜しくも負けてしまわれたが、おそるべき40歳である




で、伊達選手
きたえぬかれた体だが、胸から下がぷっくりとふくらんでいる
なんかかわいらしい幼児のような体型
もちろん、これは鋼のような腹筋がもりあがっているせいだ

女性アスリートには、
こういう体つきはおおいのだけど、西洋人の場合はバストが豊満なので気付きにくい
東洋人は、スリムなバストのせいでよけいプクゥとみえる
あー、かわい

d0152574_20402075.jpg


わたしも胃からぷっくりふくらんだ幼児体型であるが
むろんふにゃふにゃで、「断固として」 きたえぬかれていない、ただの柔肉である

どえらいちがいだね、と目を伏せた

by qqpm6m89 | 2011-06-26 20:47 | スポーツ | Comments(4)

洒落たぁる


きのう、友人から旅の土産がとどいた


夏らしいカードには、異国の薫りが匂い立ち、
元気そうな近況も書かれていて、うれしくなった


包みには、おいしそうなバウムクーヘンと、なにかの器具みたいなものがはいっている

その、なにかの器具とは
アスパラ剥きだった

d0152574_11562939.jpg


洒落たぁる!
d0152574_11565569.jpg



欧州では、白アスパラが出回る時期に活躍するそうだが
日本でだって、近所の八百屋で緑アスパラを買ってきて、ぐいんぐいんむくわよ


ありがとう~ チュッ

by qqpm6m89 | 2011-06-26 12:00 | 贈り贈られ | Comments(2)

竜巻



昨日の夜、

テレビのテロップに、ここらへんの竜巻注意報だか警報だかが流れた


たつまき?  
と言っても、なんだかぴんとこない

アメリカとか北海道とか広大な土地のものだと思っていたから

こんな盆地で発生するなんて意外である



もちろん、アメリカとか北海道とかみたいに大規模で

地上のありとあらゆるもの根こそぎさらうゼ的な迫力はないだろうが

人間ひとりくらいは、ピンポイントで天高くかっさらう力はあるかもしれない





そういう心配を見計らったように

家のひとから、今からかえりますの電話がはいった

「 たつまきに気をつけて! 」 と叫ぶ女房に

案の定、ぴんときていない旦那さんは

「 た・・? あ、はい・・・」 て、腑におちぬかんじで返事した


                              
                       

                                 ズギュボボギュギュ~ン
d0152574_6232899.jpg
 
               

by qqpm6m89 | 2011-06-25 06:30 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

暑さ対策


まえから気になっていた、
衣類にしゅっとするとヒンヤリ、ていうスプレーを買った

外を出歩くときとか、ドライヤーで髪をかわかすときの熱地獄に効きそうと思って


で、服の内側にふりかけ一分ほどしたら、たしかに冷や~
効き目はそう長持ちしないけど、背中なぞにわりあいつかえる


で、先日、家のひとと出かけた際、
にらんだとおり、あつくて死ぬう、という声がとびだした
で、気のきく女房がささっとミストをとりだし、
人通りのおおい道端で、いやがる夫のシャツをべろんとめくりあげ、シュッとしてあげた

したらまちごうて、へその穴に直撃したらしく、株をおおいに下げた




使い方をまちがうと

えらいことになるらしい

d0152574_10242073.jpg

by qqpm6m89 | 2011-06-24 10:26 | 愛用品 | Comments(2)

一年



もうじき七夕、

去年の日記をひらいてみると

たぶん生まれてきて、いちばん星に願ったであろう事柄をかいていた




先日、里から電話があって

そろそろ一年だから、来週もういちど詳しい検査を受けに行くよ、とのことだった

去年は姉とふたりでついてゆき、

わたしたちはもう大人なのに、なんだかとても心細かったのをおぼえている

ホテルのロビーのようなクリニックの受付はとても立派で、

職員さん達はホテルマンのように洗練されていたが

そういうことが余計になにか 「おおごと」 さを浮かび上がらせるようでこわかったのだ

ことしもふたりでついてゆく




いつ会っても、

いつ具合を聞いても

「 おかげさまで、機嫌ようさせてもらってる 」  としか言わないから

すこしの安心と一緒に、

ほんとうだろうか・・? という、すこしの不安もいつもある



それでも、

万が一、病が芽をだしていようが、おさまっていようが

機嫌良く暮らしてる、というのはきっとほんとうなので

彼女はこれからもきっとそう答えるのだろうな、とも思っている

by qqpm6m89 | 2011-06-24 08:00 | 思い出 | Comments(2)

花いらず



ことしの旦那さんへの父の日は、

晩ご飯に、ローストビーフとお刺身を主菜にした、少々まとまりのない献立と

ほしがっていた

紺地に白い小さな星柄のショートパンツに

さわやかなお花をかざって、帰宅を待った

かえってきた彼、

父の日、という世間的にも存在のうすい行事を祝ってもらえることに、いたく感激し

ごちそうにも歓声を上げ、

プレゼントにはおおよろこびした




しかし、「 あなたのためのお花 」 にはまったく反応をしめさない

というか、気づきもせずスルー

うちの旦那さんは、

いや、男性というものは、ひょっとして「花」という存在自体を知らないのじゃないだろうか? 

とうたがってしまうほどだ

すくなくとも、じぶんと花とのあいだをむすぶ関連性には盲目のようで

d0152574_22591442.jpg


女性とは、ほんとちがう生き物なのですね

おもしろー

by qqpm6m89 | 2011-06-21 23:02 | 思い出 | Comments(4)

目をむく女



お昼、テレビをつけたら

ひさしぶりに、川崎麻世・カイヤ夫妻がでていらした

あいかわらずはつらつと豪快に、わいわい言い合いをなさっていて

司会者のひとから

「 世界でいちばん目をむく女 」  と、評されていた



たしかに、欧米人というのはよく目をむく (気がする)

議論が白熱して感情が高まってくると、あごを上げ、目玉の黒より上の白目をみせて

「 YOUっ !! 」 なぞと指をさしたりする (気がする)



そこまで白目の上部をみせずともよいのに、とおもうのだが、気前よく見せなさる

冷静にかんがえると

カイヤ夫人もそうとうのもんだが、

ヒラリー・クリントン氏も、ぜんぜん負けていないのではないだろうか



                   「 YOUっ!!」
d0152574_192020100.jpg
日本人にはだせない迫力~



                     でも、たのしいときにもネ!
d0152574_19214551.jpg



とりあえず 「むく」 のは日常らしい

by qqpm6m89 | 2011-06-19 19:31 | テレビや映画やニュース | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧