お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:思い出( 389 )

宴会話②



宴会話のなかには、世の中の不満もあれば

やっぱり恋愛話的なものもちょいちょい湧いてくるものだ

参加者のなかでもお若い学生さんが

「 大五郎さん、ちょっと(恋愛相談的なこと)いいっスか? 」 と聞きなさる

女性と食事にいったときはやはり男性がお会計を持つべきか、みたいな内容



というか、

ちょっとー

そんなん同世代の女の子に聞きなさいよー

歳がちがえば男女間の常識もあれだろうし、ぜんぜん参考にならないとおもうわー

相談する相手が激まちがいでしょうに

アドヴァイスできる自信、100%マジ皆無!



しかしさっき私が「 お母ちゃんになりたいタイプ 」とか言ってしまったから

普通の女性に聞くのは恥ずかしいけど、肝っ玉大(風)五郎になら恥ずかしくない、ってとこだろう

なんでも、やっぱりまわりのお友達なぞも男女割り勘が当たり前で、

学生さんのみならず二十代の社会人でもおなじらしい

彼自身もそう思ってるけど、本当のところそれでいいのかな、とも感じている



むう、

私のような昔人間でも、じつのところあまり男性にご馳走になったことはない

男性側は今より太っ腹で払うのは当然ぽかったが、じぶんの分は払いたかった

( ただモテなかっただけ、というのもある )

ご馳走されるというのは、ありがたいけど嬉しいばかりでもない

なぜなら遠慮なく注文したいからだ いっぱい食べられないからだ

食事は気を遣わず、同等の立場で楽しく食べたい

ご馳走される金銭的なラッキーより、リラックスできる幸福度のほうが大きいと思うのだ

それは相手が男女年齢にかかわらず、そんな気がする

ましてやお小遣いが潤沢にあるわけでもない学生さんならなおさらで

だから、相談男子のご友人たちと概ねおなじ意見


 


しかし、とはいえ

それは友人知人相手のお話である

もし食事に行く異性と恋仲になりたいと、ほんの少しでも望んでいるなら話は別

自分は好意をもっていても、お相手のほうはまだわからないし警戒されたくないし・・等々

そうであったとしても、

照れ隠し、あるいはダメそうだったとき用の保険がけに、

最初のふたりっきりの食事が割り勘であれば、そこに恋心は生まれないだろう


割り勘にはロマンチックさが圧倒的に欠けている

恋のはじまりとは、お互いが無理をする状態だ

無理、というとやや健全でない表現であるけれど、

  相手のために無理をしたい、だって嫌われたくないもん、好かれたいもん、

  ふだんの自分とはちがう自分になってしまうけどいいんだもん

そういう、とても愛らしい背伸びの時期なのだ



「 最初から無理しないほうが、ありのままほうが 」という意見ももちろんある

されど人は、とくに女性なら、

自分のために頑張ってくれている、というふるまいを愛おしく思い、心動かされる

ロマンチックの小さな灯がないところに恋はうまれにくい

だからもし、あなたがその女性の特別な人になりたいのなら

デートという名目ではなくとも、二人っきりなら気持ちよくご馳走しなさい

さらに本当は一歩進んだはじめてのデートなら

精一杯ご馳走しなさい

でも学生でお金がない・・なんて言い訳はいけません

学生さんであろうとも、夜間のバイトで力仕事を三日もすればすてきなレストランに予約できます

そのくらいの無理は決してくるしいものではないはずです

というか、

血を売ってでもご馳走しなさい

血を売ってでも!




先生! 血を売ってでもの意気込みでがんばりますが

いつまでも血を売り続けられないかもしれません・・・

頑張り続けられないかもしれません・・・



だいじょうぶです

女の子だって仲良しの男の子にいつまでも負担をかけたくないものです

すぐに気づいてくれるでしょう

だんだんお互いさまになるものです

それでももし、お相手があなたに甘え続けるのであれば、鑑みてくれないようであれば

ちょっと運命のひとではなかったかもしれませんね

とにかく 「 血を売ってでも! 」 の準備で、ロマンチックを始めましょう

だって無理してでもご馳走したい、って思える瞬間って、お相手って

人生でそう何回も出会えるものでもないですからね

そうでしょう?



ハイ! わかりました!





うむ、

というか、

ほんとそんなん同世代の女子に聞いたほうがいいとおもうのよ~



d0152574_13075335.jpg

*画像お借りしました




by qqpm6m89 | 2017-07-20 13:22 | 思い出 | Comments(4)

宴会話



年に何度か、

老若男女を交えた社交の会がある


そういうときはいつも、いろんな人とのいろんな会話が楽しいものだが

宴もすすむころには、皆、杯もすすみ

だんだん話題もほろ酔いかげんになってくる

以前、そのなかの女性がまわりの男性たちにむかって

「 ほんと男の人って、じぶんの奥さんを母親あつかいするのよね!

  こっちはあなたの母親じゃないっていうの! 」

つて、熱く語りはじめられた

既婚者のみならずお若い女性たちも、そうだ、そうだ、と同調し、殿方たちは苦笑いをされていた

結婚生活は日常だけど、

世の女性たちの、もっとロマンチックに扱ってもらいたいっていう女心なのだろう



隣のご婦人が鼻息荒く、ほんとよね、大五郎さんもそう思うでしょ? てこちらを向かれたので


・・・・・

いやあ、じつはさあ

わたしはどっちかというと 「 おかあちゃん 」 になりたいタイプなのよねー


つて、ヒソる



恋人同士のころはともかく

家族になって暮らしを共にする以上、わたしはやっぱりお母ちゃんになりたいな

というか、恋人同士のころから「お母ちゃん」になりたいほうだったと思う

しかしよく考えてみると

私は根っからの末っ子気質

末っ子というのは、やっぱりなんやかんやいうて世話をかける手合いである

今までの恋愛のなかでも、気分は満々に母親希望なのに、

けっきょく、も~しょーがないなー、つて、彼氏や夫にお世話をしてきてもらってきた



ダメじゃんか!






まあ、じぶんの好む姿と現実は、同じくではない、という典型だろう










by qqpm6m89 | 2017-06-24 21:53 | 思い出 | Comments(0)

早すぎやしまいか?



うちの旦那さん、

できることなら家事の手伝いはこそっとさぼりたい、というタイプ


しかし先日、明日ぜったい必要なじぶんの洗濯物があったらしく

みずから洗濯機をまわして、いっしょうけんめい干していた

その際、とうぜん先に乾いていた衣類をとりこまないといけないのだが

あんのじょう、その取り込み分はソファのうえに山積みにされたまんま



もー、

ほんと男子ってだめだねー

つて手をのばすと、

洗い上がりのてっぺんに、なんか一足だけショートソックスの畳んであるのがちょこんと

ひとつて!



話を聞くと、一足たたんだ時点で燃え尽きたそうだ

というか、燃え尽きるのが早すぎやしまいか?

ひとつて!







by qqpm6m89 | 2017-06-03 11:54 | 思い出 | Comments(0)

定石といえば、定石



ちまたでは、豪勢な黄金週間も過ぎはや一週間

その前後の期間、世間話の席でなんど 「GWのご予定は?」 と聞かれたことだろう

わたしはこの数年、

「 予定はありません  ゾンビ映画をみてすごしました 」

ばっか言ってることに気がつき、

そのつどお相手のかたに、100%三秒間絶句される光景をみてきた


てきとうにお茶を濁せばよいのだが

お茶を濁す文言をさがすのもめんどうなので正直に言うて、されどその正直さが

善良な世間の人たちを「 かわいそうだけど、どう返したら・・」的困惑に迷い込ませる



しかし今年はゾンビ映画を観なかった

それっぽいのはロードショウでも上映していなかったし、DVDも借りに行っていない

どうやら今年はゾンビともお別れね・・・

なんとのう安堵とともに、きまりごとを途切らせたみたいでちょっぴり複雑

わたしのなかでは、お正月やら節分やらにつづく

季節の行事や風物詩ゾーンに組み込まれてきていたのだろうか?  ゾンビなのに

ひとってふしぎー

なぞと、ふけった尻からおもわぬことが



ある夜、布団の中でなんか片っぽの目がピキッとしたな、と思うていたら

朝、わたしの白目がまっかに染まっていた

お医者さんは、「 だいじょぶ、だいじょぶー、日にち薬ですねー 」 とか仰るが

ものすごく、不気味悪い

チョー、ぶきみわるい

なんか、ゾンビ!

じぶんが、まじゾンビにそっくりだった

やはり今年の黄金週間もゾンビ混じりにはかわりなかった


これも、定石、といえば定石といえるだろう









by qqpm6m89 | 2017-05-13 21:49 | 思い出 | Comments(2)

ジャジーな部屋



ちょっとまえ、あたらしい冷蔵庫を新調した


ほんとうはもう結構前から不具合が出てきていて

たまに水漏れがしたり、だんだん冷蔵の部分がほとんど冷えていないことに気付く

「 なんかお茶ぬるいわあ 」 とか思いながらもけっこうそのままで

あげく、冷蔵機能がほぼ壊滅、と認識しながらも

冷凍部分はふつうだったから、そっちに移動させたりして日々過ぎる



わたしはほんとうにどうでもいいところで根性を発揮するのが得意

ふだんはささいなことでもすぐ弱音を吐くくせに、

ある分野では 「 限界に挑戦! 」 と腕をふりあげ

入院中なぞは痛みやなんやらの緩和薬をぎりぎりまで我慢したりして

まわりの患者さんや主治医の先生方からは 

「 やめときー 」 「 まじ意味無いっス 」 つて呆れられていた

今回の冷蔵庫でも、意味無いっスな 「 限界に挑戦! 」 を発揮したというわけね



しかしすでに初夏、このまま無意味な根性を長引かせたら食中毒的な危険もせまるので、

ようよう電器屋さんに足を運ぶ

勝間和代さんがおっしゃる、「毎日使うものは少々お高くても最新を!」を合言葉に

夫婦でてきとうに良さげなものをチョイスした

しかし連休前にけっこうな出費だわ~  チョーいたいわ~

( とか言うて毎度のことでGWの予定無し )

搬入日、

お若い作業員さんが二人で設置にこられた

お一人が、「 なんかジャジーっスねえ! ぼくこういうジャジーな感じ好きっス 」 とか言う

「 ジャジーってなにー? 」 て聞くと

「 ほらあ、なんかJAZZな感じってゆうかー、アメリカンな感じってゆうかー」

「 ふーん・・・・・ 」



・・・・・・よくわからない

うちはちっともJAZZなかんじではないし、アメリカンでもない

ごくふつうの一般的内装

後輩らしきもうおひとりも、先輩の熱い主張にだまって鼻をひくつかせているだけ

ジャジーか・・・



若いっていいね!






by qqpm6m89 | 2017-05-07 12:55 | 思い出 | Comments(0)

しかえし法


家庭内というのは、身近なだけに

そんな 「 愛にあふれた 」 とか 「 信頼のみ存在 」 てな

美しい情景ばかりだとはかぎらない

常に、互いへの報復合戦を仕掛け、仕掛けられつつ、てのが真実の日常だとおもう



先日、

女房に小言をいわれた夫は、仕返しの悪口に、と

「 大五郎なんか、おにぎりのことしか考えたはらへんタチのくせに! 」 と攻撃してきた

おむすびのことしか考えてない質の女ってどんなんやさ!



別のある日、

わたしは動物の丸いお腹をさわるのを異常に好む

毒ウサギが居た頃は、後ろから抱え込んで、立ちあがらせて

ぽんぽんと撫でるのが至福の時だった ( 小動物は目をむいていやがっていた )

彼が居なくなったので、代わりはしぜん家族となる

男性のお腹というのは普通にしているとそない丸くないので、横向きに寝ている時がチャンス

この体勢だとまあまあポチャる

そういう時、すかざず腕を差し込んでぽんぽんやるのだが

幸せ、と思うた瞬間、べごんっと腹を凹まされた

子供がよくやるあれだ   息をむちゃむちゃ吸うてやるあのアレ



超悪魔!  なんてひどい報復かしら!





d0152574_12025332.jpg
*画像お借りしました





by qqpm6m89 | 2017-03-31 12:08 | 思い出 | Comments(0)

うれしい再会



お八つでも買いにゆこうかねー、つて

院内をぶらぶらしていたら

廊下で、以前おせわになった一番お若い研修医の先生に遭遇した

最後にお顔をみてからもう二年以上になるだろうか

専門の科を選択なさる期間で、三か月ごとに科を移動する学生先生だったから

おなじ病院とはいえ広い大学病院、以来お会いすることもなかった

すっごい久しぶりだから、 まあ!先生! つて目をむいて声をかけるも



「 あー、大五郎さーん、ケーキすんごいおいしかったです~ 」 と、大笑顔



ていうか、ケーキって二年前に渡したやつじゃないの

なんかこの雰囲気、まるで先週会ったばっか、みたいな感じだわ

もー、あいかわらずポーッとしてなさるのねえ



そんで先生の進路についてとか、廊下でぺちゃくちゃおしゃべりして

三月で他の病院に移動されるそうだから、

最後にお顔見れてほんとよかったわー、つて嬉しんだ



そのあと診察の時間になり

主治医の先生のお話もひと段落したのち

「 先生、

  他の患者さんが、

  大五郎さんの先生、研究でね、いっぱい賞もろうたはるよ

  病院のHPに載ってるよ

  て教えてくれてね、見てみたらほんとすごいねー

  だから家族にも、『 わたしの先生すごいんよー 』 て自慢してたの 」


なんて、世間話にうつると

顔を隠して、「 そんなん! 全然ぜんぜん大したことなくって!」 と恥ずかしがられた

一見、オネエ的なくらいに可愛らしすぎる照れがりよう ( しかし子沢山 )




ほんと、私の先生たちっていつまでも愛くるしい

いつもいつもありがとうね






by qqpm6m89 | 2017-03-29 20:28 | 思い出 | Comments(2)

真知子巻き



でかけるまえ、

どのコートを着たらいいかと、家族がやいやい言ってきたので

昼間は暖かかったから、厚めの上着と大判のマフラーだけでいいんじゃないかな、と提案する

( わたしはごっぽりコートを着ていった  夜だし )



すると、帰り道はむちゃくちゃ冷えていて

お店から出てちょっとのあいだも辛抱たまらんらしく

女房の片ポッケに両手を突っ込みながら、へんな歩き方で街をあるくわたしたち

さらに、

「 耳! 耳がつべたい!  マチコ巻きにしてーっ 」 と要望される

首の部分をぐいっとひきあげて頭にかぶせてあげた

じつに妙であやしげな風貌になった

というか、よく「真知子巻き」なんて知ってたわね



そうだ

記憶を紐解くと、ずいぶんまえ私がスカーフをつかって真知子巻きの話をしてたとき

マチコ巻きだって、へんなの~、とか言いながらも

けっこう食いついていたな、と思ったおぼえがある

うちの旦那さん、

ほんと、どうでもいいことだけびっくりするほどインプットされてる



へんな風体で、ぬくい~ぬくい~と喜んでいる伴侶を

なまあたたかい目で見守った




君の名は


d0152574_11253851.jpg
*画像お借りしました





by qqpm6m89 | 2017-03-17 11:29 | 思い出 | Comments(2)

家族ルール



家族とはいえ

自分以外のひとと暮らすとなると

やはりなんらかの譲り合いが必要で、しぜん家族ルールみたいなものが確立されてゆく

しかし我が家ではあまりその手の決まりはない

無いというか、作りとう無い

なぜなら、己の主張が全部通るならいいけど、そうもゆかないし

けど、家の中くらい自由気ままにすごしたい    めんどうだもん



そういう人間ばっかが家庭にいると、平穏をもとめたはずなのに

自由気ままにすごしたい、どころか、野生暮らしみたいなピリピリした緊張感が常にただよう

一例をあげるなら

お風呂のあと、わたしはひねりを蛇口側に回して終わる

旦那さんは、ひねりをシャワー側に回して終わる

なのでうっかりゆだんすると、背中にビャーと冷水をあびることも少なくない

夏ならよいが、真冬の場合は生か死かの問題で

しかもこの問題、私にだけ危険がつきまとうので納得ゆかない

堂々と文句も言いたいが、

そのせいでジャンケンかなんかで「 ひねりはシャワー側に 」なんてルールになってもやだし



つい先日、まさにそんな場面があった

冷える朝、風呂場に入ってハンドルをひねった瞬間、「 あかん! 」 と気づく

0.2秒後いきおいの強いシャワーを背に浴びた

妙齢の婦女子が丸裸で奇声を発する、てな惨状をかくごするも



あらやだ、冷水じゃ無いわ   

まあまあのぬるま湯だった

そうだ、直前に彼が入ったばっかだったから温度がまだ保たれていたのだろう

あぶな~

セ~フ~



とかいうて、肝がちぢむことも多々あるけど

こういうギリギリの戦いをしながらも、人は自由をえらぶ










by qqpm6m89 | 2017-03-14 11:24 | 思い出 | Comments(0)

ダイキリ



仲良しのバーテンダーさんが

「 大五郎さん、つぎは何を召し上がりますか? 」 と聞いてくだすった



さっぱりしたかったのでダイキリをおねがいする

さらにヘミングウェイよろしく、真冬だけどフローズンで注文した

その十分前、あ~、さむさむ~、つて飛び込んできて

ホットウイスキーをたのんだばっかだったから、お店の方は、

「 え! そんな熱いの飲んで、冷たいのってお腹大丈夫ですか! 」 と心配なさる


平気、平気~、つて美味しくよばれた



そんで世間話の最中、

「 あのね、ダイキリのことをダイリキってまちがう方いないですか? 」 と質問

なぜなら、わたしはしょっちゅう間違うからだ

「 おざなり 」と「 なおざり 」くらい(意味はちがうけど)混乱する

だからこういう人って多いはずだし、

いらっしゃいますねー、なんて、あるある話になるだろうと思うていた

したら 「 え?・・・ダイリキですか・・いえ、あの、聞いたことは・・あははっ 」

なぞと困り顔



思うてたんとちがう

おらはらへんのんか

いたたまれのうなって、自ら 「 いや、それ、私なんですけどね・・」 て告白



あー、

人生、予想がはずれたときのいたたまれなさって無いわねー

あー、

キューバ行きたー




d0152574_11151241.jpg



by qqpm6m89 | 2017-02-17 11:19 | 思い出 | Comments(2)


カテゴリ
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧