お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2010年 01月 ( 35 )   > この月の画像一覧

フジツボ



編んだものを写真におさめていたら、

貝のフジツボそっくりで、なんだかぞわっとなった



昔、叔母が言っていたのは

「 川はこわいよ
  
三丁目の〇〇ちゃんが、川で魚とりしてて
  
岩にひっかけて、足を怪我してな

それから、ずっと痛いな、痛いな、て思てて病院行ったら
  
なかの骨にびっしり菌がくっついてたんやって        」



と、ほんとかうそかわからぬような、あるある話をしていたし

そういえばテレビや雑誌なんかでも



「 海でケガして、膝が痛いな、痛いな、と思い病院に行ったら
  
ひざのお皿のうらに、小さいフジツボがびっしりはりついていた 」


的な、こわがらせ話を聞いたことがある

テレビも、叔母も、話の信憑性は如何なもんなのだろう

本当だったら卒倒するほどこわい




こんなんとか

d0152574_20394888.jpg


























こんなんとかの、フジツボが我が骨にびっしりと・・・・

d0152574_20413520.jpg

by qqpm6m89 | 2010-01-31 20:50 | 思い出 | Comments(2)

バタクリーム


わたしの子供のころには、

まだバタークリーム、というのがたしかに存在していて

こと、クリスマスやら誕生日のホールケーキなぞは、大半がこれだった

タカラブネやら不二家では生クリームものもあったが

うちの母親は、子供のケーキをいつも馴染みの和菓子屋さんに注文する

和菓子屋さんのこしらえるケーキは、100%バタクリームだ



毎回、箱を開けた時には興奮するが

毎回、ひとくち食べた途端、テンションは下がる

だからかどうかわからないが、

大人になってからも、ずいぶん長い間ケーキ嫌いの時期が続いていった




が、最近はけっこうバタケーキが健闘しているらしい

見映えもかわいらしいし、お味も進化しているのだろう

かと言うて、私の中でのバタクリ + カップケーキ(パサっぽいイメージ)は

「好ましくない」二大巨頭である



なのにルックスの魅力に負け、↓ ここで、二つ三つ挑戦してみた


d0152574_1024832.jpg



































意外といけるのよ、意外とクセになるのよ

すぐ食べるとムッとするけど、一日二日冷蔵庫で冷やして寝かせておくといい感じ

d0152574_10342040.jpg



































以来、ときどき買いに行っていて

この黄色いのより、苺ピンクのやつと、ブルベリのやつを私は贔屓にしている








by qqpm6m89 | 2010-01-31 10:30 | お八つ | Comments(4)

オークション

インターネットで、「オークション」というものを知った頃、

いっちょやってみっか、と
参加した

一円スタートってやつで、値のかけひきをしていくんだな、と手ぐすねをひく



ジル・サンダーの香水に入札してみたら競争相手が、とんと来ない
あれよ、あれよ、と言う間に落札できてしまった
なんなのさ と、気が抜けた

というか、一円って! 申し訳なさすぎるじゃあないか




その上、相手さんからは

「一円ですし、振り込み手数料のほうがかかってしまうので、さしあげます」

とメールが来た
返す返す、もうしわけなさすぎ
送料は着払いだったので500円だか、800円だかだったように思うが、
梱包に四苦八苦されたであろうだけで、悲しいかな売主さんには儲けはない



恐縮しきりで、到着を待っていたら
来たのが、これ

d0152574_1013035.jpg

ずーん



きょ、巨大~
縦横、30センチちかくあるし、いったい何キロあるのやら
しかも香水じゃなくって、ディスプレイ用の色水!

全然ちゃんと読んでなかったわたしのアホばかスカタン




誰もいらん、と言うし(そりゃね)
呆然とするだけで、
どうしようもなく、
ブティックでもないうちのアパートに鎮座している。
by qqpm6m89 | 2010-01-30 10:25 | 思い出 | Comments(8)

クール!

夫婦で実家にあそびにいったとき、

二階のものおき部屋で、新品の玄関マットというかキッチンマットというかを見つけた




む! なんとのう可愛い

d0152574_10334067.jpg


で、母親に、このマットつかわないのか?と聞いたら、つかわない、と言う
じゃあちょうだい、と言うと


「 いいけど、こんなんかなんやろ、古臭いやろ

  人がくれはったけど、わたしもかなんかったし(←!)使わへんかったんよ
  ごめんな、もっとええのんは今使こぅてしもてるわ    」



母親の言う 「もっと、ええのん」 は、あんまり「ええこと」無かった。 




で、いただいて帰ったが、
道中、だんだん本当にかわいかったかどうか、自信がなくなってくる
不安をかかえたまま、ソファの下に敷いてみた





やっぱり、なんとのうクール! (たぶん)
by qqpm6m89 | 2010-01-29 10:46 | 贈り贈られ | Comments(0)

パストリーゼ77


以前、家族がからだをこわしたとき、

さすがにふだん、ものすごく無頓着なわたしも、「ノロ」やら「インフル」やらが
併発しないよう心がけた



とくに季節柄、お弁当が気になったので
ドーバーのパストリーゼ77を導入することにした
酒造会社がつくられたものらしく、食品に直接吹きかけられる安心さがよい



使用前の、包丁にシュッ
まな板に、シュッ
ふたをしめるまえのお弁当にも、シューッ

食品保存も長持ちするから洗ったあとの生野菜にもシュッとした



とくによかったのが、梅雨時の歯ブラシ
歯磨きの頻度にもよるが、つかおうと思ったらなんとのうジメっている感じがいやだった
ぬらしてから使うとはいえ、なんとのうかなん

77が来てから、この問題もクリア!

最初は一リットル入りのをシューシューしていたが、
今度は5ℓの詰め替え用を購入し、手廻りのよい500ミリリットルの容器につめかえている
義父のつきそいで通院していたときも、
待合室で、一リットルをプレゼントしてあげた

義父は、「な、なんでこんな重いもんを今・・・?」 てな顔をなすっていたが
うれしいです、と受け取ってもらえた


d0152574_9385211.jpg





































最近飽きて (←あかんわな) ブームが去り、
使用量も減り始めていたが、ここんとこまた復活させている

by qqpm6m89 | 2010-01-29 09:50 | 愛用品 | Comments(0)

夢二絵



お正月にかけたお軸が、まだそのままで、

家のひとに

「 お軸、早よしまわないと、かっぴかぴになるよ 」 と言うと、 

「 あ!そうだった!」 て、あわててかたづけだした




で、奥でなんかごそごそやってるな、と思えば

つぎにかける絵をさがしているようだ

まず、お相撲風景の絵を持ってきて、「 おすもう、って季節?」 と聞く

わるくはないけど、こないだ朝青龍優勝でおわったばっかりだよ、

と言ったら、また戻った

で、こんどは

「 新春 」 てお題のついた、夢二の版画をもってきて、

「 これ、どう?」  と聞く





まぁ! なんて乙女な絵をチョイスしてきたのかしら

d0152574_939331.jpg
































でも、春めいてるし

わたしも 「乙女」 だし、いいとおもう






by qqpm6m89 | 2010-01-27 09:44 | 愛用品 | Comments(2)

ぶあいそ人形


表情のゆたかなひとの魅力はいうまでもないが

ふだん無表情にみえるひとの、かすかな変化をみるのもおもしろい



以前、古物屋で、無表情っぽい木の人形をかった

なんか、木彫りの仏さんぽくって、愛らしゅうて、手にとったのだが、

それは判子だった

しかも、なんたら組合、みたいな



おおぜい所属の大規模組合だったのか、

家の人が子供のころ「プラモ研究会」 とかつくっていたような、

ひとりぼっち組合だったかどうかはわからない


d0152574_1073986.jpg

d0152574_108547.jpg

d0152574_1084854.jpg



あそび気のある風情なので

どうやら、後者っぽいな

by qqpm6m89 | 2010-01-26 10:16 | すてきー | Comments(6)

ビアソー



本名は、「 ビア・ソーセージ 」 だったろうか

ビアソー、ビアソーて呼んでるので、本来の名称がいまひとつ自信ない




で、ビアソー

うすいから胡瓜とチーズを巻きやすく、お弁当のいろどりに重宝する一品

ふつうのハムより、くちあたり軽く

小さい水玉っぽくみえる、ポップな見映えもよい

d0152574_946699.jpg



このハムには思い出がある

亡くなった義母が、まだお元気だったころ

ある日、あそびにいったら、台所でおひるご飯をたべていらして

皿からお箸でビアソーをひょいと一枚とり、

ごはんにのっけて、くるりと巻いてほおばるところだった


なんかね

おしゃれで、気丈な義母が、小さい子みたいにハムをごはんに巻いてる姿が、

とてもほほえましい光景で

そのちょっとした、お行儀のわるさがかわいらしかったのだ






こでまりの花やら、ビアソーやらをみて、亡くなった人をしょっちゅう思いだす

そういうとき、

死とは、そう遠いものではないんだな、さびしいばかりではないんだな、とおもう

by qqpm6m89 | 2010-01-25 09:49 | 思い出 | Comments(4)

名残りジェリー




毎年、おねがいしている林檎農家さんの実も、そろそろおしまい

なので、今冬最後のジェリーをこしらえておく



去年は三回くらい仕込んだようにおもうが、今年は二回だった

ジャムだとどんなものでも、なぜだかあまり消費しきれないのだけど

ジェリーにすると、くいくいいけちゃう 

「たべる」 ではなく 「ながれこむ」 感じだからだろうか


d0152574_19503955.jpg





















なにより、

きれいだからすきなんだ、と思う

by qqpm6m89 | 2010-01-24 19:56 | 三度の食事 | Comments(8)

酒 と 女



お酒の味はすきなのに、アルコールによわいので

飲み歩き、とか、飲み比べ、とかがなかなかできないのが歯がゆくてたまらない


いわゆる 「いけるくち」 とよばれる人達は

老若男女にかかわらず、魅力的なひびきがある

呑んでも、顔色ひとつ変えない、的な格好良さがぐっとくるのだ

わたしは、酔ってきたときの合図が 「 左右にゆれる 」

はしゃいだり、泣いたり、説教をはじめるのではなく、ただただゆれる

ゆれてきたら、すぐまわりにばれるので照れる




で、 「 醴泉 」 というお酒がおいしいと耳にした

そら呑まな、とさがすも、なかなかみつからない

したら、情報がはいったので行ってみたら、即あった

しかも醴泉の色んな種類も豊富においてある

ふだん、ガセネタばっかりくれる家の人のめずらしい快挙だとおもった



店内は、スキッとしていて

品ぞろえも豊富、

オーナーがコレクタという、河井寛次郎のすてきな作品なぞもいろいろ展示してある

目当てでいったのは、醴泉のなかでも「蘭奢待(らんじゃたい)」という大吟醸だったけど、

いったん手にとるのをがまんした

楽しみのレベルは段々あげていくほうがよかろう、と

すすめられたものは、とても美しいお味で、夜の鍋もはなやぐ

d0152574_11292923.jpg


































女、と生まれたからには

一升あけても一糸みだれず、的な粋な女性になってみたかったが、

左右のゆれは、ひどくなるばかりである

by qqpm6m89 | 2010-01-24 11:38 | 愛用品 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧