お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今年№1コマーシャル

わたしは、CMみぃであるが

今年、いや、ここ数年でのナンバーワンコマーシャルを決め付けた



ソフトバンクの携帯電話は、まったく贔屓にしていないが
ソフトバンクのCMは評価している
人気のおとうさんシリーズは魅力的だ
魅力的だが、最近はちょっとパワーダウンというか、出来のよくないものも多かった
ちょっと、長丁場すぎたのかな




が、
新しい、ブラッドピットと武蔵丸親方のは、抜群に良い
ひどく、抜群によい

すべてが、あますところなくたのしめるので、何回みても新鮮で目がくぎ付けになる




秘書というか、執事には
ブラッドピットのように、端正な容姿をそなえた麗人がふさわしい

そして主には、
親方のような、愛さずにはいられぬチャーミングを生まれ持った御人がふさわしい
by qqpm6m89 | 2009-07-30 10:57 | テレビや映画やニュース | Comments(5)

魚献立

夏、というのは
野菜の出番がおそろしく増えるのに反して、家での魚料理は、なにかと敬遠してしまう



お魚特有の生ゴミの匂いやら
まな板の 「菌」 が気になって、どうしてもよそでいただきがちだ

が、そうそう料理屋さんに出向いたり
魚屋さんでわけてもらった、「 皿に移すだけでいい 」 お刺身ばっか、というわけにもいかぬ





で、 あ、魚不足・・・
とか感じたときには、サバ缶をざくっとほおりこんで焼飯をこしらえる








じつに、気楽で良い。
by qqpm6m89 | 2009-07-27 10:14 | 三度の食事 | Comments(4)

夏、といえば

ここいらの土地で、
夏、といえば、 「鮎」 だったり 「鱧」 が季節の代名詞となる



このワードがでると、

夏ねぇ・・・

なぞと、皆が口をそろえるし、わたしも追いかけて、同じよにうなずくのだが、
本当のところは、 「 鮎・鱧=夏 」 が一番手にはでてこない




このふたつは、結構おとなになってから堪能しだしたもので、
子供の頃のわたしは、お魚嫌いだったもんだから、逃げてて馴染みのなかった部類なのだ
なので、思い出としても浅い





ものごころついた頃から、今も続けて、毎夏仲良しなのは
目にも涼やかな 「水無月」 と、和菓子の 「鮎」



水無月をみると、
いよいよ夏がはじまるよ、と、聞かされながら出された、お八つの時間を

鮎をみると、
持ったときにたゆむ触感も本物のようだ、とはしゃいでかぶりついてた幼児の自分を思い出す





わたしにとっての、夏の代名詞はやっぱりこのふたつかも
by qqpm6m89 | 2009-07-25 18:40 | お八つ | Comments(0)

ゼンダマン



朝のローカル放送で流れているアニメを、けっこう見ている


ヤッターマン、ならぬ、ゼンダマンが今放映中だ





「  さーくらちゃーん、乗せたらハズカしポッポ

  てっちゃん乗せたら、勇ましポッポ       」




なぞと、一緒に歌う




で、ムージョさまの色っぽさはどこにあるのか、を考える

もちろん、あのくびれた腰や、すてきなボイン

縦長のおへそに、その上をはしるスジ線、なぞもおおきいだろう





が、意外にやっぱり決定的なのは、

唇を桃色でツヤっとさせているところに軍配があがりそうだ

まだ尻の青いさくらちゃんにも、それが言える。

by qqpm6m89 | 2009-07-25 10:23 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

皆既日食フェイス



男性は、お手入れをしない分、日に焼けやすい

家の人も御多分にもれず、右向いて左みたら、もう焼けている



昼、ガレージで自転車を一生懸命いじっていなすった

で、 「 あついよ~ 」 とか言いながら、

玄関に立っているのをみた時、あまりの黒さに



「 黒い!    か、皆既日食くらい、黒い! 」





と、叫んだ

彼は、異議をとなえていたけど、ほんとうにそのくらい黒かったのだ

玄関がうす暗かったのを差し引いても、

かなりのもんだった。

by qqpm6m89 | 2009-07-23 21:16 | 思い出 | Comments(0)

美容院

先日、散髪したものがなじんできたらしく、

くせっ毛のせいもあり、「 メグ・ライアン 」 みたいになってきた (←!)




今回は、時間がなくて、近所の美容院にはじめてとびこんだのだけど
仕上がりは、なんかギョッとする感じで、
うろたえながら 「 こ、こんなんにしてほしかったんです 」 とか、嘘を言って店をでた



よく、

「 お店をでるときには素敵なのに、家でセットするとうまくいかない」 って、お悩みを聞くが

今までの経験から、案外、できたての時のほうがアレだったりもする
美容師さん、意外とカットはお上手だが、ブローは苦手なのだろか?(失敬)








兎にも角にも、うまいこと切ってくだすってありがとう
by qqpm6m89 | 2009-07-22 20:35 | すてきー | Comments(5)

ブレンディ



色んな日記を拝見させていただくと、

世間のすてき奥さんたちは、コーヒーをたてるのもプロ並で、

おいしい豆を吟味し、ミルで香ばしく挽いて、

おしゃれなケメックスなぞをつかって優雅に淹れなさる

じつに、うまそうだ




上手にできないわたしは、といえば、

家でのむのは、もっぱら 「 ブレンディ 」 のインスタントコーヒー

格別の一杯をいただきたいのなら、迷わず、おいしいお店に出かけて所望する  

これが一番、まちがいがない




昨今、色んなインスタントコーヒーもでているが

買うのはいつも同じ銘柄だ

きっかけは、というと若い頃、

一人暮らしをしていたアパートの近くに、女友達も部屋をかりた

自転車で十分くらいの距離である



彼女は、夜遅くなると、いつも 「ピンポン」 と、やってきて、

それからふたりで、延々とたのしいおしゃべりをはじめるのだ

季節は冬で、

ストウブにかけた薬缶のお湯をなんどもそそいで、

話のお供にしたのがインスタントのブレンディだった

ハーゲンダッツの特大サイズに匙をつっつきながら茶碗をすするのも、

ふたりの気に入りだった






わたしは、当時いろんなことがちょっとしんどい時期で

友人は、さみしくないように、と、足しげく通ってくれたのだろうね

そのころの毎日が、とても懐かしく、大好きだから


ふたりでおかわりしつづけたブレンディの味が、今も好きなんだろうな、と思っている。

by qqpm6m89 | 2009-07-19 20:10 | 思い出 | Comments(3)

丑三つ時



ゴルフの全英オープンを、夜中、死ぬ気でみている

夜に弱い身には、ひどくこたえる




ちょっと前は、ウィンブルドンを死ぬ気でみていた

かなり睡魔におそわれるけど、まさか太ももを針で刺しながら、ってわけにもいかず、

縫い物をしたり、お台所で、お出汁をとりはじめたりして紛らわす




とりたての出汁の香りは格別だ

辛抱たまらなくなって、

丑三つ時にご飯をよそい、塩昆布をのっけ、上からできたての汁をたっぷりかけてすする

この夏、もう三度は 「夜中・汁飯」 を、秘密で内緒にたべた








美容に悪いわー

とか、叫びつつ、そうそう止められるもんじゃない

by qqpm6m89 | 2009-07-18 19:39 | 思い出 | Comments(0)

好きだけど



うちの毒ウサギは男の子

昔、あまりにいきり立った縄張り意識がひどく、

家の人なぞは、それはそれは強く噛まれていた

その反面、女性のわたしには、メロメロのべたべただった




獣医さんのすすめで、かわいそうだが去勢をして

一時はおとなしくなったのだけど

しばらくしたら以前の凶暴性はうすまったものの、今でも悪ん坊で、今でもさかる

日もごはんをあげようと部屋に手をいれたら 「 すきよ~ 」 と、手にまとわりついてきた

飯碗にかりかりさんを、パラパラといれる

一瞬、するどい目つきでそちらをみたけど、

また、 「すきよ~」 と甘えてき・・・・・・・・・




たと、思うたら

すぐさま、くるりと尻をむけて、カリカリさんにかぶりついた

がっつきながら横目でこちらをうかがっている


「 大五郎ちゃん、ボクあんたのこと好きや  

  すきやけど、

  ちょっと、先、・・・・ご飯よばれてしまうわな    ガツガツ! 」


と、いう感じ




うさぎ、

アンタの愛情は、けっこう薄い





      

by qqpm6m89 | 2009-07-17 19:50 | 小動物 | Comments(0)

コブラがえり

久しぶりに、調子に乗って街をヒールであるいていたら

夜中、案の定こむらがえりを起した





その痛さたるや、世界の 「三大痛い」 に堂々と入るべきだと思う


あおい頃、海で足をつっておぼれた、なんてニュースをみるたび、「ほんとだろか?」と訝った
片足がつったって、両腕とのこった足で泳げるじゃあないか、と

が、水中でこむらがえりを起したりした日には
どうにも、こうにもならぬだろうと、あらためて実感する




うちの両親は、ずっと 「コブラがえり」 と呼んでいた
だから私も、二十数年そう呼んでいた

大人になって、「こむらがえり」が今はどうやら正しいのか・・・、と知ってからは訂正した




私を含め、
おおくは、あの部分がコブラに似ているから、と思い込んでいるらしいが
そりゃ無理なくて、まったくもってそっくりなんだもの
しょうがあないじゃないか





かま首もちあげたヘビがよじれて、シャーッ!とうめいている姿さながらだもの
あの状態って。

おお、イタ
by qqpm6m89 | 2009-07-17 09:58 | 思い出 | Comments(3)


カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧