お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:すてきー( 117 )

神性のひと



わたしはあの人を

ふだんから、「 浅田真央選手 」 「 浅田真央さん 」 と呼んでいた

親しげに 「 真央ちゃん 」 とは、けして呼べなかった

何故なら、じぶんよりはるかに年下の彼女をたまらなく尊敬しているからだ




一般的にいうと

女性はとくに、どの分野にしても異性の対象を熱狂的に応援はすることは多々あるも

いがいと同性を見る目はきびしい

男性が男性を見る目よりもはるかにきびしい

もってうまれた女性特有の姑感情的な本能なのか、年々しらずに顔をだすのも事実



しかし浅田選手に関しては

圧倒的に、熱狂的に、しかも年代層も、より高い女性に長年支持されていて

ファンの数からすれば、

絶大な人気を誇った高橋大輔選手や五輪王者の羽生選手よりもはるかに多い

ほとんどが女性ファンのフィギュア界のなかででだ

しかも日本は一国一スターではなく、表彰台を狙える選手ばかりのフィギュア超大国

贔屓の選手もさまざまだ

「 ちいさいときからみているから 」 という説もおおいけど

ほかにも幼いころからみているスポーツ選手や芸能人なぞも大勢いらっしゃるなか、

やっぱりかなり特異なこと

女性が生物学上仕方のない、ちょっとした 「重箱の隅つつき」や「足引っ張り」感情を

彼女にむけないのはどうしたことだろう



わたし自身、はっきりは説明できないのだけれど

ぼんやり思うのは、彼女に神性を感じているからかもしれない

あれほどやわらかくイノセントでいて、

ことスケートに関しては、

まわりの音にまどわされぬ、鬼神のようなきびしさで我が道を求めてゆく

勝つための戦略、なんて考えたことは皆無のようにもおもう

ただただMAXIMUMだけをもとめつづけた姿をみてきた

よそからみたらその無骨な不器用さが、

他にはない力と美を産み、圧倒的な存在となり、熱狂的に愛された

ひとはそういうじぶんに無い、美しい愚直さに心をうたれるのだろう

やっかむ隙間もないくらい、浅田真央さん自身と浅田選手のスケートを崇拝してしまう

彼女はやっぱりスケートに選ばれたひとなのだ

選ばれてしまったひとは、こうしか生きられないし

選ばれてしまったひとにしか、心を打つ伝説はつくれない

なにかが汚そうとしても、けして侵されない

まさに神性である



あれだけこの競技を愛していた人が選手生活を終える心情というのは

アイスショーでもまた活躍してね、なんて声とはかけ離れすぎている気がして

おつかれさまでした、なんて言葉も軽すぎる気がしていいたくない

どこかえぐられるよな痛みと

彼女の試合をみられなくなったほんとうの喪失感

はやりの 「 ~ロス 」 なんてものではない

しかし、真央さんは 「 悔いはない 」 と言っている

彼女が言うなら、悔いはないのだ

ぜったいに無いのだ

無念ではない

スケート界に浅田真央があらわれてくれた奇跡のみを、わたしは祝いたい





d0152574_13042736.jpg


*画像お借りしました





by qqpm6m89 | 2017-04-11 13:29 | すてきー | Comments(0)

頼もしい



スーパーのレジにならんでいた

うしろに女学生さん、手にはジュースとお菓子をひとつずつ

私はというと、

カートにぎっちぎちに詰め込んだ山賊みたいになっていたので

「 お先にどうぞ、わたし沢山だから 」 と、順をゆずる

彼女は 「 え・・あの・・いいんですか? 」 て、恐縮していらしたが

いいからいいから、と背中をエスコートする



したらお嬢さん、

お会計中、後ろのぎっちぎちなカゴをぐいともちあげて、レジ台にのせてくだすった

お礼がわりに、という心遣いであろうが、ご当人はとっても華奢で小柄な女の子

だのにすごい心意気

感極まって、思わず 「 たのもしい! 」 と声をあげる

一連をみていたレジの店員さんも、後ろの奥さんも 

「 ほんとや! たのもしい!」 「 たのもしいわー 」 と次々に続ける



期せずしておおぜいのご婦人方から頼もしがられた女学生さん

じつに良い光景だった

チームなかんじがした

あらためて、頼もしいってなんて素晴らしことかしら、と思った




d0152574_15440567.gif

*画像お借りしました







by qqpm6m89 | 2017-03-19 15:48 | すてきー | Comments(2)

恋文神社


ことしのお節分は

二日の晩に、吉田神社をお詣りし

ことしは寒いのマシだねー、なんていいながら、境内でくじ付福豆を買ったり、

お茶とお菓子をよばれたり、年越しそばをすすったりして詣でを終えた


そして次の日の二月三日

旦那さんとは昨日も行ったし、きょうは私一人でいいかな、なんつって

曰くつきの神社にお詣りする

「 いわくつき 」 なんておおげさなものじゃあ決してないのだけど

吉田神社を下がったところに、須賀神社というちいさなところがあって

ふだんはひっそりしている地元の交通の神さんである

この神社がお節分の時期には、女性にひじょうに注目される



「 懸想文 (けそうぶみ) 」 という、いわゆる昔のラブレターに見立てたお守りがあるからだ

神さんからの恋文なんて、なんかロマンチックじゃない

烏帽子姿で顔ををかくした懸想売りから、奉書紙につつまれたありがたそうな封を授かる

なかにはゆかしい和歌が書かれていて

添え文には、

「 縁談や商売繁盛などの願を叶える符札で、

  鏡台 や箪笥に入れておくと容姿が美しくなり、着物が増え、良縁にめぐまれる 」

みたいな文もしるしてある

お若いお嬢さん方は、すてきな恋愛成就を祈願されるのだろうが

私くらい年季のはいった主婦でも、「 容姿が美しくなり、着物も増え・・」

なんてご利益があるときくと、心がはやっちゃう

実は懸想文をいただいたのは今年が初めてで、もちろんこの粋なお札のことは知っていたけど、

なんか気恥ずかしうて節分時期には近づけなかったものだ

じゅうぶん大人なのに、なにキャピってんの! とか思われそうだしー

でもいいじゃんか、美人になってお洒落になっちゃうんだもん





懸想文は、昔、教養があって読み書きのできるお公家の青年たちが

顔をかくして街で恋文の代筆なぞをし、おこづかいを稼いでいたらしい

洗練された表現なぞにも長けていたはずだから、けっこう重宝されたのじゃあないかしら

そういう風流な風俗が、願いが叶うお守り的になったのだろう



境内には懸想売りさんが何人か立っていらして、わたしに奉書紙をさずけてくださった方は

なぜかものすごく眼光がするどい、というか、ちょっぴり妖怪的、というか

おおきな声では言えないが、どこか魔物的でもある

目だけ出ているからそう見えるのかもしれないが、ほんと魔物っぽかった

そんで、手渡されるときにも距離がもっそ近く、

「 御願い事が叶われますように・・・」 て、ささやかれる

なんども言うけど魔物っぽいわ!




しかし、この奇妙さもまた

いにしえの世界にタイムトリップしたみたいで、なかなか乙なものだった



d0152574_18505469.jpg



*画像お借りしました








by qqpm6m89 | 2017-02-05 19:02 | すてきー | Comments(0)

女子赤ちゃん



おとなりの赤ちゃん、

鳴き声がきこえるたび、我が家のオアシスになっている

集合住宅では、夜泣きが問題、なんて話をテレビできくが

彼女は夜ぐっすり眠りなさるみたいなので、夜中に鳴き声は聞こえない

あまりにかわいらしい声だから、

私達としては昼夜問わず、どんどん遠慮なく泣いてほしいくらいだのに



まだおしゃべりはできないようだが、鳴き声はあきらかに進化している

どう進化しているかといえば、

「 うそ泣き 」 がチョイチョイ混じり始めているのだ

さすが女子


このところ、仲良しの女子柴犬にツンデレされて

心を振り回されているうちの旦那さんは、


「 うそ泣き? マジでー!  これだから女子って・・・

  柴も、赤ちゃんも、女子って・・・ くっ・・      」 


と、嘆いていた  ウケる~



そう、

男性とは、「女子」の、赤でも、犬でも、小鳥にでも、

一歩先を行かれるものなのだ

これぞ真理
by qqpm6m89 | 2016-04-06 11:05 | すてきー | Comments(0)

Venetian Masquerade Night



で、もうひと月以上まえの話になるが

その、途中はげたパンプスを履いて参加したクレド・ポー・ボーテパーティ

すてきにドレスアップなさった女性がずらり


こんな方たちがお出迎えしてくだすって

d0152574_15573114.png


こんなかわいらしいものをサーヴしてもらって

d0152574_15583645.png


うつくしい新作アイテムでメイクアップをしてもらったりするのだが、

このお品ほしい!と思うても、その場で買うことはできない

さすがクレドポー、「パーティによんで物売り付けるイベント」ではないのだな

そういうやらしさは無いのだな

でも、むしろこちらは、欲しーて、欲しーて



そして、メインホールでは、

プロのオペラ歌手が歌い、見目うるわしきダンサーたちが舞い踊られ

まわりを囲む私たち招待客にも「 ご一緒に 」とか優雅に誘われるのだが

皆、恥ずかしゅうて、恥ずかしゅうて、

やっぱりそんなん気恥ずかしゅうて、なかなかお誘いには応じられない

結果、演者さんたちの差し出した手だけがむなしく宙を這い・・・

そこがやっぱり日本人気質なのよね

申し訳ないわ!  そのお詫びになんとかもりあげるのもゲストのつとめ、

クライマックスできらきらの紙吹雪をほおりなげる瞬間

心血をそそいで、めいっぱい、たんまり、気が狂ったようにふりまいておいた




そんなこんなの終わりがけ、

螺旋階段のホールにハッとするよな麗人が立っていらっしゃった

みじかい銀髪に、内から発色するよな白い肌と、見惚れる目鼻立ち

スタッフのみなさんとご一緒に黒いスーツをお召しだったから、

きっと資生堂の偉いさんだとお見受けするが、

「 まあ! なんておきれいなんでしょう! クレドの方ですか? 」 

とお聞きしても

「 うふふ、いえいえ、ただ近所でのぞきにきただけですよ 」 

なんて冗談をおっしゃる

自信に満ちた、欧米のマダムのような雰囲気である

豪華な宝石やしつらえ以上に、この日一番の目の保養になった

クレドポーを使ったらあんな美女になれるかも、と錯覚するよな

彼女こそ、偉大な広告塔



惜しむらくは、最後に抽選で、

今回の豪華な新作コスメが二分の一の確率でプレゼントされたのだが

運の無いわたしは、その二分の一からはずれちゃった   かなしい



いやいや、今回のイベントに招待いただいただけでも充分ラッキーよね

d0152574_16313770.png


*画像お借りしました







by qqpm6m89 | 2015-12-03 16:35 | すてきー | Comments(2)

これぞ男手



いつものように洗いものをしていた

すると、スルっと、カップにカップが重なり、びくとも動かなくなった


あわてて、ネットに頼り

「 食器  重なった 取る方法  」 を検索する

で、洗剤を大量に注ぎぬるぬるにしてみたり、すきまに剛水をぶちあてたり、

内っ側に氷、外っ側にお湯、


等々、ためしてみたが、びくともしない

大きなコーヒーカップは無印の、 小さなカップはコペンハーゲンのデミ

こうなったら、どっちかを割って、どっちかを救わねばならない

ゆるせ、無印・・・


いやね、

けっして、無印良品より、ロイヤルコペンハーゲンに肩入れしてるわけじゃないのよ

そんないやらしいんじゃあないのよ

でもー、このデミは竹馬の友から誕生祝いに頂戴したもんだからさ

それ以外のやらしい理由はみじんも無いのんよ

ほんとうよ


断腸の思いで腹をきめ、いままでお世話になったカップに別れを告げる

家の人に介錯をたくす

介錯人はスパナで見殺しにされるカップの尻を、すここんとかるく叩き

数秒で両方を無傷でかえしてくれた

すごいわ

さすが男子

こういうとき頼りになるわね~



感謝と尊敬の念をこめ

その日の晩は、ライト・松茸ごはんをふるまった  

もちろん丹波産松茸ではない、ライトな感じのやつ


私にも、夫にも、カップらにも、すべてがうまくおさまった

これぞまさしく、WIN・WINの関係

by qqpm6m89 | 2015-10-20 10:45 | すてきー | Comments(2)

すてき検証




前回、整形手術やあまり積極的なアンチエイジングなぞに、

どっちかというと否定的な見解をのべていた私だが

なんか鼻の中にシリコン製の曲がったやつを入れると、

十秒でシークレットシューズならぬ、シークレットノーズになる、という

夢のような 「 鼻プチ 」 てのがあるらしい

もちろん手術も注射もいらない夢のような矯正器具だ

わたしの心がユラユラゆれる 



で、どんなもんかとネットで検索してみたら

「 ひにしあい 」 さん、というライターさんが自ら検証しておられた

これが、腸が四方八方にひきちぎれるほどおもしろいの

しゃくりあげ笑いがおさまらなくて、命の危険を感じたほどだ

はたで見ていた旦那さんも、女房がひきつけを起こすんじゃないかと怯えている

けど、やめられなくて何回も見て、何回もひきつけた 


ひにしあいサンは、他にも 「 唇をアンジェリーナジョリー 」 みたいにする器具で

やりすぎて、うっ血させて、あげく口の周りをどろぼうヒゲみたいにしていたり

東洋人がインドメイクをしたらインド人になれるか試して、

すんごい違和感をかもしだしていたり、と

剛腕検証ライターだと思う

美人でかわいい女子なのに、肝のすわりかたが尋常じゃない



わたしは今まで、どんなに不幸で悲しいことがあっても

ゆうたろうの巨大ワイングラス姿をみたらのりこえてゆける、と思うていたが

ひにしあいサンの、鼻プチ記事さえあったら、

地獄の釜でゆでられても、笑ろうていられる、と確信をもった


そして、その結果、

やっぱり素人が、鼻プチとか、唇アンジー、とかに手を出すべきではない、と心した

安易に、「 何か 」 になれるわけが無いのだ

踏み込んではいけない領域は、たしかにある







by qqpm6m89 | 2015-07-23 21:45 | すてきー | Comments(0)

ビキニ姿



今、わたしの身体には

赤い、大きな、一本の傷がある



この傷は、

先生方ががんばってくださって、

ほんのちょっぴりは、わたし自身もがんばったものだから

格好わるいとか、悲しい、とかを感じさせる類いの存在ではなく

どこか、とても、心強く近しいものに映る

たとえ生涯消えなくても、共に生きていきたい相棒のような赤筋だ




しかしアレね、

とはいえ、これまた女心なんかがふと顔をだして

テレビでビーチの水着女子なんかを目にすれば


「 ああ・・・ わたしはもう一生ビキニを着れないのねえ・・・・ 」


なんて、しんみりしちゃう

しかし、それを聞いてた家族が即座に


「 ていうか、キミ、ビキニなんて着てたことないじゃあないか!

  ぼく、いっかいも見たことないし!               」    


とか、言う




そう、

赤傷がなかったとしても

わたしが今後ビキニを着用することなんて、きっと無かったとおもうわ

まじ、無かったわ

d0152574_11172059.png


画像お借りしました
by qqpm6m89 | 2015-07-14 11:24 | すてきー | Comments(0)

色っぽ野菜



一時帰宅すると、毎回その足で

ちかくの半農家さんへ野菜の買い出しにゆく


採りたてのお野菜のみならず、

冬の風物詩、自家製のすぐきや、白菜の漬物なぞもならんでいて

私は 「 世界でいちばん好きな食べ物は? 」 という世間話にも

「 すぐきのお茶漬け!」 って即答するくらいだから、わっさわっさと買いこむ

お安うつく女なのだ



青葉もぴんとはりつめた、真白な大根を手に取ると

二股にわかれた、なんともまあ色っぽいお姿

性別は無いとはいえ、白さの加減といい、むっちり感といい

まさに女性の下半身そのものである

なんてすてきで愛らしいの!

店のおばさんに、 「 これ、かわいいねー、おもしろいねー 」 つて高くみせびらかす

おばさんは、「 いやあ、はずかしー、けどそんなんが美味しいのんよー 」 と答えなさる



そうだろう、そうだろう

しかし、どんなに美味しいとはわかっていたとて

こんな艶かしいミロのヴィーナス的な肢体に、

なかなか刃物は入れられないわぁ








by qqpm6m89 | 2015-01-29 22:46 | すてきー | Comments(4)

歴史顔




美容だ、アンチエイジングだ、とかしましいのが

女の永遠の性

そういう生き物が口にするには、どこか嘘臭いかおりがするも

年相応の皺というのは、いいものだな、と、やっぱり思う




こと、男性においては

人工的な手をくわえた皺無しツルツルの若顔、なんて女性はけっして好まず、

「 男の顔は人生の履歴書 」 というくらい、ありのままの変化が評価されるように

女性だって、「 よい顔 」 には、温和な皺がきざみこまれているのが

むしろ必須条件のような気がする

先輩方の柔和な瞳の隣にある横皺、というのは心底、人に安心感をあたえるものだ



反して、眉間なぞにあらわれる深い縦皺はきらわれがちだがそんなことはない

たしかに、常に不満めいた心持がにじみでた目つきや

口もとが合わさってしまうと、どうにうも仕方ないけれど

そうじゃなく、

女性でも、きりりと結んだ唇に、厳しさの漂ったお顔の縦皺には覚悟がみえる

平坦ではない人生を逃げずに乗り越えてきたような凛々しさがある

そしてそういう方たちは、

たとえ、頻繁に見せられることがなくっても、すこぶるすてきな笑顔をお持ちだ




横皺のみならず、

縦皺もとってもあじわいぶかいもので

大人が容姿の若さで若者に張り合おうとおもっても、とうてい叶わぬもの

ならば、若い顔になるより、よい顔を目指すほうがだんぜん理にかなっている

女の履歴書も、やはり善き皺ありきなのだな、と、さいきん心底思うのだ



とかいいつつ、

往生際わるくアイクリームとか塗っちゃってるけどね  うふふー







 
by qqpm6m89 | 2014-09-15 23:45 | すてきー | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧