お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2008年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

しんごちゃん



世の中に話術のプロ、という方はおおぜいおられる

しかし

よどみなく、おもしろく、間をもたせられるひとはそうそういない

お茶の間で人気の大御所さんや、芸人さんたちですら

まとまった時間を、こちらが 「 つらくなく 」 聞き続けるのは、とてもむずかしい

だんだん、つらく

ちょっと、しんどくなってくる

笑わなくちゃいけない、って自分の口元が疲れてきちゃうのだ

そんななか、

いつ聞いても安心して、「 耳・表情筋・不安なき気分 」 をゆだねていられるのが



柳沢シンゴちゃん



彼こそ、おしゃべりのプロだと思う

日本の、というより世界屈指の達人だとおもう

だって、いつみても (コテコテの芸風なのに) つらくならないのだ

あと、意外なところで、元野球選手の パンチ・佐藤さん

彼のよどみなさも、尋常ではない。

by qqpm6m89 | 2008-09-29 09:48 | すてきー | Comments(4)

パンチング

夕飯の支度をしているとき
テレビでは、格闘技の白熱した試合がながれていた



ひき肉をこねながら

     
         
         ひとを殴る、ってこんなかんじだろうか・・・・・・?




って、おかず肉にむかってパンチしてみる



ロッキーの映画みたいに、吊るされた牛肉のかたまりに攻撃するなら感じもつかめようが
うちはそんな高級なお肉は用意できないので
お手頃なひき肉に、パンチをくらわすのだ

が、やはり手ごたえがなく
鍛え上げられたファイターのボディに一発、ってわけもなく
たっぷたぷのメタボな父さん族のお腹を、ぺちぺちたたいているみたい



感じ出ないわねー





普通のひとは
とくに女性なら、「 ひとを殴る 」 なんてこととは、一生無縁のまま終えるだろう
むろん私もそうで、生身の人間(動物も)のからだを殴る、なんて怖くてふるえちゃう

むしゃくしゃしてるわけでもない
が、
血湧き肉おどる試合なんかをみていると、自分でも 「シュッシュ」 って腕をふりたくもある
そして、それは、
たいがいクッションやら、餅やら、ひき肉やらの代用で気がすんでしまうのだ

闘いの本能でパンチした残骸が
食欲の本能でおかずに変化してたりするのも特徴で





うちは、ひき肉を殴りたおしたあとに
ピーマンの肉詰めが、一品仕上がりましたよ
by qqpm6m89 | 2008-09-28 09:23 | 三度の食事 | Comments(0)

大銀杏



テレビで、髷を結った関取衆をみるたび

すてき~、と思う




色白で、髪色のあかるい外国の力士ですらきりりと格好よいのだから

アジア人や、本元の日本人には、いっそうりりしく似合ってる

こういってはなんだが

彼らが引退されて、現代風の男髪にもどられるときより

どなたのマゲ姿も最低八割方は男っぷりがアップしてるし

千代の富士のよな、芸術的にりっぱな大銀杏ならずとも

ちょっとうすくなったさびしいチョンマゲにただよう風情にも、女性はぐっとくるものだ

現代の男のひとは、なぜこのような 「モテ髪」 を放棄してしまってるのだろう

鬢付け油の香りは、そこらの香水より異性をとろかす媚薬とも聞くし

もったいなあ





女の人にくらべて、男性がより和装からはなれていくのは至極当然だ

理由はもちろん、「 格好よくないから 」 

着物に、今の髪型はまったくにあわない

双方のよい部分が、ぜんぶ消されちゃって、かえって格好悪くなっちゃってる

男前も道化みたいになっちゃってる

ふしぎねぇ



とくに、結婚式

人生の晴れ舞台なのだから、もうちょっとなんとかならないだろか

女性は、白無垢、色内掛のさいには、カツラをかぶるんだから

男性だって、ロン毛のひとなら大銀杏でも結ってもらえばいいのにな

気合のはいってるひとなら、月代の部分をゾリっと剃って江戸時代風のちょんまげとか

長さの足りないひとなら

太秦映画村で、かつらを借りてくるとか





ねぇ

by qqpm6m89 | 2008-09-27 19:32 | すてきー | Comments(0)

鏡力

女性と鏡ってのは、切ってもきれぬ縁があり、なくてはならぬもの

それはお家の姿見や、化粧台や、手鏡だけでなくって
出先のそれも気になる




たとえば、
映画館やら、ホテルやら、レストランやら、まとまった時間をすごすお店の鏡は重要だ
「 いい感じ 」 に己が映る鏡はたしかに実在していて
よそとはあきらかにちがったりする

女性の場合、とくに食事なぞではめかしこんで行くことが多いので
ちらっと化粧直しに入った鏡に自分がきれいに映っていると、たいそう気分が良い




照明やら、壁紙の加減で
化粧室での映りと、テーブルでの映りが同じ、と言い切れないから
もしかしたら、
大事なテーブルではおっそろしくどんよりと相手さんに映ってたりするかもしれぬが
自分の目で確認できる場所が「良」なら浮かれてしまう


そういう鏡のあるお店は、ついつい利用したくなる 贔屓したくなる







よく行く映画館は、祇園会館という建物で
古いが清潔で、広くて、とても雰囲気があるとても大好きな館だが、
それは、そこの鏡が 「 美人に 」 映るのも、好きな一因になっている



「 美人 」 に。 ( ←異議あり )
by qqpm6m89 | 2008-09-27 13:13 | すてきー | Comments(0)

琴線に触れる



正しい、正しくない、にかかわらず

自分なりにしっくりした 「 読み方 」 ってものがある


たとえば

手紙などの封書にしのばせるお香なぞは 「文香」 といって、

一般的には 「ぶんこう」 と発音されることが多い

されど、「ぶんこう」 や 「ふみか」 というより 「ふみのこう」 と呼ぶほうが美しい




たとえば

いぜん数人と海の町へいった際、友人は、そこここにある 「活魚料理」 の看板を

カツギョと読んだ

けっしてまちがってはいないが、皆は 


「 カツギョって! イケウオ料理でしょ、ふつう 」


ってさわいだが

彼女にしてみると、魚のぴちぴちさが 「カッ!としてギョーッ」ってイメージだったのだ




たとえば

私は昔から、「 琴線に触れる 」 って表現を 「 ことせん 」 で通す

この優雅な漢字を発音するのにはこっちの方が断然良いと思って、そうしてる

が、それをその場で説明するのは、じゃまくさいので

無学、と笑われても、そのまんまにしている




だから

初対面の方には

「 マァ! 大五郎さんたら   ちょっとまちがっておられるのね・・うふふ 」




と、心のなかで可哀想がってもらってるだろし

親しい友人のなかでも 「コトセンにふれる」 って言った瞬間、

ハッとして、さりげなく 「 ・・そう・・キンセンにね・・」 って、直してくれる

なんて不憫な子・・・ と、泣いててくれると思う

が、皆さんのこころの痛みをよそに


わたしは今日も 「コトセン」 と言いつづけるのだ







by qqpm6m89 | 2008-09-25 10:29 | 思い出 | Comments(0)

岡江さん



今朝は、家の人がお休みをとったので、寝間でのろのろぐだぐだしていた


寝っころがりながらテレビをつけたら

はなまるテレビをやっていた

あいかわらず、朝に似つかわしくないヤッくんの犯罪者顔 (←失敬) だね~



とか、思いながらみる

ハッと気付いたら、横に岡江さんの姿がなかった

遅めの夏休みなのかな

したら、今までぐっすり寝ていたはずの彼が


オカエさん・・・・・・。 どうしたんだろ・・・・

・・・・・・・・・  ちょっと、心配だな・・・・・・・      


って、蚊のなくよな声で言いなすった



おそろしく意外な発言にふりむいたら

もう、ホケ~と寝息をたてていた

ミステリー





by qqpm6m89 | 2008-09-19 10:18 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

発情期

昨夜、ぎゃ~お、ぎゃ~お、と

ネコがながいこと鳴いていた。  発情期だろうか


しかし、赤ちゃんの泣く声によく似ているな
昔、サザエさんかなんかの漫画で、ネコがあんまりうるさいから
うるさーい、つって、怒鳴ったら
人間の赤ちゃんだって、そのお母さんが 「 しょうがないでしょ!」 って怒った

ってなお話があった
たしかに、まちがえてもしょうがないほどよく似ている



泣き続ける奇妙な声を
毒ウサギは、固まってきいていた

こわいのだろうか?

それとも、アプローチできるお相手が自分には居ないのを
嘆いているのだろうか





知る術もないけど
by qqpm6m89 | 2008-09-18 09:58 | 小動物 | Comments(2)

お尻か、顔か



テレビをみてたら、インリン・オブ・ジョイトイさんが


「 グラビアの女の子たちは、あお向けには、寝ません 
       
  お尻の形がつぶれちゃわないようにです        」


と、おっしゃっていた


なるほど

さすがプロ、いついかなるときも、体の線には気をつけているんですね

まぁ、偶然

わたしもそうですよ、横向きに寝てますよ、おなじですね ( ←ずうずうしい )

無論、ジョイトイさんのように意識的にやってるわけじゃなく

昔っからのくせで、あおむけに寝ててもすぐ横にたおれてしまう、癖になっている

しっくりくる

そういえば、以前きいた美容家のおはなしでは




うつぶせに寝ると、顔全体が老けます

横向きにねるひとは、下っ側の顔半分が老けます  




と、聞いたことがある

かなりこわくて、当時は仰向け寝を練習したものだが、うまくいかなくてすぐ忘れた 

で、今回、ジョイトイさんの話で思い出したのだ

しかし、どう転んでも



       あおむけなら、お尻がつぶれ
       よこむきなら、 顔半分が老けるし
       うつぶせなら、 顔全部が老ける・・・・・・・・



八方塞りじゃないの!

こうなったら

お尻の部分だけ丸く穴をくりぬいたハンモックにでも寝るしか、手立てはあるまいに

by qqpm6m89 | 2008-09-14 21:06 | テレビや映画やニュース | Comments(6)

Tシャツ と 執着

まだまだ日中は汗ばむが、さすがに空気は秋の風合い

なので、そろそろ箪笥の中身も、「 夏真っ盛り!」 ってもんやら、Tシャツやらは
奥のほうにしまいはじめる




で、そのさい
もうくたびれてきたな、と思う衣類にはジャッジをくだしてゴミ袋行きにする
でないと、せまいアパート、収納処がパンクしちゃうからね
が、そのジャッジもけっこうむずかしく
一回だと誤審のばあいもあるから、最低二回は審議する




いよいよゴミ箱ゆきとなったものからも



        ・ 雑巾とか窓拭きにつかえそうなもの
        ・ かわいいボタン



なぞは、救済して再利用してゆく
結局、処分する量は大したことなくなって、スペースもあんまりこざっぱりしないのだが
唯一、大胆に、バッサリ、いさぎよく大鉈を振るうものもあって
それは

私の服「以外」全般 ( ←悪人 )


とくに、Tシャツなんかは、もうよれよれになってるし
じゅうぶんお世話になったんじゃない?
色もなんかはげてきてるよな気もするし、そろそろ拭きそうじ用に回してもいいんじゃないか


が、男性のTシャツにたいする想い入れはすさまじいものがある
捨てる用にしばられたゴミ袋の封をあけて、ひっぱりだし
別れをきりだされた女のような懇願をするのだ

女性だって気に入りの服には執着するが、
いくら気に入ってても、「よれたTシャツ」 にまでは、ちょっとね






そんな、こんなで
せっかく選別した袋をかきまわされ、
うちの押入れは、年がら年中、ちっともスッキリしないのだ
by qqpm6m89 | 2008-09-14 11:01 | 思い出 | Comments(0)

姿造り

お昼に、ふとお刺身がたべたくなったので


「 割烹 」 とはなってるも
1500円でお釣りがくるような、定食屋さんに自転車をはしらせた



充分、というか、
ともすれば、男性でも途中で「たべ飽きる」ほどのお刺身がのっかってくる
この量だと、白いごはんは大盛りをほしいとこだが
お刺身はもちろん、ほかの小鉢のふんだんさにくらべて、飯の盛りはじつにひかえめ

このあたりが 「割烹風」 なのだろうか ( 知らんけど )




で、家族はかんぱちの定食にし
私は土壇場で煮魚か、塩サバか、になやんだが、けっきょく鯛のお刺身定食を注文した

かんぱち半分ちょうだいね
鯛も半分あげるから



で、注文のお品がはこばれてきたのだが・・・・・・・

ギエー
コワイー
大皿に、頭もー、尻尾もー、ついているー
定食なのに姿造りなのかーっ
ヤメテー
しかも、黒いのよー




わたしは、日本人でありながら 「活き造り」 とか 「姿造り」 はグロテスクだと思っている
焼き魚やら、煮魚の尾頭付きは、むろんなんともないが
装飾的な意味合いをもつ、お刺身の姿造りは生々しくて困ってしまうのだ
だって、それはもはや、自然のままの姿でもない

作ってくれたひとには申し訳ないが、つらい




断腸の想いで
運んできてくれたお姉さんに






     「 すみません
       この頭と、尻尾、はずしてもらえませんか・・・ 」





と、お頼みする
だって、このナマの顔と尻尾を左右にみたまま食事を終える自信ない
そんな胆力、わたしには無いのだ よわむしなのだ

で、再度到着
ほら~、無いほうがおいしくみえるじゃないの
ほら~


って、安心して食べはじめる






が、ハッと気付いたら
両側のご隠居さんとサラリーマンさんも、わたしと同じのを食べてらして
彼らのには、もちろん立派な黒い顔&黒い尻尾つき


視線をぜったい
おとなりに向けないようにして、食事を終えた
by qqpm6m89 | 2008-09-10 08:07 | 三度の食事 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧