お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2010年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧

ボーリング



りんごを剥いて、

むいて、といっても私は皮ごとたべるタチだから

四つに割って、芯だけを切り落とすだけなので

「りんごをむく」という表現が合っているのかどうか



まあ、そんなどうでもいい話は置いといて

愛用のピックに実をざくっと刺す

d0152574_1062718.jpg



































で、思う

むしょうにボーリングがしたくなった・・・・、訳でなく、

昔ボーリングに行ったとき

隣のレーンでしゅたーん、しゅたーんと玉をほおっていた、

マイボール、マイウエア持参の気合い入った男性二名を思い出したのだ

きき手には、なんか 「鉄の爪」 みたいなカバーをつけていて眼光鋭するどく

ぼよよ~ん、と投げている私らとは、あきらかに熱がちがっている

あのおじさん達、今頃どうしているだろう



ボーリングのピンモチーフをみて連想するものは、人それぞれだ

by qqpm6m89 | 2010-11-30 10:18 | 愛用品 | Comments(0)

晩酌



気温がさがってくると、

陽のあたる部分の床に、飼いうさぎが玉のように丸まっている



視線から外れたとこに丸こまっているので、

しょっちゅうケーン、ケーン、と蹴り飛ばしたりする

ごめんごめん、って言うと

玉のままじろっと目をあけて 「 こまるなあ 」 という顔をする

小動物が暖をもとめているのだから

人間もとうぜん求めたい




で、熱燗での晩酌は定番になってきた

錫のちろりは小ぶりであまり入らないが、この「ちょいとだけ呑みたい感」を満たしてくれる

呑ん兵衛だったら、ああ辛気臭い、ってもんだろが

人並みの女性には、丁度具合がよい


d0152574_1156493.jpg

by qqpm6m89 | 2010-11-29 11:58 | 愛用品 | Comments(2)

カップル



スカパーのCMがとてもかわいらしい

松山ケンイチさんと黒沢かずこさんの新婚家庭



松山さんは小雪さんとお噂があるらしいが

黒沢さんとのツーショットは、じつにお似合いでしっくりくる

今どきの若者夫婦のお手本のように、見ていてほんわか無理がない

ぜひ、ほんとうにゴールインしてほしいものだ 


 
 「 うっ!  お、お腹がぁ~っ  」


 「 へったんでしょ? 」



と、言うくだりに、ものすご親近感も持つしね





d0152574_16564441.jpg




















私が、一人「ウッ!オナカガァ~」のときに詰めこむ食器も内容も、いつものお決まりセット

by qqpm6m89 | 2010-11-28 17:02 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

月の庭



ある夜、

おもむろに、清水さんにでも紅葉をみにいこうか、という話になった


私達夫婦はだるがりなので、あまり夜から外出したくないたちだが

この日の晩は、なにか活力がみなぎっていたのだろう

たしか九時頃まで夜間拝観していたと思うので、まだ間に合う

いつもはこの時期、苦行なほど混雑している清水寺も、かなりゆったりしていて驚いた



とても良い感じである

人の身体に触れずに歩け、人の後頭部ばかりをみずにすみ、

寺の美しい光景も、建物の隅々も、久しぶりに存分に味わえた気がする

年に一度この季節だけ夜の拝観ができる、成就院の「月の庭」にもおじゃました

お庭の前で、二列ずつ並んで説明を聞きながら景色を愛でる

その間、次の参拝客にお寺の側からいくつかの注意もあって

「三脚などを使っての撮影なども御遠慮ねがいます」って言われた時、

隣の男性は、三脚付きのカメラをばっちりご用意されていて

いたたまれなさそうで、かなり気の毒だった

カメラに覆いかぶさり、周囲の目から隠したかったにちがいない




美しいお庭を拝見したあと、

家の人は、帰り道をまちがえてお手洗いの道に進み、

そのあとをならった他の皆さんをも、自然とそちらに誘導していた

こ、ここは違う・・・、と気づいた時には、

ついてこられた数人共々バツが悪い、という失態も勝手におかしていた

帰りは、ひとけの少なくなった参道や二寧坂をムード良く歩き、

夕飯をたべに行ったら、

二人ともちょっと呑みすぎて、ふらふらになって、

ハギハギ言いながらタクシーに乗り込んだ



月の庭のように、美しいまま事を終えるのはなかなかむずかしい

by qqpm6m89 | 2010-11-26 21:42 | 思い出 | Comments(2)

ふたつに、ひとつ


夫のおらぬ間に、お八つが手に入ったとする

そのお八つがどちらも自分の好物な場合、選ぶのにひどく悩むことがある




秋の代表、モンブランと

d0152574_1126175.jpg






















女心をくすぐるカシスのムース

d0152574_11265799.jpg




















どちらも捨てがたい




半分半分でもよいのだけど、

なんか姿もちいさいし、今食べたいし

で、

ふたつともお腹にいれちゃったりする




相手ははその存在自体を知らないので、くやしがることもなかろうと

浮気男性の言い分みたいな理屈で、良心の呵責をむりやり薄めている

by qqpm6m89 | 2010-11-25 11:36 | お八つ | Comments(8)

ドラゴンフルーツ



名前は知っていても、実際手にしたことのない果物をいただいた



ドラゴンフルーツ


d0152574_13443428.jpg




















な、なんか・・・こわい・・

おどろおどろしくてまだ食べていない   

さわるのもちょっと、ご遠慮したい感じ






ドラゴンっぽい「炎」の姿にも見えるし

どえらいスピードで獲物を喰らう食虫植物とか、

よその惑星からきた異星動物的でもある

しかし、人間の本能か

怖いんだけど、それを食べたら、

「それら」のもつ能力(龍とか食虫植物・異星物)を

自身のモノにできる気もしたりする・・・



実際、

シャーッ! とか言いだしそうな能力をモノにして嬉しいか、っていうと

答えに詰まるんだけど




ふと、真剣に考えてしもうた









by qqpm6m89 | 2010-11-23 14:06 | お八つ | Comments(6)

副産物



気をもむことが増えた日常であったとしたら、

気分転換には、やっぱりスポーツ(テレビ)観戦をするのにかぎる

用事のない深夜に、フィギュアスケートや広州アジア大会をみるのが楽しみで

とくにアジア大会は、アジアならではの競技も色々あって面白い

なのにだ、

だのにだ、

傍若無人なホストっぷりが目立ちすぎる

ことアジアだけの大会となると、そのひどさはさらに目に余る

世界一の人口を有し、すでに優秀な選手も数多く輩出しているのだから

無理を力で通そうとするえげつなさばかりが目立ってしまうのは勿体ないじゃあないか

というか、まったく私の 「気晴らし」 になっとらんじゃないか





無茶苦茶すんな! 

て、テレビに憤りつつ、手仕事を並行させていたら、

いつの間にか、こんなんが超スピードで仕上がった

おもわぬ副産物~

d0152574_15445666.jpg

by qqpm6m89 | 2010-11-21 15:50 | スポーツ | Comments(2)

京都タワー



京都駅から一歩でたら、淡いパープル色に染まった京都タワーが目にはいった

まあ、新鮮

年末にかけて、かわゆくお色直ししてるのだろうか



そういえば駅前に大型家電量販店ができたらしいので、寄ってみたが

まったく興味なしの夫婦だったので、エスカレーターで上まで上がって、下がって

三分くらいで出ていった ( ← なんで来たん )

ものすごくお腹も空いていたから

お店をさがすのも嫌だったので、量販店の南側に入っているビストロへとびこんだ

お客さんも少なく、メニュウも割合すくな目、失敗したかな・・・と思ったが

最初にでてきた生ビールの泡が繊細で、ひどく美味しかったので安心した

お料理もとびぬけて美味しいものは無いけど、なかなかわるくない


そのあと、お店を変えてお茶でも飲もうか、と話してたら

ちょうど京都タワーの裏ッ側

京都人がきっと死ぬまで一回か二回、もしくは上ったことないタワーでいただきましょう

で、エレベーターに乗って、展望ラウンジ初体験をしにゆく

姿も、店も、働いているミセスも、タワーすべてがレトロの標本みたいなものなのだが

土産物も、今の日本人は絶対欲しがらなさそうなものばっかりおいてある

500円玉大の絵皿に芸妓さんが描いてあるやつとか・・・

しかし今だに山と売られているので、需要はあるのだろう

外国人観光客用だけとは思えぬ量なので、日本人も絶対買うとるはずだ   




で、展望ラウンジ

入るなり、タワーグループに恥じぬレトロな雰囲気がむんむんしている

ブルーを基調にしてあるのだが、なんか古臭い感じが良い

せっかくなので、カクテルとおつまみにドライフルーツをお願いした

お酒も安かったようなおぼえがあるが、このドライフルーツに度肝をぬかれた

たしか八百円くらいで、バーにしてはえらいお安いなと思っていたのだが、

輪をかけて量が多い、多い

分厚くて、甘いので

最後のほうは食べきるので苦労したほどだ




なかなかどうして楽しめて、

「 さすが京都タワービル、すべてに古臭さを貫いたぁる! 」

と、感動したものだ

しかし帰ってネットを見てみたら

あのラウンジ、新装オープンしてまだ三年くらいしか経ってない新しいものだった

って事実に、さらに度肝をぬかれた



裏をかきにかいての、「 あえて 」 だったのかしら
by qqpm6m89 | 2010-11-20 22:58 | お店 | Comments(0)

一六タルト



実家のいただきものを

実家から、いただきものとして、いただかせてもらって、帰路につく



愛媛の一六タルト

昔、勤め先の取引先さんから手土産によく頂戴した菓子だ

とってもなつかしい

のの字の具合も愛らしく、

ほおばると柚子の香りがふわんと鼻にぬけて、

四国のみずみずしい風景が目にうかぶ


d0152574_1053418.jpg




















ああ、ほんとうに旨き菓子よの






by qqpm6m89 | 2010-11-19 11:41 | お八つ | Comments(4)

ふたり鍋



最近、夜はぐっと冷え込むので、

さぶいさぶい、といいながら帰ってくる家族のために、牡蠣のみぞれ鍋をこしらえる



魚屋さんでは、ふっくらした牡蠣の一キロ入りがおいしそうだった

八百屋さんでは、葉にちりめんの寄った白菜がどっしりしているし

大根の葉っぱは、天に突き刺すほど青々と元気いっぱいだ

牡蠣と一緒に帆立もいれましょう




彼が帰宅するのはいつも十時か十一時くらいになるので

ふだんは待ち切れず先にたべちゃって、べつべつの食卓

けれどやっぱりお鍋は一緒に突っつきたいから、じっと我慢して帰りを待った

上着もまだ脱ぎきれてない伴侶を、はよはよ、と急かし座らせ

くつくついってる鍋に、大根おろしを上からたっぷりかけたら雪のよう




冷たいビールをお伴に、ふたりで堪能いたしました

by qqpm6m89 | 2010-11-17 10:29 | 三度の食事 | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧