お八つと、テレビ欄


女性ですが、大五郎と申します。
by qqpm6m89
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:テレビや映画やニュース( 264 )

トム・フォード



ピエロおそろし映画を観た翌日、

生き急ぐように別のミニシアターへひとり駆け込む



デザイナーながらトムフォードは才能にあふれ、デビュー作の「シングルマン」も

素晴らしくスタイリッシュだったので、今回の新作もぜひ観てみたかった

そして幕が開き、オープニング

この数分だけでピエロ恐ろし映画の数倍凍りつく



全裸の若くない女性たち

巨大なスクリーンに映し出され

もてあました行き場のない贅肉をゆらし踊り狂っている

その肉は四方八方へと飛びちり

異様なリズムをきざむ

髪をふりみだした形相は

だんだん狂気じみ、醜悪になる

ゆるやかなスロウモーション、スロウモーション

d0152574_18075175.jpg


まさしく、NYのアートシーンそのものだ

登場するファッションやインテリアはかぎりなく都会的で洗練されている

そして人物の描き方は、というと

男性たちは、「不実な男」「みじめな男」「乱暴で死にかけの男」「町のゴロツキども」なのだが、

ふしぎと、どこかにあたたかみがあって、

女性を殺めた(とされる)ならず者達でさえ、スクリーンに映し出されている場面では、

極悪非道というよりは、「そう酷く無く」、なぜか根っこが柔らかめな印象だ

どの登場人物もまったくの善人とはいえぬものの、

芯から残忍にはなれないのが男、とでも言っているかのよう



一方、女性たちは、何不自由ない豊と暮らしをもち、全員すこぶる見目麗しい

だが、端々に傲慢さや計算だかさ、思いやりのなさが見え隠れし、皆「好い顔」をしていない

とても皮肉っぽく辛辣な目で女性たちは描かれていた



d0152574_18094384.jpg
      『ノクターナル・アニマルズ』(Nocturnal Animals




トム・フォードの人生観が浮き彫りになっているのだろうか

彼は一流ファッションデザイナーとしての嗅覚と、女性的な感性をもよくよく理解しているだろう

もちろん女性を崇拝しているけれど

どこかで憎んでいるじぶんも居る、と表現しているような印象をもった

「 美 」 とは、崇拝と嫌悪がいりまじって完成する場合もすくなくない

芸術とはきっと、とくに


d0152574_18114044.jpg




*画像お借りしました


by qqpm6m89 | 2017-11-12 18:40 | テレビや映画やニュース | Comments(5)

今のピエロと、昔のと



ある夜、家族と待ち合わせをした

時間までまだあるので、バーで小粋に一杯あおることに

馴染みのバーテンダーさんが

「 めずらしく遅いお時間ですね、いつもはお買い物帰りの夕方ですのに 」 と仰る



そうなんです、

今夜は旦那さんと 「 思い出の映画 」 の新作を観にゆくのです


いいですね、

何を観られるのですか、まさか大五郎様がお好きな怖いやつじゃ・・ハハハ


いえ、その通りです




・・・ 「 思い出の映画 」 が恐怖映画なのですか・・・・・?




という具合に、微妙な雰囲気を蔓延させ、「小粋に一杯」って感じではなくなった

思い出の、というと語弊があるが

むかし、レンタルビデオ屋さんで借りてきた旧作を二人で見て

「 子が! 子があ! 手ぇ食いちぎられやはったー!」 つて絶叫したテレビ映画

そのとき、さらにピエロの恐ろしさを実感した瞬間だった


d0152574_10543456.jpg
               『IT』(イット



うちの家族は、おおくの男性方と同じくホラー映画は苦手である

ふだんから敬遠し、万が一観るときというのは

「 今日、何観るの? 」 「 なんか名前忘れたけど外国のやつー 」とかいうて

女房にだまされて連れていかれた場合のみ

しかし今回は彼自身、コワ映画のなかでも印象深かったものなので

そういやがらず、むしろまんざらでもなさそうだ


新作はCG効果でさらに「これでもか」的でバージョンアップされていた

歯ぁとか、めちゃめちゃ増えてたし

動きももっそ早いし   シャシャシャシャシャッ!って



d0152574_11172462.jpg
          ITイット “それ”が見えたら、終わり



今回も、もちろん恐ろしかったが

前作のもっと大ざっぱな不完全さのほうが、さらにリアルでぶきみわるい

「 まえのほうがこわかったねー、ふあふあ、フアフア、って名台詞も無かったしねー 」

とか生意気をいいつつ、充分キャーキャーいう夫婦

しかしピエロってほんとこわい

子供の仲良しなんかじゃあ、けっして無い




            ほらあ ↓ ギャン泣き
d0152574_11242943.jpg


*画像お借りしました




by qqpm6m89 | 2017-11-11 11:40 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

一矢報いたい



テレビをみていたら

最近のボウリング界では、両手投げスタイルのチャンピオンなぞが増えてきて

プロ業界を席巻しつつあるらしい



ハッと気づくと、

お八つとかたべながらいい加減に観ていた旦那さんの目が、いつのまにかギラギラしていた

この技術を習得したい! とか言ってなんか燃えている

なんでも、

以前、お仲間たちとボウリングにいったとき、ダントツのビリだったそうだ

そのときのくやしさを今尚忘れられないでいるらしい

だから両手投げをマスターして、折を見て、しれっと当時のメンバーをさそい

一矢報いたい、というのだ


なんという滑稽さ!

はたから聞いていると、笑かし話以外のなにものでもないのだけど

当の本人はいたって真剣そうで、気骨にみちあふれていた

そうか、

それならまあ、お頑張んなさいよ   

こんどは優勝できるといいね




その気骨男子

寝しな、あとから寝室にはいってゆくと

「 ああーっ! 足が~  足が~ 」 と布団に入ったまま泣いていた

どうしたの? 痛いの?  て心配になる

話をきくと、

足の裏を蚊にさされてものすごくかゆいらしい








リベンジはきっと無理だわね



d0152574_15275497.jpg


*画像お借りしました





by qqpm6m89 | 2017-06-22 15:36 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

ワイドショウ



テレビのワイドショウというのは、

時間を問わず放映されているので、きっと需要があるのだろうとはおもうが

見ていてあんまり楽しいなることはないから、チャンネルがついていても、目の端をよぎる程度

失礼ながら、有っても無うても、

毒にも薬にもならないくらいの位置づけである



しかし、日曜の朝にやってる松本人志さん出演の「 ワイドナショー 」はとっても楽しみだ

松本さんのキャラクタのせいか、ゲストや出演者さんたちもどこか鋭い方たちで

発言にも一般的なあたりさわりのない正義論や、

おためごかし的な「よく聞く論」がすくない気がするの

合ってる、合ってないというより、少なくともつまんなく無い

それは芸人さんの腕で面白おかしくしているというより

きっと視聴者におもねる匂いがなく、

ワイドショウにありがちなどこか底意地のわるい空気を感じないせいなのかな

とにかく、みたあとの気分に薄黒さがのこらない番組である




それはさておき、

何回か前のニュースで、サッカーの三浦知良選手が取り上げられていて

最年長のゴール更新、的な内容だったと思う

その短いインタビュウのなかで、三浦選手がすごくうれしそうに


「 ぼくは、もっともっとサッカーを教えてもらいたい

  もっと、ああしろ、こうしろ、って監督に指示してもらいたい 」 と仰っていた


!・・・・・ちょっと・・・ほんとうにすごいひとだなあ、と息をのんだ



年齢はもちろん、並ぶものなきとびぬけた存在だのに

サッカーの技術や戦術について口をだされることを嫌うどころか、

もっともっとおしえてほしい、だって

ああしろ、こうしろ、って言ってほしいだって



すごすぎない?  この余計なものの無さ

感動、ってかんたんにつかいたくない言葉だけど、心底こころがふるえちゃった

レジェンド、って呼ばれる一握りのひとたちは、みんなよく似ているな

凡人の想像をはるかに凌駕する 「 よけいなものの無さ 」 が



ほんと、あたし感動しちゃった

キング・カズ



d0152574_23395615.jpg


*画像お借りしました






by qqpm6m89 | 2017-01-31 00:00 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

肝を冷やした夜



年末、義父と会食をしたあと、旦那さんはけっこうな胃腸炎になって年を越した

当人は、「 あのご飯のせいだ!」 と悪態をついていたが

わたしも義父も、免疫力からいえばはるかに弱い私たちは何のこともない

こちらとしては、巷で耳にだけはしていたシャトーブリアンなるものもご馳走になり、

「 具合がわるくなったの、あのあとでほんとよかったよねー 」

なんて、鬼なことで安堵する女房であった

うちの旦那さんはご馳走をよばれた直後、かなりの割合でおなかをこわすの

甲斐無いわ!



そんなこんなで、彼は父親に

「 あんたもそない若あないんやから、ちゃんと検査してもろうときや 」 と進言され

義父のかかりつけ医に、軽い人間ドッグ的なことをおねがいする

会社の健康診断くらいしか受けたことない人だからちょっと緊張しているみたい

肝を冷やしているみたい




そのあとご飯をたべて、映画でも見に行こうか、となった

私は観たいのがあって、でもちょっと怖そうなやつで、旦那さんは怖いの苦手だから、

何みるのー? て質問にも、名前忘れたー、とかうねうねごまかして連れてゆく



そしたら、 ヒー! 無茶苦茶こわかった

ここ10年で一、二を争うくらいこわかった

怖くない場面がほぼ無いほどこわかった

買っていったポップコーンとコーラも、怖すぎてちっとも手が進まず

大食いの私たちが、終わったときにも八割がた残っていて

「 ポップがすすまない!」 っつー、流行語もうまれたくらいよ

一時間半程度の作品で、さいしょは短いな、なんて思うていたけど、すごく長く感じたわ

むしろあれ以上あったら、えらいことになってたわ!

夫は、館内を出た瞬間、「 肝をひやしたな・・・」 てぐったりしている

クリニックのあとだったから、彼はダブル肝冷やしだったわけだ


おつかれさまー  



d0152574_15400853.jpg
       
        『ドント・ブリーズ』(原題:Don't Breathe)


お爺、まじヤベー!





by qqpm6m89 | 2017-01-19 16:00 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

温ワイン



書いたまま忘れていた私のメモ書きをみつけて、

旦那さんが、ハハハ、と笑っていた

感化されやすいひとだなあー、とあきれられていた



メモには、 「 バンショー 」 と書いてあった



贔屓にしているドラマ、『Chef〜三ツ星の給食〜』 の影響である

ちょっと前は、ストーリーにでてきたオニオングラタンスープもどきを卓にだした

本来なら今は、「 鴨のコンフィ 」 つーのが主役なんだけど

わたしの実力では手も足もでそうにないので

一緒に添えられていた美味しそうなホットワインに目をつけたのだ

それがバンショー



ふーん、しかしドイツのグリューワインとかの呼び名は知ってたけど

フレンチではバンショーって言うんだな

でも、バンショーって、フランス語の響きっぽくないよな




とか、思いつつ、メモに書き留めて

書き留めたまま、

いまだ仕込んではいない

そんで、ただ、家族にみつかって笑われただけー







by qqpm6m89 | 2016-11-29 23:21 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

言っちゃいそう


「  しもしも~  ( もしもし~ )by平野ノラ  」



が、ひじょーに気に入っていて

家族相手の電話のときなんかには、ちょいちょいはさみこむ



平野ノラさんがテレビに登場なさるたび、

かわいいて、可愛いて、おかしゅうて、可笑しうて、たまらない

昨今では、肩パットのついた洋服なんか見かけないので

彼女も肩には

「 バースのサインボールと、吉田栄作のサイン入りTシャツがはいっています 」

とか、おっしゃるものだから

わたしも真似して、寝間着のなかにハンドタオル的なものをつめてみた


肩はいかったけど、いまひとつノラさんのような雰囲気がでない

ちょっと猫背気味にしてみたら、しっくり来たわ

ひとりで何してんの! ってかんじだけど、まあまあ面白かったわ



でも最近では、

よそ様との電話の際にも、うっかり 「 シモシモ~ 」 って言いそうになっちゃって

あやうく、噂の的になりそうな危険性が、何度かあったわ ( バカ )









by qqpm6m89 | 2016-10-30 14:38 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

あばら骨



深夜テレビをみていたら

グラビアアイドルさんの、セクシー写真集が紹介されていた


温泉でのワンショットで

横から撮った、体育座りというか、うずくまる、というかのポーズで

一糸まとわぬ姿に、出演者の方たちは歓声をあげている


いっしょに見ていたうちの旦那さんは



「 けど・・・、 ぼく、女の人のあばら浮いてるかんじはいやだ

  このひと、あばら骨浮いてる・・・

  大五郎はよかったね!

  あばら浮いて「無い」もん!                    」



とか、ほがらかに言う



当の女性はスレンダーだけど、けっしてガリガリじゃない

きっとふつうの女性も、あのポーズをとったら

多かれ少なかれ、うっすら骨があらわれるものなんだと思う

だのに・・・・



「 よかったね!」 か・・・・・。

あのー

かなり複雑なんですけどー



d0152574_17353064.png

*画像お借りしました







by qqpm6m89 | 2016-09-18 17:38 | テレビや映画やニュース | Comments(2)

リオ雑感 ③



そしてもひとつ、

いつも閉会式、というのは競技が終わった虚無感と脱力感にさいなまれ

あまりぐっと力を入れては観ないのが常だった

しかし今回は、次の開催地、「 トーキョーショー 」 がある



カッコよかったねー


日本は、「 クールジャパン 」 と評されることも多いが、まさしく 「 クール 」 であった

これはやっぱり、首都東京ならではのことだろう

京都や大阪ではこうはならないと思う

TOKYOは、日本全国から才能が集結した世界に冠する大都市なのだ




若い才能がふんだんに躍動していて

これが 「 日本 」 という大きなくくりなら、もっとしがらみとかあって

なんかちょっとちがうんだよなー、なんて起用もおきそうな気もするが

巨大とはいえ、一都市の東京開催だからこそなのだろう

クールで、可愛げもあって、じつに洗練されていた





首相の登場では、「髭が」とか、「照れが」とか賛否両論あるみたいだけど

わたしは悪くなかったよ、とおもっている

トップの参加で、日本全体で待ってるよ!感も伝わったし、

安倍首相は、ひじょーに、がちがちに緊張なさってたみたいだけど、

日本人の国民性らしくてなかなか微笑ましかった

この国の政治家が中南米の人みたいにノリがよすぎて、ウインクなんかされちゃったひにゃ

ちょっとかえってこっちが引いちゃうよ、みたいな



海外から見たり、くらべたりすると、

吉田沙保里選手の心底からのごめんなさい、や、総理の緊張しすぎて無表情は、

違和感や、ものたりなさを感じるのかもしれぬも

いいじゃーん、日本ぽくてー

それも個性でしょー

とか、思う

それが証拠にトーキョーショー、すごいワクワクしたし、無個性の真逆だったもん








日本は個性のかたまりであ-る








by qqpm6m89 | 2016-08-27 20:52 | テレビや映画やニュース | Comments(0)

きょうの料理



NHK「 きょうの料理 」は、婦女子のバイブルである

なかでも土井善晴先生の回は、まことたのしみだ

育ちの良さか、ひじょうにやらかく、好ましい関西弁で

とてもおおらかな料理を紹介なさる


一見、あっけにとられるほど、簡素で気取りのない献立と工程だが

そこは料理界のサラブレッド

基本が一流なので、手際も仕上がりもすばらしく美しくておいしそう

ただ、感性のみを売りにした料理や

ただ、シンプルな庶民さのみを売りにした料理家とは一線を画す

毎回たまらなく食べたくなるし、毎回つくりたくなる



おじさんNHKアナウンサーといっしょに、やいのやいのと

「 まさしくおじさん的 」な、そないおもしろくない話をしながら進む流れが、

おもしろくないはずなのに、おもしろい

時間の空白もまったくおそれずに、土井先生は存在する

いっさい動じずぬらぬらしてなさる、これぞ大物

そして仕上がりはパーフェクト

視聴者の心をがっちりつかんで番組は終わる

いつもなんともいえぬ余韻をのこしつつ



以前の 「 ピーマンの肉詰め 」 てらてらしてて、超ナイス

もう三回こしらえた

d0152574_1133843.jpg



今回のコロッケも秀逸だったわ!




*画像お借りしました
by qqpm6m89 | 2016-07-12 11:08 | テレビや映画やニュース | Comments(0)


カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
最新のコメント
最新のトラックバック
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧