お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2009年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

白手袋




先日、夜食事にむかったさい、

紺色の薄手の春コートに、しろいマフラ

ちょっと冷えていたので、足元も黒いタイツに暗めのショートブーツを履いて行った

ハンドバックも紺色だったから、夜目には、重い感じ

春なのに





なので、デパートに飛び込み

白い革の手袋をさがす

今の時期は、手袋もセールでお安くなっていた


マフラと手元を白にすると、

きちんと感がでて、全体がパッと華やいだ

by qqpm6m89 | 2009-02-28 12:08 | すてきー | Comments(0)

ご馳走




デパートに行ったら、上の会場で料理屋さんの発表会、というか

いろんなお店の料理が展示してあった

おっ、と思うものもあったが

大方は、乾いちゃってて、とても残念

とくにお蕎麦のお店のなんか、麺がかぴかぴになってたりして、

あろうことかサランラップとかかけてあるのもあったりして、

こんなんじゃ 「見せ損」 だよ




もったいないなぁ、食欲失せちゃう・・・・

って感じだったが、でもいいのだ

今からとびきりのご馳走を食べにいくんだから



西木屋町の四条をすこし下がったところに、

年配のいなせなお母さんと妹さんがなさってる小料理屋さんがある

いつ行っても、100%美味しくて、

「 生きる、とは、こういうご馳走をたまに食べれることだ 」 と思う

ひとくちたべるごとに、ニョッと背が伸びるかんじ


まずは、さいの目に切った筍の木の芽和えの美しさと旨さといったらまぁ・・

春のよろこび全開だ

おかあさんは、「まだ筍ちょっと早いね、もうじきもっとおいしなるさかいね」 と仰るが、

これがアレなら、もうじきはどうなるの!というすばらしいお味

ボリュウム満点のお刺身やら
味の濃いこっぺ蟹
炊き合わせのお出汁の透明さやら
ほくほくの、ゆりね饅頭にきれいな葛餡がとろ~りと
すばらしくジュウシイでぶ厚い鴨ロース
焼きもろこの品のよい香ばしさと、ふきのとうをはじめとする春野菜の天ぷらに
主役といってもさしつかえない女将お手製の漬け物が
大鉢に惜しみなく、どんと盛られてご飯とでてくる


なんという旨さよ

最後は水菓子に、甘い汁のしたたる、お陽さま色のせとか






おかあさんは、京都の女性でありながら

江戸っ子のような気風のよさのあるおなごさんで、だるいところがちっともない

高級料理なのに、盛りも惜しみなくどーんとのっけてくださる

「あれも食べぇ、これも食べぇ、それも呑みぃ」 ってがんがんすすめてくださる

いつも義父にご馳走になるので、たしかなお値段はわからぬが結構なものだろう

でも、そこらの、御料理だけで二、三万とるようなお店よりかなり値打ちがある

ここでよばれるたび、




自分で、家で、ついぞ真似などしようとは思うな
このような食事をととのえられるひとは、神様にえらばれたひとたちなのだ
けっして、己で真似しようなぞと、ずうずうしく思い上がるな




と、肝にすえる

ひとには 「分」 がある

by qqpm6m89 | 2009-02-28 09:16 | お店 | Comments(0)

芳しきかほり

「 とれないかも・・ 」 

なーんて、わたしの勝手で不吉な心配をよそに、おくりびともしっかりオスカーをとりなすった
モっくん、ブラーボ





という、よいニュースを耳にして機嫌よくおつかいにでかける
自転車をこぎすぎたので、賀茂川沿いのお店の、タコライスとココアで一息ついた

そのあと、パン屋さんによって食パンを買おうとしたら、
店員さんが 「 今、焼き立てなのでスライスできないんですー 」 と仰った

「 そうですか、それでは一本いただきましょう 」

太っ腹かつ小生意気な感じでお願いする





やきたてのパンも、一本となると小麦の香りがすごい
部屋中が、むわんむわんと麦麦してる
じぶんちでパンを焼かれるお宅は、いつもこのような幸せにあずかっておられるのだな
わたしは無理なので、たまのこんな瞬間は貴重である



西洋の主食、
焼きたてパンの香りはすばらしい

東洋の主食
炊きたてご飯のかほりもすばらしい






さすが、両方とも 「主食」 だけのことはある。
by qqpm6m89 | 2009-02-23 19:04 | 三度の食事 | Comments(2)

「 けがらわしい 」

もうじき、アカデミー賞で 「 おくりびと 」 がどうかと持ちきりだ


そのまえに、「つみきのいえ」 が受賞されたとのこと、じつにおめでたい
アニメ大国・日本の底力だな



で、おくりびと
モッくんと、納棺される故人たちの美しさがきわだった映画だね、と思った

広末さんは、以前ご自分でも 「後悔だらけ」 と仰っていたように、ちょっと残念だった

いちばん気の毒だと思ったのが
よく紹介される場面で、夫婦がもみあって「 さわらないで! けがらわしい!」 とさけぶ台詞






けがらわしい





とても浮いている台詞だな、と感じた
他の場面はどれも、どなたも、ふつうな感じで、自然な感じの言い回しになっているのに
この言葉だけが、じつに奇妙でしっくりこなかった

嫌悪感をあらわすにしても 「 けがらわしい 」 なんて、芝居がかりすぎではあるまいか
奇妙すぎて、良くない意味で、一番印象に残っちゃった




あそこの場面のせいで (←ひどい)
ひそかに、残念だけど賞は取れないんじゃないかな・・・・、なんて思ってしまっている。





で、でもガンバレー! (複雑)
by qqpm6m89 | 2009-02-23 12:21 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

猪木さん

朝、テレビでアントニオ猪木さんの誕生日イベントが流れていた


猪木さんの、そっくりさんたちがあつまって、にぎやかしておられた





アントニオ小猪木さんとか   ( 小柄だが似ている )

アントキの猪木さんとか    ( かなり似ている )


で、ものまね元祖で真打ちの、春一番さんはー






いつのまにか
ものすご、ぽっちゃりしていなさった


春一番さんは、かつての春一番さんではなかった







でも、好きだ
by qqpm6m89 | 2009-02-23 10:23 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

冬薬

     「 わたしの血は、林檎でできています (byなおみもどき) 」


というくらい、
秋冬はりんごをばりばり食べる

むかしは、このあたりの林檎というと、流通に時間がかかっていたのか
歯ざわりの悪い不味いものが多かった

今のような、カリッと、パキっとした爽快な林檎は手にはいらなかった
だので、すきじゃなかった



で、一度、父親が北海道旅行をしたとき
車で農家さんに寄って、売り物ではない、ふぞろいのりんごを沢山買ってきた
それがまぁ、甘酸っぱくて、しゃきっとしててほんとうにおいしかった
よそさんは、こんなに美味しい実をたべていなさるのか・・・・、とおどろいた






今は、すばらしく美味しい実を全国から取り寄せることもできるので、
たくさん食べて、
たくさんジェリーもこしらえる
林檎のジェリーを仕込んでいるあいだ、
ちょっと喉がいがらっぽかったので、昨日仕上がったばかりの金柑のジェリーをお匙にすくう


ああ、良薬くちに甘し
by qqpm6m89 | 2009-02-22 11:40 | お八つ | Comments(0)

お国色

先日、家の人が社内旅行で、カニ温泉旅行へ行ってきなすった (レトロ)



帰ってきて、みやげ話を聞いていると




   「 おもしろかったのがね
     
     自由時間は、観光したりなんなり、皆好き勝手ばらばらにすごすんだけど
     ふらっと、お寺にいってみたら
     京都出身の人達だけが、みな、わらわらと集まってくるの
     申し合わせたわけでもないのにね

     で、『 ええわぁ、ええわぁ 』  ってお詣りするんだよ  土地柄の血かなぁ      」





だそうだ

ふだんはそんなこと意識したことないし、金閣寺も銀閣寺もまともにみたことないくせに
お詣り、というのはふつうに、毎日に組み込まれてる




私たちは、きっと、おがまずにはいられない性分なのだろう







     

で、旅のおみやげは 「豪華・高級大蟹」
ではなく

旅館のかりんとうと、地元の高島屋のケーキだった



忘れてたな!
by qqpm6m89 | 2009-02-22 08:42 | 贈り贈られ | Comments(0)

ジン・トニック

わたしはお酒の味は好きなんだけど、弱いのであんまり呑めない

レストランでも、
普通一杯か、多くておかわりぐらい
だので、じつにもどかしい

家の人も弱いので、いつも二人、だるまみたいに赤くなりながら外食している
赤ら顔って、ほんとうに滑稽なので、互いの顔を笑い合う
こんな人に恋したのかしら・・・・って思うほど、おっかしい






今日のお昼、
ちょっと気分が小生意気な感じになって
ひとりで、ジントニックなんかをつくって、ひっかけた

したら、ものすご酔いがまわって、くらくらになって
今の今までお昼寝をしてしまった

昼寝厳禁のポリシーがくずれた






昼酒ってまわるなぁ
by qqpm6m89 | 2009-02-20 15:50 | お八つ | Comments(0)

コーンフレーク

朝、ごはん代わりにコーンフレークをむしゃむしゃ食べながら思い出す


昔、こんなお菓子みたいなんが朝ごはんだなんて外国の子はいいねぇ、と羨ましかった
で、真似すると、きまって母親が

「 そんなのごはんの代わりになる訳ありません! 」

と、怒るから、
コーンフレーク飯のあとに、日本の朝ごはんをもいちど食べさせられたりした
おかあちゃんは、わかってへんなぁ・・・とあきれつつ
自分でも、アメリカの子はほんとに毎日こんなんでいいのかな?、 ともよぎっていた

だって、ねぇ


あんな、チョコ味の丸いやつとか~

もっと、雑穀とか干し果物とかナッツとか色々入ってて栄養もたっぷりあるのだろうが
やっぱりそれだけじゃ心もとないのが正直な心情
日本人は一生、その 「たよりなさ感」 は持ち続けつつ食すのではないかな






と、いうか
以前ニュースで、アメリカかイギリスで生きたへびがフレークの箱の中から出てきた、
って言っていた


「 たよりない、って感じるひとは、オマケの動物性たんぱく質を焼いてたべてね!ウフ 」




ってな、サービスだったのかもね
by qqpm6m89 | 2009-02-20 10:26 | 三度の食事 | Comments(2)

ビビる

こないだ早朝、けっこうな地震があって揺れた

旦那さんは、となりで阿呆みたいな顔して寝ていたが
私は、揺れ戻しがないか、と気が気でない

気が気でないわりに、寝間にはいったままだったけど、あれこれ考えた





これで、急に避難することになったらどうしよう
とるものもとりあえず、ってったって
わたしは、ふだんから阿呆みたいな格好で寝ているし、これでは飛び出せない
しかも外は、素足だと寒かろう


で、いつも玄関においていある買い物かごに
お財布をいれ、
とっくりの赤いセーターをいれ
手袋と靴下もつっこんでおいた   横にダウンジャケットも置いておいた








すごく安心して、二度寝についた。
by qqpm6m89 | 2009-02-19 10:35 | 思い出 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧