お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89

<   2008年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

犬 と 少年

おつかいの帰り、橋のうえを歩いていた
真っ青な夏空で、賀茂川の水と、河原の緑と、お山のコントラストがとても清清しい


きもちいいね



気持ちよがっているのは、わたしだけでなく、河原のベンチでおしゃべりする若者や、子供や
お年寄もたのしそう

ふとみたら
おおきなラブラドールを連れたおじいちゃんと、孫がいた
犬は何か大喜びで、小さな孫にじゃれまくっている   
ほほえましい

が、
じゃれかたが段々尋常ではなくなってきて、 バッ!とびついて、孫を地面にたおして


漫画とかにある
とっくみあいのケンカをしている二人が地面をつかみあいつつ回転している場面 (←長い) 
みたいに転がっている


ゴロゴローッッ (大回転)


エエーッ





おじいちゃんが、首縄をぐいと引いて 「やめなさい!やめなさい!」 つって
やっと引っぺがして
ふらふらの子供が、ようよう立とうとしたときに
また犬は喜んで、「ウレシイ!ウレシイ!」つって、がばーっと飛び掛った前足が
今まさに起き上がる子の後頭部にゴチーんと当って、また子はうずくまった


じいさんは懸命に綱をひっぱるが、喜びのあまり興奮している大犬の力にかなうわけもなし

で、やっと 「やめれー!」 つって犬をひきずっていかれた

で、子供は地面にボーゼンと女横座りしたまま残されていた






どうも、「孫」でもぜんぜんなく
まったく関係のない間柄だったようだ



・・・・・・・・・・・・


えーっ!
by qqpm6m89 | 2008-07-31 10:37 | 小動物 | Comments(2)

水羊羹 と プリン



わたしが子供のころの、お中元の定番は


       ・ カルピス詰め合わせ
       ・ お素麺
       ・ 水ようかん



だったよに思う

今は全国の品が取寄せられるよになったので、この三大定番をいただくことは少なくなった

ちょっと、さびしいね


子供の側からすれば、

包み紙をはがして、カルピスだったら歓声、 素麺だったら落胆、 水ようかんなら微妙

姉は水ようかんが好物だったが

わたしは、あったら食べるかな? って感じ

その代わり詰め合わせの中に一つか、二つしか入っていない 「缶のプリン」 は大好物

が、姉も大好物

ていうか、子供は100%皆貴重なそれに、目をギラギラさせて狙っていた





      「 おねえちゃん、水ようかん好きだろう
        
        私の分の水ようかんあげるから
     
        プリンは全部、わたしによこせ  」





って、もちかけるも、たくさんある羊羹と、稀少なプリンでは取引が成立しっこない

姉どころか、

ときどき父親も母親も狙ってたりして、油断がならぬ

結局毎夏、いつも一つか、良くって二つしか食べたことがなかった

大人になったら缶プリンばっかりを死ぬほどたべるぞー、と

願っていた子は私だけでない筈だ



で、たいがい、その野望をわすれて大人になる

が、昨日生協に買い物にいったら、

駿河屋の缶プリンばっかりが八つも入ったのを 「お土産コーナー」 に発見

忘れていた幼き野望を叶えるため

即座に購入したよ

by qqpm6m89 | 2008-07-29 10:18 | お八つ | Comments(2)

青瓜 と ビール



今年はきっと、ビールの売れ行きがすごいだろな

お酒にそう強くない私だって、ついつい夕方になってくると

「 あついねー! ビールでも一杯やっか! 」 って、なる


夏って、すぐ汗ででちゃうから、酔いのまわりもおそく感じるのだろうか

ふだんは家なら、350ml缶一本も下手すりゃもてあましてしまうのに、

「 もう一本いこか 」 ってやけに威勢がよい

ご飯のお供じゃない場合、

おつまみの定番は 「 青瓜のお漬け物 」 である

わたしは、青瓜の漬け物がだーいすき

夏がうれしいのは、西瓜と青瓜が店先に出回るからといっても過言ではない

瓜系がすきなのね

そういや、イノシシのうり坊だって、たまらなく好きだもの


でも今日はそれがなかったので

第二の定番、 「 柿ピー 」 に手をのばした

先日、たまたま買った 「期間限定・ペッパー&マヨネーズ味」 しかないけどまあいいか

そういえば、なんか外人さんに柿ピーが大人気!ってニュースで言ってたな

観光客の外人さんが、コンビニで買って帰るんだって

そういや、私も祇園のコンビニでその光景見たことあるものな




柿ピーのうまさに国境はないのだね

by qqpm6m89 | 2008-07-27 20:10 | お八つ | Comments(2)

もいで、剥ぐ



先日、くるくる寿司に流れてくる 

「 蛇の皮寿司 (鯛皮のあぶり) 」 の話をしていたら

友人が、

「 それって、イカめしみたいな、詰め物系か? 」

って、いいなすった。





なんておかどちがいな想像するんですかアナタ

ヘビの胴体に寿司飯をつめるなんてアナタ

聞いたわたしが、気絶しかけるほどショックで、おののいた



そういえば、以前 「 マトリョーシカ人形 」 を知らない知人に、構造の説明をしたら


「 そ、その人形は、顔を何枚も 「もいで」 「剥ぐ」 ようになってんのか・・・・・・・? 」


って、青ざめていた。





説明って、むつかしいね

by qqpm6m89 | 2008-07-26 21:48 | 思い出 | Comments(2)

西瓜 と 妊婦



先日、お中元で、北海道の黒皮西瓜をいただいた

本当に黒くて、バクダンか!と、腰を抜かす

見たことはあったけど、食べたことはなくって

特徴としては、すっごく大きくて、食感は固く締まっててシャキシャキしてる


そして、わたしは無類の西瓜好き

ひと夏に十玉くらいは、ペロリと食べつくす

夏の自転車に、西瓜の大玉は辛いが、「 つらい 」よりも「 欲しい&たべたい 」 が勝る

何故にこんなにスイカ好きなんだろう? と思ったら

母が言うには

   

「 わたし、大五郎がおなかにいる時、スイカを一生分食べたのよ。
     
  姉さん(叔母)が
     
  毎週、大玉を幾つも持ってきてくれても 
     
  ぜんぜん足りないくらい食べたわよ

  で、「 黄疸 」 がでちゃったけどねー クスクス~        」



だそうだ

なるほど、私のスイカ好きは胎児のころからなのだな






そりゃあ、しかたないね

d0152574_19174281.jpg


 

by qqpm6m89 | 2008-07-25 19:27 | 贈り贈られ | Comments(4)

義父 と ワイン

先日、義父から電話がかかってきた

ちょいちょい電話をくだすって、食事に誘っていただく


おじさん、というより
「 おばちゃん子供 」、みたいな御人なので、話好きの、新しもん好きの、食いしん坊さん
息子は無愛想だから
女の私のほうが話しも弾むし、ついつい長電話になるのだ

お付き合いも広いから、お店も色々知ってなさるし、グルメである
自分の会社もしょっちゅう抜け出して、デパ地下の袋をいくつも抱えて帰ってこられたものだ





お酒はあまり飲まれないけど
葡萄酒くらいは、食事のお供にほんのすこし程度
あと、カンパリソーダとか、カンパリオレンジがお好き ( 女子か!)


以前、ご飯時なのでワインを手土産にもっていったら 





      「  あ、これ知ってる!
         ロッソ (Rosso) って書いてある
         この名前のワイン、お店でよくみるよ! 有名だよ! 」





って、喜んでくだすった

・・・・・・・・・え~と~・・・
Rossoって、赤ワインの 「赤」 の意味ですが~



ケラケラケラ!
ああ、おっかしい! ああ、かっわいい! 年配のおっちゃんはこうでなくっちゃ
しつこい薀蓄を聞かされるよりずっといい


で、なんでか知らぬが



      「 ぼくは、二千円以上のワインを飲む奴はきらいだ 」



とも、おっしゃってた
きっと、仕事で同席でもした、ワイン通の 「薀蓄マン話」 にうんざりしたことがあるのだろう



義父の教えを守って (ウソ)
うちでも二千円以上の葡萄酒は買わないことにしている。
by qqpm6m89 | 2008-07-24 12:24 | 思い出 | Comments(2)

ドリンク & ドリンク



この時期、ぜったい欠かせてならぬのが飲み物の仕込み

熱を出しとろうが

北に用事があろうが

女房子供を質にいれようが 




欠かせてはならない





朝いちばんで

麦茶をわかして、冷水でやかんを冷やしているあいだに

抹茶と甘味のはいったグリーンティーもボトルに注ぐ

夜のあいだに用意してある水出し紅茶や、水出し緑茶も、いい塩梅に抽出できているよ



それらを各容器にセットし、冷蔵庫へGO!

飲み物のボトルだけで、かなりのスペースをとっちゃう    あと、スイカと

麦茶なんかは、日に二回は沸かすのに

家族二人ぽっちなのに、これらを全部消費しちゃうのだ




麦茶は、やっぱり粒で煮出すものが良い

パックになってるタイプも便利は便利だろうが、煎り立ての薫りや味では比較にならぬもの

麦粒を濃い目に、芳ばしく煮出す

キンキンに冷えた、濃い麦茶は夏のなによりのごちそうだ





が、流しに時々、黒い麦の残骸がころがっていて


       

        キャーッ! 虫ー!




って、肝を冷やす見まちがいも、すくなくない

by qqpm6m89 | 2008-07-23 09:09 | お八つ | Comments(6)

涼 と 麺

あ~、あつい~
36度ってなに~

こう暑いと、食欲も落ちますね~  (←うそ)






食欲はまったくおちないが
やはり、冷たくてのどごしの良いものが食卓に並びやすい
一昨年あたりから気に入ってって、リクエストも多いのが 「 すだち麺 」
大阪かどこかのお店がなさってたと思うが、写真を見て、とってもそそられた

つめたいお出汁をはった素麺のお鉢に
一面がすだちの青い輪切りでうめつくされている、とっても涼しげで香りのよい碗だ





手軽にできるのもよい

お素麺は、毎夏いただきものが山とあるし
すだちはこれから旬なのでお安いし、箱にたっぷり入ってても500円もしない




朝、昆布と鰹のお出汁をたんとこしらえておいて、冷蔵庫でキンと冷やしておく
素麺をゆでて、しっかり冷水でしめて
つめたいお出汁を注ぐ
すだちを、ひとり一~三玉スライスして、お大尽に贅沢に鉢の上に浮かせる

で、おいしい山椒の粉なぞをパララとおとせば、まぁすてき



お出汁をつくれないときは
市販の麺つゆを、飲めるくらいの濃さに調節しとけばよいし

こんな感じの素麺版 ↓
d0152574_1924502.jpg




追伸
繊細で真面目なパンク少年UNJさん、
わたし、こんなんくらいしか教えてあげられません・・・・・・ごめんね
by qqpm6m89 | 2008-07-22 09:05 | 三度の食事 | Comments(3)

鰻 と 二つの顔

昨日は土用の入りだったので
晩ご飯の献立はウナギでいいや(丑の日じゃないけど)、お八つはきまりごとのあんころ餅だし


考えずにすんで、らーくちん






わたしは、昔から鰻が苦手であんまりたべなかった ( 今はガツガツたべる )

母親も姉も同じく好きではなかったので、皿は父親のまえだけに、ポツネン、と。
私たちはこの時期、その代わりに、厄除け用のあんころはしっかり食べる


鰻の何が苦手か、というと
あの裏っかわの 「皮」 の部分である

表面のお顔はふっくらと美味しそうだし、ぷ~んと香るタレの匂いも鼻腔をそそる
が、箸をいれて
いったん、うっかり、うしろの皮がペロリとでもみえたりすると
手でふさいで、見えないようにする
で、途端に食欲をなくして 「 ・・・・・ごちそうさま 」  ってなるのだ
ほかの魚にだって皮はつきもので(あたりまえ) それはべつになんともないんだけど
どうも、鰻については表の顔と、裏の顔のギャップがちがいすぎるというか

     

     「 健康的に焼けたさわやか青年 」
 
              と 

     「 魚の腐ったよな目をしたカエル 」 というか ( どんなたとえや )




ガツガツたべられるようになった今だって
やっぱり裏は極力見えないようにして、用心深く、注意深く、箸をはこぶのだ


そういえば、昨日書いたくるくる寿司屋さんでは
「 鯛皮のあぶり寿司 」 ってのも、時々くるくる~とまわってきたのだが
それがどっからどーみても 「 へびの皮 」 にみえて、おそろしくって


  
     きょ、今日は 「へびの皮寿司」 流れてこないだろうな・・・・・



かなりと、キンチョーした。
by qqpm6m89 | 2008-07-20 12:40 | 三度の食事 | Comments(3)

鮨 と 常連



会社勤めをしていたころ

時間のないときには、くるくる寿司でお昼ごはんをよくとった


ときどき、おなじよな時間に一緒になるご隠居さんもいらっしゃる

あるご隠居さんは、

しゃっとお店に入ってこられて

すっと同じ席に腰をおろして

毎度、


「 カニさら三つ 」


と、注文なさるのだ



店員さんも心得たもので

本来は一皿に二貫のってるかにサラダ巻きを、三貫のせて提供



で、ご隠居さんは

かにサラダ巻きをゆっくり咀嚼して 「 ごちそうさん 」 と、席を立たれるのだ

これみよがしに常連ぶって、店員さんなぞに話しかけず

だまって、寿司をみっつほおばる

一見、子供向きメニュウな皿をチョイスするところもキラリと光る

「通」とは、概して 「旨すぎぬ」 ものを常用にするのだなきっと   勉強になる 

決して長居しない、その鷹揚としたサマは

バーで一杯ひっかけて

すぐ席をたつ、粋人のようだ 

くるくる寿司だけど





その姿をみるたび、わたしと同僚は 「 すてきねぇ~ 」 と、感心してた





が、しょせん腹空かし人間、

そんな粋人を真似ようとおもっても

「 カニさらみっつ 」 だけでは、辛抱できるはずもなし

by qqpm6m89 | 2008-07-18 21:19 | すてきー | Comments(4)


カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧