お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:すてきー( 121 )

瓜割の滝



先週、若狭に鯖焼きをたべに向かったのだが

わたしたちはどこにいっても

色々まわって隅から隅まで楽しむ、ということができなくて

すぐ、しんどくなったり、面倒くさくなる老いぼれで

「 鯖食べて、へしこ買ったら、さあかえりましょうか 」 って感じになる



今回も、朝出て、昼過ぎには、もうあんまりやることがない

そろそろ・・・・、なんて、しぜん帰り道のルートを走りだした

しかし、それではあまりにもアレだから

魚屋でもらった、町の見どころパンフレットなぞをぱらぱらめくると

道なりに、瓜割の滝、というところがあり、行ってみることに



その滝は、

お寺の境内の奥から流れていて、ちいさな森にあって

かるい上りの道々には、うつくしい赤や黄の紅葉のじゅうたんが敷き詰められている

滝、というにはあまりに可憐で奥ゆかしい

人影もまばらで静か、水の音しかしない



この国は八百万の神や仏がおわす地だから

どの場所にも神さんはおいでなのやけど

こと、うつくしい水の流れをみていると、ふんだんに霊性というものを感じる

瓜割の滝と森は、ほんとに愛らしい場所なので

ここにおられる神さんも


きっと、ことのほか愛らしいお方なのだろう



d0152574_1259162.png

by qqpm6m89 | 2012-12-06 13:19 | すてきー | Comments(0)

うどん野郎



長いお付き合いをしている

わたしの若い友人たちは、

かなりな、言葉のチョイスの天才である



わたしの仲良しさんたち、というのは

あらためて見直してみると、ほとんどが変人の気があって

いや、普通人とよばれるひとは、ほぼ変人なのだが

変人、というのは、得てして天才の側面をもっていて

普通人の彼女らも、おおきくその域にあるとおもう

その側面が皆からみとめられるかどうかは、ともかくとし

わたしは、心底愛している




その中の女子が、昔、一時期  「 この、うどん野郎!」  というフレーズを使っていた

きくたび毎回、腹の皮をよじったものだ

対立する相手に対し、なんと生々しく、かつ、片隅に愛をのぞかせる罵声であろう




今朝、とつぜんその面白フレーズを思い出して、無性に言いたくなって、

別段、なにも責められることをしていない伴侶に


「 この、うどん野郎! 」   


と、さけんでみる
 

by qqpm6m89 | 2012-11-19 12:20 | すてきー | Comments(2)

うなじハゲ



秋らしく散髪してもらったヘアースタイル

とても動きがあって、キュートで気に入っている



しかし、後ろ姿をみると、

なんか、うなじの面積が広く、「 えのき 」 っぽくにも見えた

私は、襟足の生え際が高く、

人生でほとんど剃刀をあててもらったことがないほど、ぬるんとしている

なので、ふつうに短く整えてもらうと

かなり間の抜けた感じになるのだ


美容師さんも切り終えて、 

「 マジかよ 」 「 こんなはずじゃあなかった 」 的な表情に

みえなくもない





とはいえ、とっくりセーターを着るには丁度具合がよいし、

この季節、ざっくり背中が開いた洋服を着る機会もすくないので問題ない

こう書くと、夏にはセクシーにざっくり背中見せてんのか、となるだろうが

まあ、夏にも無い




話はかわるが、

こういう生え方をしている襟足のことを、私は「 うなじハゲ 」と呼んでいて

家の人も襟足が高いので 「 うなじハゲ 」 と呼び、

「 その言い方やめい 」  といやがられ

町中でおなじような方をみかけたら、

心の中で

「 ああ、あのひとも、うなじハゲね 」 と、赤の他人さんにつぶやいている






by qqpm6m89 | 2012-11-11 11:53 | すてきー | Comments(2)

美尻



男性のばあい、

女性のからだで目のいく一等は、

やはり男性にはない、豊満な乳房であるのかもしれない



当の女性のばあい、

もちろん、どこもかしこも気になるけれど

うっとり憧れるのは、

美しいお尻の持ち主ではないだろうか



美尻の宝庫は、

ブラジルをはじめとする、中南米系やアフリカ系の女尻     うなる!

d0152574_1272650.png


東洋系のわたしたちは、扁平尻がおおく

「ちいさくて」 「扁平」 はわかるけど

「おおきい」 のに 「扁平」 なぞと、二重苦に涙したりも



風呂上がり、

鏡に横姿をうつして、じっとみる

臀部の筋肉をぎゅっとしめてもちあげてみたり、

手の平に、尻の肉をおさめ、ぐいっとひきあげてみたりする

美尻のかたは、もちあげる手がうごく距離がすくないだろが

自分でためしてみると、おもいのほか、移動幅がおおきくて、さらに涙

さがっとる、さがっとる




と、さいきん己の恥をさらす日記ばかりかいているが

女同士だもの、わかってくれるよね
d0152574_1273814.png
みよ! これぞ、お尻界の女神!


                                 

* すばらしい映像はお借りいたしました






by qqpm6m89 | 2012-09-26 12:14 | すてきー | Comments(0)

女髪


きびしい夏の残りのなかにも、

時折ゆれるニュアンスに、秋をかんじる夕暮れあたり

西日にも、やや、やわらかさがにじむ




そんなとき、

まだすこし季節ははやいが

歌人・松平盟子のうたが、ほのかに似合い始める空景色がゆらゆら




    

     君の髪に

     十指差し込み引きよせる

     時雨の音の 束のごときを



                  「 帆を張る父のやうに 」




じつに官能的で、抒情的である




雨の日、

ああ、なんてすてきなの、と、うっとりしつつ

妄想で主人公を己におきかえてみるも 

散髪したての我が髪は

みようによっては、どこか 「 チャラ男 」 っぽくもあり

「 十指差し込み、ひきよせ 」 てもらえるほど




長くも、艶っぽくも、さらめいても、いないわねー









     

by qqpm6m89 | 2012-08-24 16:33 | すてきー | Comments(0)

ガラスの魅力




前回、エリック・バードンの話を日記にかいて

エリックといえば、

ゲイリー・オールドマンを無条件でおもいだすほど、よく似ておいでである

ゲイリーがシド・ヴィシャスを演じた映画、「 シド&ナンシー 」 をみても

おなじ空気をかもしだす存在は、そこいらにあらわれて

二人とも、小柄で、少年のように繊細で、気ぐるいの相もある

d0152574_2258114.png
d0152574_22582072.png
d0152574_22584175.png
d0152574_2259210.png


女性は、この手の風貌と雰囲気には抗いがたいのではないだろうか






いや、女性ならずとも

人は、こわれそうなものに心奪われずにいられないか







by qqpm6m89 | 2012-08-20 23:04 | すてきー | Comments(0)

朝日のあたる家



ビートルズをはじめ、

グループサウンズというものは、むかしからブームであったけど

当然、名作はその時代の後も皆の耳にとどくもので、

なかでも、私は、アニマルズがすてきだな、と思っていた



代表作、「 朝日のあたる家 ( 朝日楼 ) 」 は、とくに魅力のある歌だ

エリック・バートンの、がなるようなボーカルと、

ものかなしいオルガンの音色が、首の後ろあたりにずきんとくる


歌詞の内容は、

ニューオリンズのきびしい環境でそだった少年が

その鎖をたちきれず、罪を犯して、故郷の刑務所にもどってしまう、というようなものだが

歌うエリック・バードン自身に、その主人公とかさなる影がある

そして、たまらなく惹きつけられる容姿と表情をもっている青年で



この曲の映像は、なんども、なんどもみてしまうほど

さいごのお辞儀も、なんか新鮮なのね


d0152574_2339282.png



「 朝日のあたる家 」 は、元々アメリカ民謡なのだけど

もとの歌詞は、娼館の女性をテーマにしたものらしく

日本の浅川マキが訳して、彼女や、ちあきなおみが歌う女唄も



これまた粟立つ絶品である








by qqpm6m89 | 2012-08-18 23:44 | すてきー | Comments(4)

救世主



お舅さんから私達息子夫婦に、ごはんでも行こうよ、とお誘いをうけたので、

夜、夷川あたりの和食屋さんまでむかった



まだ仕事の旦那さんとは現地集合ということにして

わたしは、自転車ではしる

およばれなので、身なりをととのえなきゃね、と気をつけておきながら

足はバスでもタクシーでもなく、自転車



そういうがさつなことしていると、やっぱり何かおきるもので、

御所あたりを走行中、急に車輪がパンクしてしまった

折しも昨日、家の人が空気をいれておいてくれたところだったから

空気のいれすぎか、

近々起こりうるであろう車輪のトラブルに気付かなかったのか

どちらにしても、整備管理が足りんのではないか、と、

彼のせいにする




押して歩いていこうかな、とがんばったけど

ヒールだし、足もいたくなってきたし、ひいひいになって

助けの電話を入れた

いままで悪態をつかれていたとは知らぬ本人は

五分ほどで簡易工具を携え、さっそうと現れて、ちゃちゃっと直して下すった

普段、彼の趣味に無関心だったわたしも

このときばかりは、 「 いがいとやるわね 」 て、見直したものだ




たとえ、


「  ハッハッハッ  あんた、泣きそうな顔して、ヨボヨボで歩いてたねー  」


なぞといわれても

さきほど思っていた悪口を、ここは飲み込む女房であった








by qqpm6m89 | 2012-07-29 10:54 | すてきー | Comments(6)

リアル少女



最近、くぎづけな 「 もも色クローバーZ 」


大衆が支持するものには、やはり理由があって

じぶんの年代や、好みにそぐわなそうだと思ってしまうと、

ちらっとみただけで 「 よくわかんないねー 」 で、通り過ぎてしまいがち

じっくりみてみても、やっぱり琴線にふれないものもあるけれど

じっくりみはじめたら、強烈な引力にひきこまれることがある




今、その強烈な引力が、ももクロちゃん

d0152574_22223723.png

テレビやYou Tube などで見る彼女らの舞台は、

飽きるどころか、もっと、もっと、とさがしてしまうほどだ

熱量がすごい

そして、リアルな少女像そのものだ


彼女たちは、可愛い容姿と衣装と仕草をひっさげつつ、

少々猫背気味でおどったり、

股をおおきくひらき、ひらくどころか、

開いたひざよりも、さらに深く腰をおとすほどの荒気ないポーズをとり

お歌の音程もおおらかで、かなり音痴っぽくもある




現実の女の子たちは、ときに同世代の少年たちよりも

あけすけで、いかつくて、お行儀わるく、みっともない部分を沢山もっている

それでもくじけず一途で

泣きながらも、果ててしまうことがない

「 もうだめだ 」と、精根尽き果ててからの、信じられないしぶとさがある

なのに、やはり可憐





もも色クローバーZのステージはまさにそのもので

出し切り感がすさまじい

みているこちらのほうが心配になるほど全力で

まだやるのか? まだいくのか? の想像を超えて、まだやってしまう

赤いメンバーの、えびぞりジャンプはほんとうに必見だ

プロの世界で、あの音程の外し具合はめずらしいのかもしれないが

歌の上手でない歌手がプロフェッショナルではないか、といえばそうとはいえず

彼女らは、生粋のプロフェッショナルだとおもう




しかし、この国の文化はほんとうに懐が深い

人間国宝になられた坂東玉三郎や、

国際的に活躍する若いクラッシック演奏家や、バレリーナを輩出しながら

素人さんより音程のはずれた歌手のことも大きく支持できるのだ

マンガでも、アイドルでも、

美しく、優秀な人以外でも、大きく認められる文化

これは、けっして 「 幼稚さ 」 だけでくくれる手合いのものではない

国民総オタクともいえる、価値観のベクトルがおそろしく多様にあるこの国で

「 無個性な日本人 」 なんていう肩書きは

むしろ、たぶんいるかもしれないネッシー的な幻、なのかも、とよぎるほど






先日、フランスでおこなわれた催事のニュースがながれていて

ももクロファンのフランス人が


「  彼女らは、

   ぼくらからみても奇異にみえる

   だのに、どこか優しい

     
      
   それこそが日本なのだとおもう    」  




というような話しをしておられた




もも色クローバーZに魅入られる理由は、「 惜しみなさ 」 だ

あれほど惜しみなくすべてを出し切る存在に

ひとが引きつけられぬわけがない


d0152574_22204181.png



by qqpm6m89 | 2012-07-24 22:37 | すてきー | Comments(0)

杜若



うちのアパートから、家の人の実家までのあいだに

野生のかきつばたが群生している大田神社がある


五月には、沢からのびる美しい群花のすがたがあじわえて

新緑の季節のほうびをおすそわけしていただけるのだ





濃い青紫の花弁と、まっすぐにのびた緑の葉は




かしこくて、まっすぐな目をした

ふと、話すのをやめ

すっと先をみている、少女のごとき

by qqpm6m89 | 2012-05-20 13:05 | すてきー | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧